法人のお客様向けサイト【株式会社 夢真】 > 人材派遣 > CADオペレーターに応募が来ない原因|就職状況や採用するコツを解説

CADオペレーターに応募が来ない原因|就職状況や採用するコツを解説

更新日:2022年3月17日

「求人広告を出したのに応募が来ない」
このように頭をかかえている採用担当者の方も多いでしょう。

CADオペレーターの採用も例外ではありません。なぜCADオペレーターに応募が来ないのかその理由を知ることで対策ができるでしょう。

この記事を読んでぜひ従来の採用活動を見直してみましょう。

たくさんの方に応募していただけると、人材確保はスムーズになります。

CADオペレーターの応募が来ない原因

CADオペレーターの応募が来ない原因はひとつではありません。

こちらの記事ではその原因をいくつかご紹介します。原因を知ることで対策を講じることができます。

人事担当者の方は原因にあった対策をすることで、応募者を増やし人材を確保しましょう。

仕事内容がわかりにくい

原因のひとつにCADオペレーターと求人を出してもどんな仕事の依頼されているのかがわかりにくいことが挙げられます。

CADソフトを使用してパソコンで何か作図することをイメージすることはできても、実際のCADオペレーターの業務は多岐に渡ります。

求人を出しても具体的な仕事の内容までは伝わっていないことが、応募者が踏みとどまってしまう原因のひとつと考えられるでしょう。

会社の雰囲気がわかりにくい

応募者は職場を体験することができないので、口コミサイトを利用したりして会社の雰囲気を知ろうとしています。

企業も会社の雰囲気を伝える努力をすることで、志望者が安心して応募できるようにすると良いでしょう。

採用条件が厳しく設定されている

採用担当者の作る「採用要件」を見直してみましょう。労働条件やスキルが厳しく設定されている場合は、要件を満たす人材がそもそもいないことも考えられます。

採用要件は何が優先的に重要なのか、現場と確認し条件を絞る必要があるかもしれません。

福利厚生が他社と比較して良くない

従業員の待遇や生活に深く関係する福利厚生は、採用活動でも重要になってくる部分です。福利厚生を手厚くすることで優秀な人材が集まりやすくなります。

福利厚生を手厚くすることで、離職率の低下や労働力の定着も期待できます。

福利厚生を見直すことは、企業ができる重要な人事施策のひとつです。企業は、福利厚生が他社と比較してどうなのかといった点をもう一度確認してみましょう。

長く働ける職場かどうか伝わらない

求職者は長く安定的に働ける会社に就職したいと思っています。しかし、どのような職場が長く働けるかということは一人一人違いがあります。

働く動機になる労働時間、給料、やりがい、人間関係などについての情報を細やかに伝えていくことで個々にとって判断がしやすくなります。

ホームページがわかりづらい

応募者がその企業がどんな会社なのかを調べるときに、最初に見るのはホームページではないでしょうか。

ホームページを見ることで、応募者は企業の理念や会社の雰囲気を感じ取り、自分に合う会社かどうかを判断しています。

情報をアップデートしたり写真を見やすいものにしたりすることで、応募者は安心して応募することができるようになります。

CADオペレーターの採用を決めるポイント

ようやく応募してきた求職者と採用担当者は面接を行います。

CADオペレーターの採用では、どのようなポイントを優先して選考したら良いのか迷うこともあるでしょうが、迷ったときに参考にしたいポイントがあります。

CADオペレーターでもフルタイムを希望する方とパートタイマーでの就業を希望する方がいます。求職者がパートタイマーでの就業を希望する場合は、短時間での働き方となるため、どのくらいの仕事分担なのかなどもお互い確認しておくことが大切になります。

また、新卒の場合はCADの実務についてよく理解していない場合もあるでしょう。その場合は、成長する意思があるか確認するのも採用のポイントと言えます。

  • それぞれの業界に関係のある資格を取得しているか
  • 応募してきた人の経験を把握する

それぞれの業界に関係のある資格を取得しているか

CADを扱う業界は幅広くそれぞれの分野での専門的な知識を必要とします。

ものづくりを行うCADオペレーターは、システムそのものの知識も大切ですが、業界に精通していることも大切になってきます。

業界ごとに資格に違いがありますが、それぞれの業界に関係のある資格を取得していると、よりスムーズにコミュニケーションを図りながら業務に取り組むことができるでしょう。

また、一定の知識やスキルを身につけていると判断する材料にもなります。

応募してきた人の経験を把握する

応募してきた人の経験を把握しておくことも、その後のフォロー体制を整える上で大切です。

未経験応募の場合でも業界未経験なのか、職種が未経験なのかでは研修内容も変わってきます。

業界も職種もまったくの未経験の場合は、より細やかなCADの使い方から教育をすることが重要になってきますので、必ず確認しておきたいポイントです。

実務的に正確性とスピードが要求されるCADオペレーターは、ソフトを自由に使いこなせるスキルが必要です。経験を確認することでCADのスキルも把握できる場合もあります。

CADオペレーターの応募が来ない原因を知っておこう

職場にCADオペレーターの応募が来ない原因を見つけることができたでしょうか。

今回の記事の内容はCADオペレーター以外の職種全般に通じる部分もありました。

採用担当者はもう一度職場でこれらの原因を見直すことで、これからの採用活動を円滑に進めることができるようになることでしょう。

なお、この記事を執筆する当社・株式会社夢真では、CADオペレーターの派遣サービスを運営しています。

期間・人数・場所に応じて、貴社に最適なCADオペレーターを派遣可能。一人の技術者に2人のフォロー担当をつけるなどフォロー制度も充実させており、2020年度は1,600社以上の企業様より採用いただいております。

自社で採用活動をするほど時間的・人的な余裕がない人事担当者様はぜひ一度当社にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

建設技術者派遣バナー 土木現場用技術者派遣バナー プラント技術者派遣バナー 電気設備派遣バナー