法人のお客様向けサイト【株式会社 夢真】 > 安全管理 > 施工管理求人の情報まとめ!施工管理の採用が難しい理由5つとは?

施工管理求人の情報まとめ!施工管理の採用が難しい理由5つとは?

更新日:2021年1月25日

施工管理の求人について

現在、建設業界で注目されているのが「施工管理技士」です。この施工管理技士は、建築現場でのスケジュール作りや資材の調達や、資金の管理をするのが主な仕事になります。スケジュールは納期と大きく影響するため、特に重要です。

 

また、品質や価格に影響を及ぼすのが資材の調達になります。このように施工管理者は、建築現場には欠かせない人材です。建築現場が増えることで求人の需要も増えている現状があります。

 

本記事では、 施工管理求人の情報のまとめとともに、採用が難しい理由などについて見ていきましょう。

施工管理の求人の基本情報

現在の施工管理の求人では、施工管理に関わる人たちの高齢化とともに、建設案件の増加による需要が拡大していることから、月収40万以上で年収1000万円が目指せるような高待遇での求人が増えています。

 

また、施工管理技士などの資格取得者や経験者には条件の良い求人が多くあります。未経験でも、比較的好条件の求人の案件が多いのも施工管理の求人の現状です。

 

これは、 建築業界での施工管理者を求める割合が高くなっていることの表れと言えるでしょう。

施工管理の求人が難しい理由5つ

建築や土木の現場に欠かせないとされる施工管理は、なぜ求人が難しいのでしょうか。ここからは、施工管理求人が難しい理由について見ていきます。

 

施工管理求人が難しいことの主な理由は、「有効求人倍率が増加している」「建設業界が売り手市場」「求人の魅力不足」「国家試験が難しくて合格しづらい」「求める人材の基準が高い」の5つです。

 

以下で、それぞれ詳しく見て行きましょう。

施工管理の求人が難しい理由1:有効求人倍率が増加している

施工管理の求人が難しいことには、建設業界の全体の求人数が増えているという背景があります。

 

これは、建設業界以外の一般的な求人の割合よりも、建築・土木などの求人の割合が高くなっているためです。 つまり、一人当たりに対してさまざまな仕事の求人があるということになります。

 

簡単に言えば、一人が選択できる仕事が多くあるということです。そのため施工管理で働く人が限定されてしまい、施工管理の求人が難しい状況を生み出しています。

施工管理の求人が難しい理由2:建設業界が売り手市場

需要と供給のバランスが悪いことも施工管理の求人が難しい理由です。

 

施工管理の求人数に対し、施工管理を仕事したいという人は少なく、企業が施工管理の求人を多く募集しても、必然的に施工管理候補者の数が少ない状況になっています。

 

つまり、施工管理の仕事が売り手市場になっていると言えます。

 

売り手市場になっているということは、「良い条件で採用される確率が高い」ことにつながります。

 

施工管理の仕事をしたい希望者には、チャンスがたくさんある状態です。

施工管理の求人が難しい理由3:求人の魅力不足

施工管理の求人が難しいのは、仕事に対する魅力を感じられないことも一因でしょう。

 

施工管理の仕事に対する魅力不足のほか、働きやすさなどの環境の問題も施工管理の求人の難しさに影響しています。

 

建築現場での人間関係や肉体的な問題などで、自分に自信がないという人や、先が読めない不安から、施工管理の求人に前向きになれないという人も見られます。

施工管理の求人が難しい理由4:国家試験が難しくて合格しづらい

施工管理の求人が難しいのは、国家試験が難しくて合格しづらいことも原因になっています。

 

施工管理の仕事では、「施工管理技士」の資格が必要になります。この「施工管理技士」の資格は、建築現場での仕事の内容によって7つに分かれます。

 

たとえば、建設現場での工程管理や品質管理なら「建築施工管理技士」、鉄道・トンネルなど土木工事の現場での管理には「土木施工管理技士」、また電気設備などでの管理には「電気工事施工管理技士」などの資格が必要です。

 

他にも「管工事施工管理技士」「建設機械施工管理技士」などがあり、いずれの資格も合格率が低く、難易度が高い国家資格です。

施工管理の求人が難しい理由5:求める人材の基準が高い

施工管理の仕事には、求める人材の基準が高いため求人が難しいという側面があります。

 

施工管理業務では、品質管理や工程管理などの仕事をします。中でも品質管理は、建築現場で造る構造物の品質に大きく影響する大事な仕事なので、失敗は許されません。

 

また、工程管理は工期や納期に影響を及ぼす大事な仕事です。

 

このように、施工管理の業務には知識や経験と高いスキルが求められます。知識や経験と高いスキルが求められるため、施工管理の仕事に勤務したい人は少なくなります。

施工管理の求人を成功させるポイント7つ

施工管理の求人を成功させるには、どのようなことがポイントになるのでしょうか。ここからは、施工管理の求人を成功させるポイントについて見ていきましょう。

 

施工管理の求人を成功させるには、「募集名を工夫して興味を引く」「内容を詳しく分かりやすく書く」「ターゲットを分かりやすく打ち出す」「自社の魅力を伝える文章」「組織の方向性を示す」「職場の雰囲気を伝えて安心させる」の7つのポイントがあります。

 

以下で詳しく見て行きましょう。

施工管理の求人を成功させるポイント1:募集名を工夫して興味を引く

施工管理の求人を成功させるには、募集名を工夫して興味を引くことも大事です。 「施工管理者」といった堅苦しいイメージの求人募集ではなく、柔らかいイメージになる募集名で、まずはハードルを下げる工夫をしましょう。

 

募集名を柔らかいイメージにすることで、興味や関心を持たせることが大事です。

 

「施工管理」という名前だけで、「自分には無理」と考えている人たちを求人に結びつけるには、募集名の工夫が第一歩になるでしょう。

施工管理の求人を成功させるポイント2:内容を詳しく分かりやすく書く

施工管理の求人を成功させるには、どのような仕事をするのか、またどのくらいの年収になるのかなど、相手に興味や関心を持たれるような詳しい書き方が大事です。

 

大まかな施工管理の業務内容を知っていても、多くの人は、その詳しい仕事内容までは知りません。施工管理の業務内容を詳しく知らなければ、施工管理の仕事をしてみたいとは考えないでしょう。詳しい仕事内容が分かれば不安も解消され、判断もつきやすくなります。

 

そこで施工管理の求人に少しでも関心を持ってもらえれば、求人が成功する確率が高くなります。

施工管理の求人を成功させるポイント3:ターゲットを分かりやすく打ち出す

施工管理の求人を成功させるには、ターゲットを分かりやすく打ち出すことが大事です。 ターゲットが曖昧なまま求人募集しても、成功の確率は高くなりません。

 

ターゲットを曖昧にして募集しても、他人事のように無関心な状態になるため、施工管理の仕事に興味や関心を示さないでしょう。たとえば、一般的な募集であれば、年齢や条件を絞る方法で結果は得やすくなります。

 

しかし施工管理の求人募集の場合は、年齢や条件を絞るのではなく、年齢層と条件を広げることで結果が得やすくなります。

 

つまり、受け入れる枠を広げることが施工管理の求人を成功させるポイントとなります。

施工管理の求人を成功させるポイント4:自社の魅力を伝える文章

施工管理の求人を成功させるには、自社の魅力を伝える文章を書くことが大事です。 仕事を探している人に会社の魅力が伝わらなければ、勤務したいという気持ちにはならないでしょう。

 

まずは、会社の魅力を伝えて相手に興味や関心を示してもらうことが大事です。たとえ施工管理の仕事に就きたいと考えていても、会社に魅力を感じることができなければ離れてしまうでしょう。

 

チャンスを逃さないためにも、会社の魅力が伝わる文章を書くようにしましょう。

施工管理の求人を成功させるポイント5:組織の方向性を示す

組織の方向性を示すことで将来の安定性などが判断できるため、施工管理の求人を成功させやすくなります。 人は仕事を選ぶ際、将来的に安定して勤務できること重点に置きます。組織の方向性を知ることで目的やゴールが見えるため、安心感があります。

 

「ここなら安心して働ける」と思わせることが、求人を成功させるために大切なポイントです。組織の方向性が一致していれば、働く人を迷わせないため、「働いてみたい」という人が増えるでしょう。

施工管理の求人を成功させるポイント6:職場の雰囲気を伝えて安心させる

施工管理の求人を成功させるには、職場の雰囲気を伝えて安心させることが大事です。

 

仕事を求める条件には、給与といった待遇面以外にも職場環境が大事になります。いくら高い給与でも、職場環境が悪ければ働きたいといった気持ちにはなれません。

 

仕事をする人は、仕事内容とともにストレスなどがない職場で勤務したいと考えます。そのため、職場の雰囲気を伝えることで安心感を与えることは有効で、求人も成功しやすくなるでしょう。

施工管理の求人を成功させるポイント7:働いてスキルアップできることを書く

施工管理の求人を成功させるには、働いてスキルアップできることを書くことも大事です。「 スキルアップできる」と書くことには、仕事を探している人のモチベーションをアップさせる狙いがあります。

 

仕事によってスキルアップできることには、「その会社で働きたい」と思わせる効果があるため、求人の成功につながります。求人募集で大事なのは、求職者にその会社で働きたいといった気持ちにさせることです。

 

特に、「会社でリーダーシップを発揮して管理職を狙おう」という人には、より魅力的に感じられ、就職へのモチベーションアップにつながるでしょう。

施工管理の求人手法5つ

施工管理者を増やすにはどのような手法があるのでしょうか。ここからは、施工管理者を増やす手法について見て行きます。

 

施工管理者を増やすには、「派遣会社を利用する」「人材紹介サービスを利用する」「求人サイトに掲載する」「合同説明会・イベントに参加する」「採用サイト・採用ページを立ち上げる」という5つの手法があります。

 

以下で詳しく見て行きましょう。

施工管理の求人手法1:派遣会社を利用する

施工管理の求人には、派遣会社を利用する方法があります。

 

派遣会社は、東京をはじめ、函館・札幌・茨城・福島・大阪・神奈川・福岡・名古屋・大分・長崎など全国に多数あります。

 

派遣会社を利用することで、多くの施工管理の仕事を探している人を見つけられます。また、施工管理の求人に派遣会社を利用することで、転職を希望している人の求人も期待できます。

 

派遣会社を利用した求人には、一般的な求人募集では得ることが難しい優秀な人材に出会えることや、優秀な人材をスカウトできるというメリットがあります。

施工管理の求人手法2:人材紹介サービスを利用する

施工管理の求人には人材紹介サービスを利用する方法があります。人材紹介とは、求人票の作成、給与などの待遇について条件交渉の代行をしてくれるサービスのことです。

 

多くの登録者データベースの中から人材を紹介してくれるので、施工管理といった専門的な業界の紹介を得やすくなります。求人募集している会社の条件とマッチした人材を探しやすいのも、人材紹介サービスを利用メリットです。

紹介した人が就職に至らなかった場合の費用もかからないため、コストの削減も出来ます。

施工管理の求人手法3:求人サイトに掲載する

施工管理の求人には求人サイトに掲載する方法があります。求人サイトに掲載すれば、多くの人に会社の求人募集をアピールできます。

 

しかし、求人サイトに掲載する広告の内容によっては、マイナスなイメージを与えることになる可能性があるため注意しましょう。

 

また、求人サイトに掲載するということは、当然のことながらコストが発生します。掲載する広告の文字数や写真枚数によって利用料金が変わるため、短い文章で相手に強いインパクトを与えられるキャッチコピーが大事になります。

施工管理の求人手法4:合同説明会・イベントに参加する

施工管理の求人には合同説明会・イベントに参加する方法があります。合同説明会・イベントには多くの人が参加しているため、優秀な人材を見つける確率が上がります。

 

合同説明会・イベントに参加している人は、本当に就職先を探しているので真剣さが違います。しっかりと説明を聞いてくれるため、自社をアピールしやすくなります。

 

仕事を探す人も求人募集している会社も、お互いに理解が深まるのが合同説明会・イベントに参加するメリットと言えるでしょう。

施工管理の求人手法5:採用サイト・採用ページを立ち上げる

施工管理の求人には採用サイト・採用ページを立ち上げる方法があります。

 

例えば、会社が運営しているサイトには製品・サービスなどを宣伝しているコーポレートサイトがあり、コーポレートサイトには採用状況を紹介しているページもあります。

 

しかし、コーポレートサイトでは求人募集の情報が限られ、詳細の内容を知りたい人には物足りなさがあります。そのため、別の採用サイト・採用ページを設けた方が、求人に応募する人が増える可能性は高くなります。求人募集に特化した採用サイト・採用ページを立ち上げるメリットは、情報を多く掲載できることです。

 

採用サイト・採用ページなら求人募集に特化しているため、訪れた人がさまざまな情報が得やすく、会社と仕事内容が理解されやすいため募集が多くなります。

転職者向けの施工管理求人の注目ポイント8つ

転職者は施工管理求人では、どのポイントに注目しているのでしょうか。転職者向けの施工管理求人の注目ポイントについて見ていきましょう。

 

転職者向けの施工管理求人の注目ポイントは「担当現場数がどのくらいか」「携わっている建物の知名度」「工期に無理がないか」早朝や深夜に仕事をすることがあるか」「残業の有無とその理由」「安定性がある会社か」「現場の総員数」今までの経験が生かせるか」の8つです。

 

以下で詳しく見て行きます。

施工管理求人の注目ポイント1:担当現場数がどのくらいか

施工管理求人の注目するポイントは担当現場数がどのくらいかということです。 担当現場数が多くあることは、仕事をする人の負担になります。

 

一般的には、品質管理・工程管理を行う施工管理技士が複数の現場を担当することは、あまり多くありません。しかし、求人募集ではそのような詳しい情報はありません。

 

担当現場数が固定されるという情報があれば、施工管理技士の求人へのハードルは下がるでしょう。

施工管理求人の注目ポイント2:携わっている建物の知名度

施工管理求人の注目するポイントは,その会社が携わっている建物の知名度です。有名な構造物を建築する現場での仕事なら、施工管理技士として働いてみたいと思う気持ちは強くなるでしょう。

 

また、建築現場が地元に近いことも働きやすさにつながるため、注目するポイントになります。

施工管理求人の注目ポイント3:工期に無理がないか

施工管理求人の注目するポイントは、工期に無理がないかということです。 無理な工期の現場は、仕事が過密になったり、休みが取りづらかったりします。

 

また、残業になる可能性も高くなります。つまり、良い環境の職場とは言えません。工期に無理があれば、結果として施工管理の仕事に興味が持てず働く意欲が失われます。

施工管理求人の注目ポイント4:早朝や深夜に仕事をすることがあるか

施工管理求人の注目するポイントは、早朝や深夜に仕事をすることがあるかということです。 早朝や深夜に仕事があることで不規則な生活になるってしまうため、家族に負担をかけることを嫌がる人がいます。

 

また、仕事が好きでも、「早朝や深夜の仕事に対応するのが嫌だ」という理由でその業務に付かない人もいるほど、勤務時間は就職を決める上で大事なポイントとなります。

施工管理求人の注目ポイント5:残業の有無とその理由

施工管理求人の注目するポイントは、残業の有無とその理由です。 残業自体は給与の増加が見込めて良いのですが、できれば残業がなく、それでいて高収入が得られる会社を希望するのは一般的な考え方でしょう。

 

収入にプラスになる残業であれば、仕方がないと割り切れますが、サービス残業は収入にプラスになりません。

 

そのため、残業の有無とその理由は重要なポイントとなります。

施工管理求人の注目ポイント6:安定性がある会社か

施工管理求人の注目するポイントは安定性がある会社かということです。就職するからには、将来にわたって安定して仕事ができることを望むのが一般的な考え方です。

 

たとえ就職できるとしても、すぐに倒産するような会社や規模を縮小するような不安定な会社には就職したいとは思わないでしょう。

 

求職者の方で「安定性がある会社」と判断できれば、おのずと就職したい人が増えます。

施工管理求人の注目ポイント7:現場の総員数

施工管理求人の注目するポイントは現場の総員数です。 現場の総員数が少ないと、施工管理技士以外の仕事もさせられるのではないかといった危機感を持ちます。現場の総員数が少ないことは人手不足と判断できるからです。

 

現場の総員数が多ければ、全体に余裕があることが分かり、施工管理技士としての仕事に専念できると考えられます。

 

施工管理技士としての仕事に専念できることが分かれば、仕事へのハードルが下がるため、施工管理技士として就職してくれる可能性が高くなります。

施工管理求人の注目ポイント8:今までの経験が生かせるか

施工管理求人の注目するポイントは今までの経験が生かせるかということです。

 

自分の経験が生かせることが分かれば、仕事への安心感が出ます。安心感が得られれば、就職への気持ちが前向きになるでしょう。

施工管理業の転職・退職理由5つ

施工管理業の転職・退職にはどのような理由があるのでしょうか。

 

主な施工管理業の転職・退職理由は「サービス残業・休日出勤の多さ」「昇給機会の乏しさ」「転勤が多い」「オリンピック後にどうなるか不安」「キャリアアップしたい」の5つです。

 

以下で詳しく見て行きます。

施工管理業の転職・退職理由1:サービス残業・休日出勤の多さ

サービス残業・休日出勤の多さは、施工管理業の転職・退職に結びつく理由です。 特にサービス残業は、時間と労力だけが失われ、収入増加には結びつきません。

 

休日出勤については、会社によっては手当が出るため、収入増は見込める場合もあります。

 

しかし、プライベートの時間が失われるため、あまりにも休日出勤が多い会社であれは、必然的に転職・退職を考えることになります。

施工管理業の転職・退職理由2:昇給機会の乏しさ

昇給機会の乏しさも、施工管理業の転職・退職したい理由になります。 働いて実績を積んでも、昇級や昇格の機会が少ないことは働くモチベーションを奪うこともあります。

 

働くモチベーションが下がれば、仕事に対する意欲が無くなり、ひいては会社を退職して他の会社への転職を考えるきっかけになってしまいます。

施工管理業の転職・退職理由3:転勤が多い

転勤が多いことも、施工管理業の転職・退職したい理由になります。 転勤が多いということは働く環境が変わりやすいということです。通勤時間が変わったり、家族と一緒に転勤すれば、子供の学校が変わったりします。

 

引っ越し準備を頻繫にすることも面倒な作業です。

 

これまでの人間関係が変わることや家族の生活環境が変わることになるため、それを避けて転職を希望するようになります。

施工管理業の転職・退職理由4:オリンピック後にどうなるか不安

建築業界は、オリンピック施設の建築など需要がある時期は良いのですが、需要が少なくなると現場での仕事が少なくなります。

 

その結果、建築現場の品質管理・工程管理をする施工管理技士の仕事の将来に、不安を感じることになります。 そのため、安定して仕事がある業界や会社への転職を考えることにつながって行きます。

施工管理業の転職・退職理由5:キャリアアップしたい

今の施工管理業ではキャリアアップできないと判断した場合、退職して転職することを考えます。

 

働いているからには、給与を多くもらいたい、高い地位で働きたいと思うのは当然の心理でしょう。現状でそれが望めないと判断すれば、退職や転職を考える人も多くなります。

施工管理の求人を成功させよう

施工管理の求人を成功させるには、仕事内容や職場環境を詳しく知らせることが大事です。またハードルを下げて、受け入れる条件を広くすることも、求人を成功させるためには大事になります。

 

求人を成功させるためには、相手に安心感を与えて、安定して働くことができることを伝えることが大事なポイントです。

 

就職したいと思われる情報を提供し、施工管理の求人を成功させましょう。

建設技術者派遣バナー 土木現場用技術者派遣バナー プラント技術者派遣バナー 電気設備派遣バナー