法人のお客様向けサイト【株式会社 夢真】 > 人材派遣 > CADオペレーターの採用単価を下げる9つのコツ|求人広告の使い方も説明

CADオペレーターの採用単価を下げる9つのコツ|求人広告の使い方も説明

更新日:2022年3月21日

「CADオペレーターの採用単価を下げる方法ってあるの?」
「採用単価を下げる求人広告の使い方を知りたい」

このように、CADオペレーターの採用単価について悩んでいる担当者も多いのではないでしょうか?

この記事では、どうすれば採用単価を下げられるのかを紹介していきます。この記事を通して、採用単価を削減するための適切な方法を把握できるでしょう。

採用単価を削減したいと考えている担当者はぜひ参考にしてください。

CADオペレーターの仕事内容

CADとは製図を行うためのソフトウェアのことで、CADソフトを用いると様々な図面をコンピューターで作成できます。

そのCADソフトの操作を専門的に行う職業が、CADオペレーターです。設計士やデザイナーなどの指示の元、CADソフトで様々な図面を作成します。作成後の修正・調整・管理などを行うのもCADオペレーターの仕事です。

建築業界で働く場合は、住宅やビル、マンションなどの建築物の設計図面を作成することになりますが、現在は建築業界以外にも、幅広い業界で活躍しています。

CADオペレーターの雇用形態

CADオペレーターの雇用形態は様々で、正社員以外に派遣社員やパート・アルバイト、フリーランスなどが一般的でしょう。ただし、CADソフトをパソコンにインストールすれば、在宅でフリーランスとして働くこともできます。

CADオペレーターとして働くためには専門的な知識やスキルが必要となるので、給料は雇用形態だけでなく経験やスキルによっても変わります。

また、経験が長い人やスキルがある人ほど給料が高くなる傾向があるのが特徴です。

採用単価の主な内訳

企業が採用活動を行う過程でかかるコストを採用コストといいます。求人募集の費用だけでなく、採用担当者に支払う人件費、説明会や研修にかかる費用など、人材を採用するまでにかかるすべての費用の総称です。

採用単価は1人当たりの採用コストのことです。採用コストの総額を採用人数で割ると採用単価が算出できます。例えば、社員5人の採用にかかった採用コストの総額が250万円なら、採用単価は50万円ということです。

ここでは、外部コストと内部コストの主な内訳について見ていきましょう。

外部コスト

外部コストは、採用活動を行う際に社外に支払う費用のことです。

外部コストの主な内訳は、求人広告の掲載費、人材紹介会社の紹介料、採用サイトの制作費、企業説明会の会場・設備費などが挙げられます。

内部コストと比べると高額になりやすく、採用コストの大半を占めています。1つの支出項目を減らすだけで、コストの大幅な削減につながるでしょう。

採用方法を見直し、自社に合う求人媒体を選択することが重要です。

内部コスト

内部コストは、採用活動を行う際に社内の業務で発生する費用のことです。

内部コストの主な内訳は、採用担当者の人件費、求人広告担当者の人件費、面接時の交通費、研修や懇談会の交際費などが挙げられます。

外部コストと比べると金額は小さいですが、目に見えづらい費用が多いため正確にコストを算出するのは難しいでしょう。

そのため採用活動にかかる工数を効率化し、内定辞退者や早期離職者を防ぐことが内部コストの削減につながるでしょう。

採用単価の目安

適正な採用単価を実現するには、採用単価の目安を把握しておく必要があります。採用単価は業種や従業員規模によっても変わりますが、自社の採用単価と比べてみて、採用コストをかけすぎていないかチェックしましょう。

新卒

新卒採用における1人当たりの採用単価の目安は、約95万円です。求人倍率が高いと採用単価が上昇する傾向にあります。

新卒採用の外部コストとして多くを占めるのは、広告費、自社の採用サイトの制作費などです。

説明会やインターンシップを実施すると、会場費などの外部コストに加え人件費などの内部コストも高くなります。

中途

中途採用における1人当たりの採用単価の目安は、約105万円です。採用活動が長引くとその分コストが嵩み、新卒採用より採用単価が高くなってしまいます。また採用ミスマッチが起きると、さらにコストがかかります。

中途採用で発生する主な外部コストは、広告費、自社の採用サイトの制作費、人材紹介会社の紹介手数料などです。

内部コストは、広告やサイト制作の打ち合わせの人件費、採用担当者の人件費、応募者の交通費などになるでしょう。

派遣

派遣社員を雇用すると、給与額の3割程度を手数料として派遣会社に支払うことになりますが、この手数料が派遣社員の採用コストに該当します。

給与は時給制で、派遣社員のCADオペレーターの時給の目安は約1,500円です。

派遣会社と派遣社員の間で雇用契約が結ばれるため、広告費や採用担当者の人件費など、通常の採用活動で発生するような内部・外部コストはかかりません。

アルバイト・パート

アルバイト・パートの採用単価の目安は約6.5万円です。少子高齢化による生産年齢人口の減少や、求人倍率の高さにより、採用単価は増加傾向にあります。

アルバイト・パート採用の主な外部コストは、求人サイトなどに掲載するための広告費で、内部コストは面接や研修などにかかる人件費です。

フリーランス

採用コストを削減したいときは、採用単価だけを見るのではなく、現在の採用人数が適正かどうか考えることも重要です。業務の一部をフリーランスに外注することで、採用コストの総額を抑えられます。

フリーランスは業務量に応じて発注できるのに加え、福利厚生費などの支払いも必要ないため、正社員を雇用するより人件費が少なくて済みます。即戦力となる人材を確保できれば、教育コストもかかりません。

フリーランス採用でも、広告費などの外部コストと採用担当者の人件費などの内部コストはかかりますが、採用方法によっては外部コストを抑えられるでしょう。

CADオペレーターの採用単価を下げる9つのコツ

採用単価は増加傾向にありますが、採用方法を見直したり採用活動の効率化を図ったりすることで、採用単価を下げることは可能です。

ここでは、CADオペレーターの採用単価を下げる9つのコツを紹介します。

  • リファラル採用を積極的に使う
  • 大手求人広告を使う必要があるか再考する
  • 求人広告の使い方を再考する
  • 選考中に離脱されないようにする
  • 自社サイトをフルに活用する
  • 動画を作ってアピールする
  • 退職者を出さないようにする
  • 採用管理システムを導入する
  • 未経験者を採用する

1:リファラル採用を積極的に使う

採用単価を下げるのに有効なのが、リファラル採用を積極的に活用することです。

リファラル採用は、社員に友人や親族、知人などを紹介してもらう採用方法のことです。中途採用を中心に取り入れる企業が多くなっています。

紹介してくれた社員にインセンティブを渡すのが一般的ですが、広告費などのコストを削減できるため採用単価を大幅に下げられるでしょう。

また、企業のことをよく知っている社員を通して採用することになるため、入社後のミスマッチが起きにくく人材が定着しやすい点もメリットです。

2:大手求人広告を使う必要があるか再考する

いくら有名で利用者が多いからといって、自社の採用活動にも必ず合うわけではありません。

掲載されている企業の数が多いということは、自社の求人情報が埋もれてしまう可能性もあります。

費用も高い場合が多いため、他に条件に合う求人媒体がある場合は移行を検討してみましょう。

求人媒体はそれぞれ特徴や強みが異なり、集まる人材も媒体によって違います。CADオペレーターの求人に特化した求人広告サイトもあるため、そういったサイトを活用してみるのもおすすめです。

3:求人広告の使い方を再考する

求人広告サイトを利用するときは、サイト選びだけでなく使い方にも注意しましょう。

求職者の目線で考え、事業内容や待遇、職場の雰囲気など、求職者が知りたがっている情報をきちんと提供することが大切です。

自社が伝えたい情報だけを一方的に発信するのでは、応募にはつながらず採用コストをただ浪費することになりかねません。情報が古くないか定期的に見直し、常に最新の情報を掲載しましょう。

4:選考中に離脱されないようにする

求人に応募があっても、選考中に離脱されるとそれまでの工程で費やしたコストが無駄になってしまいます。

選考中の離脱者が多い場合は、選考プロセスを見直して、離脱されないように改善しましょう。

見直す際は選考期間の長さや実技テスト、面接などの選考フローが多すぎないかなどを再確認してみましょう。

5:自社サイトをフルに活用する

企業とのミスマッチを避けるために、求人に応募する前に企業の公式サイトで情報収集を行う求職者は多いです。

そのため自社サイトを用意し、企業理念や事業内容、職場の雰囲気などの情報を発信することが必要不可欠になります。

求職者が知りたがっていることを中心に、求人広告に掲載しきれなかった情報を自社サイトに掲載し、企業の魅力を求職者にアピールしましょう。

自社サイトをフルに活用することで、自社に興味を持ってもらいやすくなり、応募者の増加につながります。SNSを併用するとより効果的です。

6:動画を作ってアピールする

動画を作ってアピールするのもおすすめです。文字や画像だけで説明するよりも、社内の雰囲気を一気にイメージしやすくなります。

社員にも協力してもらって、先輩社員のインタビューや1日の仕事の流れ、オフィスの様子、社内イベントの様子などの動画を作り、自社サイトやSNSに掲載しましょう。自社サイトやSNSなら掲載費もかかりません。

7:退職者を出さないようにする

採用後に早期退職者が出ると、企業にとって大きな損失になります。

早期退職者を出さないためには、選考の過程で企業と求職者双方の認識のズレをできる限りなくし、採用後のミスマッチを防ぐことが大切です。

入社後に「イメージと違った」とならないように、求める人物像やスキル、経験などを明確にし、さらに自社のネガティブな情報も事前に伝えるようにしましょう。入社後のフォロー体制を整えることも欠かせません。

また、自社サイトの情報を充実させることもミスマッチを防ぐのに役立ちます。多くの情報を見てもらうことで、求職者の企業に対する理解が深まるでしょう。

8:採用管理システムを導入する

採用管理システムを導入することも採用単価の削減に有効です。

採用管理システムは、応募から採用に至るまでの採用活動のすべてのプロセスを一元管理できるシステムで、採用活動の効率化や採用コストの削減を実現できます。

面接のスケジュール調整や応募者へのメール連絡なども、システム上で行えます。応募者のデータやスケジュール、進歩状況などを複数の採用担当者で共有できて、人的ミスを減らせるのもメリットです。

9:未経験者を採用する

即戦力になる人材を採用したい場合は採用単価が高くなりやすいですが、未経験者を採用するのであれば採用単価を抑えられる可能性があります。

スキルはないものの、未経験だからこそ意欲的に学ぼうとする人も多いです。ポテンシャルを重視して採用すれば、将来的に戦力になってくれる可能性は十分あるでしょう。

ただし、経験者と違い、教育コストがかかる場合もあるため注意しましょう。

採用単価を意識した求人広告の使い方

求人広告は大まかに分けると、掲載課金型と成功報酬型の2種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

求人を募集するときは、自社に適した求人広告を利用し、採用単価の削減につなげましょう。

大量募集の場合は「掲載課金型」

掲載課金型は、求人情報を掲載した時点で料金が発生するタイプの求人広告です。何人採用しても金額が変わらないため、人材を大量募集したいときにおすすめです。

ただし、1人も採用できなくても料金を支払う必要があります。掲載課金型の料金はプランによって変わりますが、目安としては4週間で20万円~200万円程度です。

採用人数が少数の場合は「成功報酬型」

以前は、大手の求人広告を中心に掲載課金型の求人広告が主流でしたが、最近は成功報酬型の求人広告も増えています。採用人数が少数の場合におすすめです。

成功報酬型は、さらに細かく応募課金型・採用課金型・クリック課金型の3種類に分類できます。それぞれの特徴を見ていきましょう。

採用率が高い職種は「応募課金型」

応募課金型は、求人に応募が来た時点で初めて料金が発生するタイプの求人広告です。応募がなければ料金が発生しないため、無駄な出費を防げます。1応募当たりの単価の目安は数千円~2万円程度です。

1応募当たりの単価が安いので、少ない応募で採用者が決まれば採用コストをかなり安く抑えられます。そのため、採用率が高い職種におすすめです。

ただし、応募数が多いとそれだけコストが高くなり、採用者が決まらなくても応募があるだけで料金が発生してしまうため気をつけましょう。

慎重に採用するなら「採用課金型」

採用課金型は、採用が決定した時点で初めて料金が発生するタイプの求人広告です。応募だけでは料金が発生しないため、時間をかけてじっくりと採用者を選べます。慎重に採用したいときにおすすめです。

1採用当たりの単価の目安は1万円~10万円程度です。採用者が決まるまでは費用がかからないため無駄なコストがかかりませんが、採用人数が多いとコストが高くなってしまいます。大人数の採用には向かないでしょう。

Web広告運用に慣れてるなら「クリック課金型」

クリック課金型は、1クリックされるたびに料金が発生するタイプの求人広告です。クリック単価の目安は数十円~数千円で、金額はオークションで決定されます。競争率の高い職種やエリアだと単価の相場が高くなります。

クリックされないと料金が発生しませんが、クリック単価をいくらに設定するか見極める必要があるため、Web広告の運用に慣れている人におすすめです。

CADオペレーターの採用単価を削減しよう

優秀な人材を採用しようとすると採用単価が高くなりますが、採用活動の効率化を図ることで採用単価を削減することは可能です。自社の採用活動を改善して、CADオペレーターの採用単価の削減につなげましょう。

なお、派遣サービスを活用してCADオペレーターの採用単価を削減したいと考える企業様は、ぜひ当社・株式会社夢真の派遣サービスをご検討ください。

当社は30年以上に渡って建設業界・施工管理技術者に特化した派遣サービスを運営しており、若手を中心とした技術者を積極採用し自社で教育・研修を実施することで、稼働率98%、契約継続率91%という優秀な人材の確保に努めています。

期間・人数・場所に応じて貴社に最適な人材を派遣することができ、2020年度は1,600社以上の企業様より採用いただいております。

自社で採用活動をするほど時間的・人的な余裕がない人事担当者様はぜひ一度当社にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

建設技術者派遣バナー 土木現場用技術者派遣バナー プラント技術者派遣バナー 電気設備派遣バナー