法人のお客様向けサイト【株式会社 夢真】 > 安全管理 > 施工管理の業務内容5つ|採用が難しい理由や採用の方法についても紹介

施工管理の業務内容5つ|採用が難しい理由や採用の方法についても紹介

更新日:2020年12月4日

施工管理とは?

施工管理とは、建設現場で工事全体を管理します。

資格は不要ですが、現場で経験を積みながら「施工管理技士」の資格の取得を目指す方法が一般的です。資格保有者は建設業許可を得た事業所が配置する専任の技術者に認定されます。

1級保有者は、公共工事に必須の監理技術者や主任技術者になれます。入札の際に重視される、経営事項審査に加算されるなど建設業界で求められる人材です。

現場監督との違いについて

施工管理と現場監督の違いは、書類作成の有無です。

現場監督は工事の管理が中心で、資格は不要です。施工管理は、工事に関する全てを管理し、管理に必要な書類の作成も業務に加わります。また、資格はなくても始められますが、将来的には保有すると給与などで優遇されます。

施工管理者は現場の責任者で、現場監督は現場の司令塔です。

施工管理はどんな場面で重宝される?

施工管理が重宝されるのは、建設会社の作業員以外に専門職が入った工事を管理する場合です。

大規模工事では他社の作業員も加わります。作業工程の調整や品質管理に施工管理は重要です。全体を統括する施工管理で、作業全体をまとめる役割を任されます。

役所や近隣住民への対応も、施工管理です。対応窓口を明確にすると、責任の所在が明らかになり、それだけで安心を与えられます。

施工管理の業務内容5つ

施工管理は、建築計画に基づいて現場で工事を進める仕事です。

実際に工事をするのは現場の作業員ですが、工程管理や原価管理を通して日程と施工費用を管理します。仕様書に沿った構造物がつくられているかの品質管理や、安全な作業を進めるための安全管理も行います。

工事全体を管理する総合的な管理は、施工管理だけに任せられる仕事です。

施工管理の業務内容1:工程管理

工程管理とは、工事が納期までに完了するためのスケジュール調整です。

作業員の人数や配置、作業の進め方を段取りします。建設機械や必要なレンタル工具の手配も行い、建設工程表の作成と、進捗状況をチェックして工程に遅れがないかも確認します。

天候や工事中のアクシデントで日程を変更する際は、関係者に相談して工程表を作成し直します。品質を保ち、工期内に完成させる手腕が求められるでしょう。

施工管理の業務内容2:原価管理

原価管理とは、建設現場にかかる費用を算出して予算内に納めることです。

現場の費用は、材料費や建設機械のレンタル料、人件費などがあります。原価計算を行って、進捗状況と照らし合わせ、発生する経費を把握して予算との差額を算出し、極端な違いがある場合は、原因を探ります。

現場の状況を改善して、適正な費用と利益の確保が原価管理の目指す目的です。

施工管理の業務内容3:品質管理

品質管理とは、構造物が仕様書通りの作業で規格を満たすための管理です。

指定された材料を指定された手順で使用し、寸法などに間違いがないかを確認し、強度不足や歪みなど品質が保たれているか、工法ミスや見落としの有無を点検します。中間試験など節目で品質評価対象項目のテストも行います。

完成時の建物全体の強度など、基準や規定を確認する作業も重要です。

施工管理の業務内容4:安全管理

安全管理とは、現場での事故防止のために安全に配慮する業務です。

作業中の安全確保のために必要な設備の確保や、作業員への教育も行います。消火設備など指定された機材を整え、必要に応じて訓練も実施します。危険個所の周知徹底に看板の使用や、朝礼などでの呼び掛けも業務のひとつです。

搬入車両の安全を確保し、周辺に注意喚起の看板を設置します。現場への立ち入りを制限するのも施工管理の仕事です。

施工管理の業務内容5:総合的な管理

工程・原価・品質・安全を「4大管理」と呼び、総合的な管理を加えたものが施工管理の業務です。

4大管理はそれぞれが重要です。しかし、原価を重視すると品質が保てず、日程を優先させると安全に配慮できません。管理項目をバランスよく管理するのが施工管理です。

天候不順やアクシデントが連続して発生した場合は、日程変更でも対応できなくなります。関係者との協議などの判断も総合的な管理に含まれます。

施工管理の主なやりがい4つ

施工管理のやりがいは社会貢献できることです。

形に残る仕事ができ、人々の暮らしを支え社会生活に役立ちます。まじめに取り組んで結果を残せ、給与に反映されます。作業員との信頼関係を構築し、大規模プロジェクトにかかわると他社や異業種との交流もできます。

戸建住宅など発注者の笑顔は、施工管理のやりがいを実感できる瞬間です。

施工管理の主なやりがい1:形が残る

施工管理でかかわった完成品は、その後長い間形が残ります。

建設工事は「地図に残る仕事」とも呼ばれ、時間を経ても作品が存在します。構造物は社会を支え、人々の生活を快適で便利なものに変えます。ときには社会生活を根底から覆すような構造物にかかわるチャンスとの出会いも魅力です。

個人住宅など長年の夢を実現するお手伝いも、大きなやりがいです。

施工管理の主なやりがい2:需要が高い

建設工事は需要が高く、施工管理は息の長い活動が可能です。

多少の波はありますが、解体工事や老朽化に伴う建て替えなど、一定の需要があります。専門性の高い構造物を手掛けると、仕事が途切れる心配がありません。

全国を回る方法や地域限定など働き方を選択できます。自分のやりたい仕事を選んで取り組める点も、施工管理の大きなやりがいです。

施工管理の主なやりがい3:職人と信頼を築ける

職人や作業員と信頼を築けると、自分の成長につながります。

実際の作業を行わない中で、技術的な指導を行う場合もあります。仕様書と現場の声に配慮して作業を進めるためには、職人の専門知識の活用が重要です。信頼関係を構築して、知識で対応できない経験の部分をフォローしてもらいます。

現場と信頼関係を構築すると、日程変更などにも気持ちよく協力が得られ、完成時の全員の充足感を高められます。

施工管理の主なやりがい4:仕事の成果で報酬が変わる

仕事の成果によって受け取る報酬が変わるのも、施工管理のやりがいです。

資格を保有するだけで報酬がアップします。実際に手掛けた仕事は評価の対象で、スキルも身につきます。施工管理の内容も評価され、高い品質や無事故で安全な工事など、目に見えるものでわかりやすい点も特徴です。

経験は転職する際も有利になり、報酬アップの形で現れます。

施工管理者の採用が難しい理由とは?

施工管理者の採用が難しい理由は、建設業界に入る若者が少ないことと、需要の拡大です。

施工管理者は知識や経験が必要です。即戦力を期待され、未経験者の採用はほとんどありません。資格保有者が少ない点も採用を難しくする要因です。

転職を希望する経験者は、労働条件や仕事内容への不満を抱えています。転職する際、労働条件の他に、専門性の高さやスキルアップを目指すので、中小企業には採用が難しくなります。

施工管理者を採用する方法について

施工管理者を採用する方法として、求人の書き方の工夫をすることが挙げられます。派遣会社や人材紹介サービス、求人サイトへ掲載する場合、業務内容を具体的に記載するといいでしょう。

経験者を採用したい場合は「土木」や「戸建」など施工内容を提示すると専門性を強調でき、未経験者へは「プロジェクトサポート」や「デジカメで現場撮影」など、仕事内容を明確にします。

面接方法もWebの活用や休日や夜間に対応するなど、相手に合わせます。

施工管理について理解し採用に役立てよう

施工管理は現場で工事全体を管理する重要な仕事で、建設業には欠かせない存在です。

知識と経験を活かして4大管理を行い、品質を保った構造物を工期内に完成させます。公共工事受注のために必要な人材ですが、資格保有者が少なく人材不足です。

採用方法は仕事内容を具体的に提示し、相手に合わせた面接日程で対応します。未経験者でもやる気があれば採用し、育てていくことも視野に入れましょう。

建設技術者派遣バナー 土木現場用技術者派遣バナー プラント技術者派遣バナー 電気設備派遣バナー