法人のお客様向けサイト【株式会社 夢真】 > 人材派遣 > 採用で失敗してしまう企業の特徴9選|採用で失敗しないための対策9選を紹介

採用で失敗してしまう企業の特徴9選|採用で失敗しないための対策9選を紹介

更新日:2020年12月9日

人材確保における採用の重要性について

会社を経営していくにあたって新卒採用、中途採用で人材を確保していくことは企業にとって重要なことになります。

ここ数年、日本経済は回復の兆しを見せていますが、労働需要が高まっている反面、必要な人材を確保できず、それぞれの産業で人手不足に陥っている企業が多くなっています。

そのため、人手不足の状況を改善するためは中途採用の人員確保を推し進め、採用におけるミスマッチを解消することが重要になってきます。

採用で失敗してしまう企業の特徴9選

人材を確保するための採用活動で失敗してしまう企業には9つの特徴があります。

求職者に採用するための情報が行き届いていないと面接を行っても採用に至らなかったり、また、新人のフォロー体制が整っていなかったりと早期での離職率を高めてしまうことになるので安定して人材確保していきたい企業は求職者の不安を無くしていく施策を講じる必要があります。

ここでは、採用活動で失敗してしまう企業の特徴について紹介していきます。

採用で失敗してしまう企業の特徴1:応募者が少ない

採用で失敗してしまう企業の特徴の1つ目に応募者が少ないことが挙げられます。

企業側の採用した後の待遇や労働環境についての説明が不十分だと、求職者は採用後にどのように働いていけるかイメージしていくことができないので、応募者を募ることができない場合があります。

求職者の不安を軽減していくためにも、雇用に関する情報を可能な限り開示していきましょう。

採用で失敗してしまう企業の特徴2:面接時に企業の特徴が掴みづらい

採用で失敗してしまう企業の特徴の2つ目に面接時に企業の特徴が掴みづらいことが挙げられます。

他業種からの転職を希望している人の場合、面接官の仕事内容に関する説明が不十分だとどのような事業を手掛けている会社なのかイメージすることができず、採用のミスマッチを生んでしまったり、内定を辞退されたりすることがあります。

事業内容を記載した冊子や映像ソフトを使い、企業の概要を説明するなどの対策を行うようにしましょう。

採用で失敗してしまう企業の特徴3:集客施策が十全ではない

採用で失敗してしまう企業の特徴の3つ目に集客施策が十全でないことが挙げられます。

SNSやその他のメディアを使って企業アピールをしていかないと求職者は会社の規模やどのような事業に力を注いでいるか把握できないので、採用面接の際に人が集まらないことがあります。

顧客に対する集客施策を講じるつもりで、求職者に事業内容を知ってもらうような広報活動を行いましょう。

採用で失敗してしまう企業の特徴4:面接の回数の多さ

採用で失敗してしまう企業の特徴の4つ目に面接回数の多さが挙げられます。

面接を多く開催しても、企業にとって必要な人材がいなければ採用には至らなくなるだけでなく、面接に時間を割きすぎることで通常勤務に影響が出てきてしまうので、面接の回数にも気を配る必要があります。

採用で失敗してしまう企業の特徴5:対応が遅い

採用で失敗してしまう企業の特徴の5つ目に対応が遅いことが挙げられます。

採用する際、企業側の対応が遅いと優秀な人材を確保するチャンスを逃してしまったり、対応が遅いことで求職者の信頼を得ることができなくなってしまったりすることがあるため、メールや電話などの対応を早くしておく必要があります。

職場内の風通しが良いことを証明していくためにも、メールや電話などの対応を早くしておきましょう。

採用で失敗してしまう企業の特徴6:面接時に不手際を起こしてしまう

採用で失敗してしまう企業の特徴の6つ目に面接時に不手際を起こしてしまうことが挙げられます。

面接の時間や会場を変更してそのことが求職者に上手く伝わっていなかったり、あらかじめ話しておいた内容で面接を行うことができなかったりと、面接を受けにきた人の信頼を得ることができなくなるので、内定を出しても採用に至らないことがあります。

採用で失敗してしまう企業の特徴7:早期での離職率が高い

採用で失敗してしまう企業の特徴の7つ目に早期での離職率が高いことが挙げられます。

離職率が高い職場はそれなりの理由があり、早期で人が離れていっているので問題点を解決していかないと人手不足の解消が難しくなります。

年齢や性別に関係なく働きやすい労働環境を整え、また、法定外での福利厚生を充実させるようにしましょう。

採用で失敗してしまう企業の特徴8:人材の能力と業務内容に齟齬が生まれる

採用で失敗してしまう企業の特徴の8つ目に人材の能力と業務内容に齟齬が生まれることが挙げられます。

面接を行う前に十分な業務内容の説明をしておかないと、お互いの話が食い違ってしまう原因となるので、誤解を招く言動を避けるようにし、理解しづらい内容があれば十分説明をして上で面接を行うようにしましょう。

求めている人材像を明確に提示するようにし、面接前に業務内容を理解してもらうように努めましょう。

採用で失敗してしまう企業の特徴9:新人や中途のフォロー体制が整っていない

採用で失敗してしまう企業の特徴の9つ目に新人や中途のフォロー体制が整っていないことが挙げられます。

新人や中途採用の人に向けたフォロー体制が整っていないと優秀な人材を確保することができても、職場で活躍していける人材に育て上げることが難しくなります。

採用活動における経費を削減していくためにも、フォロー体制を整え、採用した人材を育成させる環境を準備しておきましょう。

採用で失敗しないための対策9選

続いて、これから人材確保の際に失敗したくない方に向けた9つの対策についてご紹介します。

ここまでは採用活動で失敗してしまう企業の特徴についてご説明しましたが、あらかじめ採用する際の対策を講じておけば、優秀な人材を確保できるチャンスに巡り会うことができます。

企業規模や事業内容に合った対策を講じるようにし、採用活動での失敗を回避していきましょう。

採用で失敗しないための対策1:企業の特徴や業務の明確に伝える

採用で失敗しないための対策の1つ目に企業の特徴や業務を明確に伝えることが挙げられます。

企業の歴史について説明しどのような経営理念や社風を持って経営しているのか理解してもらうようにし、事業内容について分かりやすく説明を行い業務の内容を把握してもらうようにしましょう

また、どのような点に力を注いできた企業かを説明し、他社と差別化を図ることができていることも知ってもらうようにしましょう。

採用で失敗しないための対策2:企業が求める人物像を明確にする

採用で失敗したくための対策の2つ目に企業が求める人物像を明確にしておくことが挙げられます。

仕事をしていく上で必要になるスキルや資格、業務経験などをあらかじめ話しておき、求職者に企業が求めている人物像をイメージしやすくしておきましょう。

そうすることで、採用のミスマッチを防ぐことができ、事業内容に沿った人材を確保することができます。

採用で失敗しないための対策3:早期で学生との接点を作る

採用で失敗しないための対策の3つ目に早期で学生との接点を作っておくことが挙げられます。

優秀な学生を人材として確保するためにも、企業がインターシップ制度を取り入れて学生と接点を持つようにしたり、企業と学生をマッチングさせるサービスを活用したり、早期に学生との交流を持つことが大切なことになります。

若者の価値観や置かれている環境について理解することに努め、学生が働きやすい職場環境を整えるようにしましょう。

採用で失敗しないための対策4:コミュニケーションを密に行う

採用で失敗しないための対策の4つ目にコミュニケーションを密に行うことが挙げられます。

社内で意見交換する機会を設けるようにし、年齢や性別、雇用形態に関係なくさまざま意見を聞き、人材確保をしていくために必要な事柄を把握することに努めるようにしましょう。

社内の決断力を高めていくためにも、社員同士でコミュニケーションを取る機会や場所を設けていくようにしましょう。

採用で失敗しないための対策5:都心だけでなく地方まで幅を広げる

採用で失敗しないための対策の5つ目に都心だけでなく地方にまで幅を広げていくことが挙げられます。

採用活動を都心だけで進めていくのではなく、地方にまで広げていくことができれば幅広い人脈を開拓することができ、都心部にはない発想を持って事業を展開していくことができるようになります。

また、自然の豊かさなど都心にはない点を事業に活かしていくためにも、地方と接点を持っておくことが大切です。

採用で失敗しないための対策6:企業の強みを発信し続ける

採用で失敗しないための対策の6つ目に企業の強みを発信し続けることが挙げられます。

インターネットやラジオやテレビなどのメディアを活用して、他の企業にはない強みを発信し続けるができれば、社会的な認知度を上げていくことに繋がるので優秀な人材を確保しやすくなります

インパクトのあるメッセージを発信していくためにも、他社との事業の差別化を図るようにし、SNSやその他のメディアの活用を推し進めていきましょう。

採用で失敗しないための対策7:現社員と交流する機会を設ける

採用で失敗しないための対策の7つ目に現社員と交流する機会を設けることが挙げられます。

実際に職場で仕事をしている社員と求職者の意見交換をする機会を設けることで、どのような状況で仕事をしていっているのか把握することができるので、求職者の疑問点を失くしていくためにも、現社員と交流できる場所や機会を設けるようにしましょう。

採用で失敗しないための対策8:フォロー体制を十全に行う

採用で失敗しないための対策の8つ目にフォロー体制を十全に行うことが挙げられます。

新卒の社員や中途採用の人に向けた業務上のフォロー体制を完璧に整えておくことができれば、優秀な人材が育成しやすい環境を整えることができ、採用時の面接でもフォロー体制が充実していることをアピールすることができます。

社員の力を開花させていくためにも、フォロー体制を十全にし、安定した雇用形態で働ける環境を整えておきましょう。

採用で失敗しないための対策9:社内イベントなどの機会を設ける

採用で失敗しないための対策の9つ目に社内イベントなどの機会を設けることが挙げられます。

社内イベントを開催する機会を設けることで、社員同士のコミュニケーションが活性化し、仕事をしていく上での意欲向上に繋ぐことができるので社内イベントを催す機会を作るようにしましょう。

また、面接などで社内イベントを催していることを求職者に知ってもらうことができれば、職場の雰囲気が良いことを理解してもらえます。

人材確保に役立つ主な採用方法3選

続いて、人材確保に役立つ主な3つの採用方法について紹介していきます。

優秀な人材を確保していくには、自社で働いている社員が人材の確保を行なったり、企業が求めている人材に直接採用のアプローチをしたりしていくことで企業にとって必要な人物を集めていくことができます。

長期の人手不足に陥っており、人材の確保の見込みがない場合は通常とは異なった方法で人材確保をしていくようにしましょう。

人材確保に役立つ採用方法1:リファラル採用

人材確保に役立つ採用方法の1つ目にリファラル採用という方法があります。

リファラル採用は現社員が他人との繋がりを活用して行う採用活動となるので、ミスマッチが少なく、企業側が求める人材を確保することができます。

リファラル採用を進めていく際は、役職を経験した人を選抜するようにし、社員の負担にならない程度にリファラルでの採用活動を行わせるようにしましょう。

人材確保に役立つ採用方法2:ダイレクトマーケティング

人材確保に役立つ採用方法の2つ目にダイレクトマーケティングという方法があります。

ダイレクトマーケティングは顧客との繋がりを活かした採用活動を行ったり、ダイレクトメールなどで企業が求めている人材に直接、採用を勧めたりする手法になります。

採用活動を成功させるためにも、顧客データや採用情報から十分なマーケティングを行い、ターゲットの属性に合わせたアプローチをしていきましょう。

人材確保に役立つ採用方法3:SNS

人材確保に役立つ採用方法の3つ目にSNSを活用する方法があります。

SNSで企業の事業内容を発信し、拡散していくことができれば多くの若い世代の目に留まることになり、関心を持ってもらえれば採用に漕ぎ着けることができます。

また、メッセージを発信する手間が必要になりますが、採用時のコストを抑えることができるメリットがあります。

採用で失敗しないよう対策は充分に行いましょう

人材を確保するための採用活動は十分な対策を練っておかないと無駄な経費や労力を消費することになるので、求職者側の視点に立ち採用の対策を講じていく必要があります。

今回ご紹介した採用時に失敗しないための対策を参考にしながら、自社で取り組めることから始めてみましょう。

建設技術者派遣バナー 土木現場用技術者派遣バナー プラント技術者派遣バナー 電気設備派遣バナー