法人のお客様向けサイト【株式会社 夢真】 > インタビュー > 施工監理技術者003
施工管理技術者

常に「なぜ?」という疑問符を持つと

驚くほど仕事の質が上がり

楽しくなる

施工管理技術者 I.Z.さん

夢真に入社するまで、飲食店での調理・接客や、イベント企画会社では設営や運営補助などを経験し、様々な現場の状況に対し柔軟で的確な判断が出来る「広い視野」を培ってきた。

夢真入社後、慣れない建設業界でもめきめきと力を付け、今では番頭職を任されているほど。成長の裏にはどんな時も曲げることのない持論の存在が有る。

それは「規律」「礼儀」「礼節」「感謝」の四つを大切にすることで、周囲との良好な関係を築き、信頼関係はより強固なものになり、チームが最高のパフォーマンスを発揮できるということ。そしていつも感謝の気持を忘れないこと。これが安全第一で効率良く仕事をする為の基本であり、この事を常に心掛けている彼は、どの業界でも活躍できるのである。

施工管理技術者
Life innovation
チャレンジ
ふんばる
見えてきた
充実
経験年数: 3 年
現場経験: 2017年に入社以来3年間、住宅設備会社にてRC造のマンション、商業施設、学校など大規模な住設工事に携わり、施工管理業務全般を習得してきた。細かいことでもとことん突き詰めるプラスαの仕事ぶりは、現場からの厚い信頼を得ており、現在は番頭職を任されるほどに。
自ら伸び代を広げていく技術者である。
最終学歴: 明治大学理工学部工業化学学科
年  収: 約400 〜 500 万円台
施工管理技術者
家族で白馬へ帰省しました。休日は家族で公園で遊んだり、買い物に出掛けて食事したり、楽しく過ごしています。

番頭職として立ち回るにはまず工事の全貌を理解する

現在どのようなお仕事内容でしょうか。また番頭職の大変なところはどんなところですか。
キッチンメーカーでして、主に新築の集合住宅や高齢者住宅、病院などの施設にキッチン、洗面台といった住設を納品して取り付けています。おそらく他のメーカーや業者の番頭さんも同じだと思いますが、キッチン・住設に関しては内装工事の中間から最後引き渡しまでありますので、その前後の工程を把握していないと、納品時に他の業者さんとぶつかってトラブルになったり、後工程の方にご迷惑をおかけすることになってしまいます。全体的な工程を把握しなければ務まらないところは番頭職の大変なところだと思います。前日や当日になってわかることもよくあります。
番頭職はお一人でやられているのですか?
私の勤務先ではいくつかのエリアに分かれていて、その班の中で何人か担当者が居て基本的にはその担当者のフォローという形で一人で現場を回ります。事前準備をしていても、正直なところイレギュラーばかりですね。なのでわからなかったらすぐに連絡してその場で解決し、そのイレギュラーがあったことは絶対に覚えていきます。覚えていかないと効率的な仕事が全然できないので。
今でこそ番頭職ができるまでに成られましたが、入社したばかりの時は困りませんでしたか?
夢真は未経験者の方がたくさん入って来るので、一番最初にぶつかる壁は「建築用語」だと思うんです。
私も建築用語を知らなかったのですが、たまたま前職がイベント関係の仕事で木工関係の用語は多少知っていたので助かりました。その他わからない用語は職方や他の社員さん、あとゼネコンさんに教えてもらい、なんとかクリアしました。ただそこから先のボリュームがあまりにも凄いので、それを覚えていくことが大変でした。現在も大変な事は多いですが、出向先の社員の方や、取引先のゼネコンさんから「ありがとう」と言われた時は素直に嬉しいですね。
どの位から不便じゃなくなりましたか?
正直今でも不便しているのですが、最低一年は頑張らないと難しいかなと。特に私の勤務先は自分の現場だけ解っていればいいというだけでは済まない分野なので、他の業者さん、例えばクロス屋さん、床屋さん、設備さんなど全部を知っていないとお話ができません。なのでそういうことに慣れるのに一年位はかかりました。
施工管理技術者
次男のお宮参りでは、つきなみですが「健やかに元気に育ってください、見守っていてください」とお参りしました。

プラスアルファの結果を見せて評価と信頼を勝ち取る

お仕事をする上でいつも気にかけていることはなんですか?
みなさん心掛けていることだと思いますが、お仕事って信頼関係で成り立っているところが大きいと思うので、やはりまずは相手の信頼を得ることですね。その上で自分に与えられた仕事をしっかり把握して、どれだけ効率よく行うかということだと思います。
私が心掛けているのは四つあるのですが、一つは「規律・ルールを守る」絶対に会社や現場にはルールが存在するはずで、それをなぜ守らなくてはいけないのかと言うところまでしっかり考え理解します。
次に「礼儀」と「礼節」です。礼儀は形として敬語で話し、相手を敬うこと。礼節は心で、しっかり誠意を持って対応すると言うところ。
あとは取引先はもちろん、同じ職場の同僚や先輩に「感謝する」と言うのは心掛けています。
あと仕事の効率化というところでは、与えられた仕事の全体像をしっかり把握する。次にその期日から現在の仕事量を考えて、しっかり逆算していって、事細かに突き詰めていく。そうすることによって無駄が省け、仕事の効率化ができると思っています。
あとは個人の裁量にもよると思いますが、仕事を100%だけでなく、先を見通して「こういうところまで必要なんじゃないか」と考えてプラスアルファの結果を出して「終わりました!」と言う。そうすると「ありがとう」「助かった」と絶対に言われるし、プラスアルファの評価もしていただけ、それをすることによって、最終的に信頼を獲得できると思っています。それは大事かなと思うので後輩の方たちにもぜひやってもらいたいなと思います。
良い意味で期待を裏切るということですね。
はい。同じ仕事をするにも、同じ結果をどれだけの時間で出したのか?また同じ時間で出来たけど、どちらがクオリティが高いのか?ということを絶対に見比べられると思います。
これは個人だけでなく会社単位でも、「夢真の人にやらせました」「他社さんにもやらせました」そこでスピード感やクォリティは絶対に比べられるんですよね。
施工管理技術者
次男のお宮参りでは、つきなみですが「健やかに元気に育ってください、見守っていてください」とお参りしました。

夢真という看板に寄せられる信頼を、みんなで守りたい

その中で「いや、夢真は…」と言われたくないと言うのはあります。全社集会でも「皆さんは夢真の看板を背負っているんですよ」と言うお話がありましたが、その通りだと思います。夢真社員は皆同じ看板を背負っているという事を社員一人一人に自覚してほしいです。
夢真という看板を背負ってその中で自分の力を発揮すれば、看板は信頼を得られるし、信頼を得た看板を背負うことでプライドを感じます。もし個人でやりたいならこれを背負って得たもので、個人で仕事をとって働けばいいという話だと思いますが、皆で築き上げた看板を汚さないよう、守って行かなければと思います。
この件で会社に対して望むことはありますか?
夢真は採用の門戸が広いので、いろんな方が入ってくると思うんですね。前職建築関係の方もいれば、フリーターの方、上京してきた学生さん、様々です。個性を尊重するのは大事ですが、その中でもたまに常識的にちょっとまずい方や、マナーが良くない方も見受けられるので、そういう方の人選や、マッチングをもうちょっとうまくやってほしいです。
実際私がこの現場に来て、その後夢真から立て続けに五人位入って来ましたが、現場では良くない人に対するクレームを、本人に言わずに「彼はよくないね」「どうにかならない?」と私に言って来られるので、私から本人へ「もっとこうした方がいいんじゃない?」と話す事も度々ありました。
そういうところで信頼を失いたくないですね。
お仕事って信頼関係で成り立っているところが大きいと思うので。信頼を得ると、実際に人間関係が良好になるので、お互いの仕事がスムーズに行き、winwinになるかと思います。
先程もお話しましたが、仕事の全体像を把握し、自分だけで出来ない仕事なら、出来ないなりに代案を提案するなど、そういうところもしっかり考えてやっていくことがいいのかなと考えています。
実際に役に立ったエピソードは結構ありますが、簡単なところで言えば「実施検査をしてきてください」と大雑把な指示が出て、どこからどこまでを見ればいいのかがわからない場合、一旦全体的に見て来て「こういうところを見ればいいですか?」といった様にこちらから投げ掛けてみます。すると「それもお願いします」「あとこれも」といった感じで要求されていることがはっきりしてきます。
あとはキッチンに関して色々と器具類が付いているのですが、その取扱説明書だとかは通常回収してどこか一箇所にまとめて置くのですが、現場は結構ごちゃごちゃしているので、それができていなかったりすることも有り、実施検査のついでにチェックしたり、そういうことを気遣ってやっていると、現場で喜ばれたり、信頼に繋がっていくと思います。
現在の職場のいいところを自慢してください
一番いいなと思っているところは理不尽がほぼないというところですね。「教えてください」と言うと、必ずわかるまで教えてくれるし、逆に足りないところがあったら「ここはこうしてくれるかな」というアドバイスも頂けるので、とても助かっています。
施工管理技術者

常に「なぜ?」を持とう

どんなときにやりがいを感じますか?
周りにも派遣さんがいらっしゃる中で「できる」ように見えているらしく、色々任されるんですね。その中でも自分の実力的に「できるかな…」というレベルの仕事も有りますが、チャレンジさせてもらえることが一番ですね。任されたときに「やってみよう」「頑張ってみよう!」と思います。
「これはやった方がいいよ」という裏技があればぜひ社員のみんなに教えて下さい
常に「なぜ?」というのを自分の中で思い浮かべています。
例えば「ここの物を動かしなさい」という指示が出たときに、「ここに物が有るとなんでまずいんだろう」という事を細かいところまで突き詰めていくことで、仕事に対して凄く理解を深めることが出来ます。また、それを覚えておくことで他の仕事にも応用できます。
「なぜ?」を持つ事が私はとても重要だと思っているので、偉そうなこと言いますが皆さんへもぜひこれを持つことをおすすめします。
お仕事でこれから挑戦してみたいことは?
先日2級施工管理技師の学科の方を受け、合格しているかはまだわかりませんが、来年実地資格を得次第、受験したいと考えています。他にも職長安全衛生責任者など、その辺をちょっとずつ勉強して取得していきたいなと思っています。
プライベートではどうリフレッシュしていますか?
子供が男の子で二人いまして、上の子が三歳四ヶ月、下の子が産まれてまだ六ヶ月です。土日はもう、育児で精一杯です。逆にプライベートが充実し過ぎていて私一人の時間が作れず、資格取得の勉強もなかなか進まず合格が不安なところもあります。上の子が最近やっと下の子を認識し始めて、撫でてやったりとか、手を掴んであげたりしていますが、如何せんまだ小さくて力の加減がわかっていないので、そこが心配です。仕事とプライベートをしっかり切り替えて、とても楽しんで育児しています。
プライベートでの将来ビジョンは?
将来的には奥さんと協力して、細やかながらも自宅を購入して、家族全員仲良く過ごしていきたいなと思っています。
これから現場に出る後輩社員へエールをお願いします
常に学ぶ姿勢を忘れず、「なぜ?」と言う疑問符をいつも持ってほしいですね。真面目な話これができるだけで、一日一個仕事を覚えたとして年間で二四〇個覚えられます。細かいことでもかまいません。これをやるだけで本当に仕事の幅も、クオリティも変わり、応用力も付いたので、やっていて良かったと思います。
「なぜ?」を突き詰めていくのは大変ですが、わかると楽しいです。そのお陰で今は仕事が本当にやりやすいです。
施工管理技術者
建設技術者派遣バナー 土木現場用技術者派遣バナー プラント技術者派遣バナー 電気設備派遣バナー