法人のお客様向けサイト【株式会社 夢真】 > 人材派遣 > 大工の適性がある人とは?大工を採用する際に知っておきたい資格4選紹介!

大工の適性がある人とは?大工を採用する際に知っておきたい資格4選紹介!

更新日:2020年12月7日

採用の参考にしたい大工に必要なスキル3選

大工の仕事をしていく上で必要となるスキルがあります。大工の仕事は職人として技術を身に付けなくてはならないので、指導する側は安全確保のため厳しく接する場合があり、我慢強さや忍耐力が求められます。

また、作業場所によっては危険を伴うこともあります。そのため技術を覚えていく上で資格を取得しておくのが重要と言えるでしょう。

大工に必要なスキル1:我慢強さ

大工に必要となるスキルの1つ目に我慢強さが挙げられます。大工の仕事は木材などの重たいものを持って、高い場所に持っていったりすることもあります。

また、大工道具や建物の立て方などの色々な知識も必要なため、我慢強く覚えていくことも必要となってくるでしょう。

大工に必要なスキル2:粘り強さ

大工に必要になるスキルの2つ目に粘り強さが挙げられます。大工の仕事は体で覚えていく技術が多いので、粘り強く仕事に向き合えないと続けていくことが難しくなるでしょう。

大工としての職歴や経歴を見るだけでなく、面接時に求職者に話を聞くことで厳しい職場でも働いていけるか見極めることが肝心です。

大工に必要なスキル3:技術の向上心

大工に必要となるスキルの3つ目に技術の向上心が挙げられます。大工は、体力だけでなく高い技術を習得していかないと仕事の幅を広げていくことが難しくなるので、向上心が必要です。

大工職の人材を採用する場合は、技術の高さに注視するだけでなく将来の仕事に対する熱意を持っているか見極め、採用すべきか検討していきましょう。

大工職の人を採用する場合は、体力面だけでなく技術の高さにも注視して採用を検討しましょう。

大工を採用する際に知っておきたい資格4選

続いて、大工を採用する際に取得しているのか確認しておきたい資格が4つあります。

組立等作業主任者や1、2級の建築施工管理技士といった資格を持っていれば、大工の仕事だけでなく現場の管理も任せられるので、採用時にこれらの資格を所有しているか確認しておきましょう。

ここでは、採用する際、取得しているか確認しておきたい資格について紹介していきます。

知っておきたい資格1:組立等作業主任者

大工を採用する際、取得しているか確認しておきたい資格の1つ目に組立等作業主任者があります。

組立等作業主任者の資格は、足場を作り上げる作業を管理する資格です。この資格を取得している人物を作業主任として選任しないと、足場の組立作業ができないため大切な資格になっています。

知っておきたい資格2:1・2級建築施工管理技士

大工を採用する際、取得しているか確認しておきたい資格の2つ目に1・2級建築施工管理技士があります。

建築施工管理技士の資格の2級は「建築」「躯体」「仕上げ」種類の工事の管理業務をすることを軸とした資格です。

1級建築施工管理技士は、建築工事の施工計画の作成や安全・品質管理、クライアントとの打ち合わせや指導監督など仕事内容は多岐になります。また、あらゆる建設工事に従事することができる資格になります。

知っておきたい資格3:1~3級建築大工技能士

大工を採用する際、取得しているか確認しておきたい資格の3つ目に1〜3級建築大工技能士の資格があります。

建築大工技能士の資格は、大工としての基本的な技術を習得しているか証明する資格なので、取得しておいた方がよい資格の1つです。

また、1級の資格は7年、2級は2年の実務期間を経ていないと取得できないので、所持している資格で実務経験の長さを知ることができます。

知っておきたい資格4:二級建築士・木造建築士

大工を採用する際、取得しているか確認しておきた資格の4つ目に二級建築士・木造建築士の資格があります。

二級建築士は、比較的小規模の建築をする際に必要となってくるもので、「設計」「工事管理」を行うことができます。

また、木造建築士は「階数が2階建て以下」であり「延べ床面積300㎡以下」の設計や管理を行うことができる資格になります。

大工の適性がある人4選

続いて、大工職の人を採用する際、どのような資質を持つ人が大工としての適性があるのかご紹介します。

ここまでは大工職に必要となる資格や粘り強さなどの性格的なスキルについてご説明しましたが、より適性がある人を大工として採用したい方は具体的にどのような資質を持った人を選べば良いか疑問が出てくるでしょう。

そのようなときは大工としての以下の適性があるか判断し、採用すべきか検討すると良いでしょう。

大工の適性がある人1:体力がある人

大工の適性がある人の1つ目の要素に、体力がある人が挙げられます。

大工の仕事は季節に関係なく外で作業しなくてはなりません。加えて、重い木材を運ぶ機会が多く体力の消耗が激しいため、体力に自信がないと続けることが難しいでしょう。

大工の適性がある人2:協調性がある人

大工の適性がある人の2つ目の要素に、協調性がある人が挙げられます。

大工の作業は1人では困難なため、どの場面でもチームワークが必要で、協調性を持っていないと、作業ペースが乱れることがあります。

面接の際に求職者とよく話す機会を持つようにし、他人と会話することが苦にならないか判断して、採用すべきか検討するようにしましょう。

大工の適性がある人3:柔軟な思考力のある人

大工の適性がある人の3つ目の要素に、柔軟な思考力のある人が挙げられます。

大工の仕事は作業に創意工夫が求められるだけでなく、ときには顧客や取引先から無理難題を突き付けられる可能性があるので、そのようなときに柔軟な思考ができないと対処が難しくなるでしょう。

大工の適性がある人4:丁寧な作業ができる人

大工の適性がある人の4つ目の要素に、丁寧な作業ができる人が挙げられます。

大工の仕事は木材を扱うことが多いので、丁寧な作業ができないと木材を傷めてしまったり、顧客に受け入れてもらえる建築物を作り上げることができなくなるので、大工の仕事をしていく人は丁寧な作業をしなければいけません。

これまでの大工としての作業履歴や前職での職務経歴を確認し、丁寧な作業をしていけるか判断するようにしましょう。

大工を採用する際に見ておきたい職務経歴2つ

続いて、大工を採用する際に見ておきたい2つの職務経歴があります。大工という仕事は他の職業とは違い、人によっては作業現場が過酷な職場だと感じることがあるので、これまでの職務経歴を確認しておくことが大事です。

採用のミスマッチを防ぐためにも、求職者の職務経歴の確認を怠らないようにしておきましょう。

ここでは、大工を採用する際に確認しておきたい職務経歴について紹介していきます。

建築工事に携わったことがある人

大工を採用するにあたって見ておきたい職務経歴に、建築工事に携わったことがあるか、が挙げられます。

建築工事の経験がないと、仕事の準備や休憩の仕方に戸惑ってしまい、作業に没頭できなくなることもあります。アルバイトでも良いので、建築工事に携わったことがある人を採用するようにすると良いでしょう。

建築工事の経験がある人を採用することで、採用時のミスマッチを無くすことができます。

ハウスメーカーの営業

大工を採用するにあたって見ておきたい職務経歴に、ハウスメーカーの営業が挙げられます。

ハウスメーカーの営業職は一戸建てをセールスしていく職業なので、職務経験があれば一戸建てについての知識を学んでいることになります。

一戸建てのほとんどには木材が使われており、ハウスメーカーの営業職の経験があれば大工の仕事はどのような内容なのか認識もできるでしょう。

大工の適性がある人を採用しよう

大工の採用は職業自体が特殊なこともあり、適性や資質、資格の取得がないと仕事をしていくのが難しくなることがあります。採用のミスマッチを防ぐ意味でも大工の適性がある人を見抜く力を養い、採用活動に役立てていきましょう。

大工としての適性がある人を採用し、より良い建築を目指すことで取引先や顧客を増やしていきましょう。

建設技術者派遣バナー 土木現場用技術者派遣バナー プラント技術者派遣バナー 電気設備派遣バナー