法人のお客様向けサイト【株式会社 夢真】 > 人材派遣 > CADオペレーターを採用するには?主な雇用形態や求人を出す時期などを紹介

CADオペレーターを採用するには?主な雇用形態や求人を出す時期などを紹介

更新日:2022年3月17日

「CADオペレーターを採用するにはどうすれば良いの?」
と悩んでいる企業の方は多いのではないでしょうか。

本記事では、CADオペレーターを採用する際のポイントや求人を出す際におすすめの時期などをまとめています。

この記事を読むと、採用に関する悩みや不安が解消され、あなたの企業にどんなCADオペレーターが必要なのかが分かるでしょう。

CADオペレーターの採用を考えている企業の方は、是非読んでみてください。

CADオペレーターを採用するには?

CADオペレーターを採用するには、各種媒体を活用して積極的な採用活動を行うと良いでしょう。

現在、CADオペレーターに限らずあらゆる職業で人手が不足している傾向にあります。

そのため、企業側の採用手段が少なければ少ない程、採用する人材の選択肢が限られると同時に、他の媒体を活用して就職活動をしている人材を見つけにくくなってしまうでしょう。

求人サイトや転職エージェント、SNSなどを始めとした様々な媒体を活用して、CADオペレーターを採用する機会を増やしましょう。

CADオペレーターの年齢層

CADオペレーターの平均年齢は42.7歳で、幅広い年齢の方がCADオペレーターとして働いています。

CADオペレーターは十分な知識とスキルさえあれば、年齢はそれほど関係ないと言える職業です。しかし、豊富な知識と実務経験を持ち、即戦力としての活躍が期待出来るのは、比較的年齢が高めな人材でしょう。

一方で、長期的な雇用が可能であり、将来性に期待出来るのは20歳〜30歳辺りの人材だと言えるでしょう。

出典:CADオペレーター – 職業詳細|職業情報提供サイト(日本版O-NET)
参照:https://shigoto.mhlw.go.jp/User/Occupation/Detail/25

CADオペレーターの主な雇用形態

CADオペレーターは多様な働き方がある職業です。そのため、雇用形態にも多くの選択肢があります。その中から、特に代表的な3つの雇用形態に着目してそれぞれの特徴を見ていきましょう。

正社員

CADオペレーターに限らず言える事ですが、正社員雇用のメリットとしては人材育成に注力出来る事が挙げられます。

即戦力を必要とするのであれば、派遣や契約社員で十分でしょう。しかし自社で働くうえで必要な知識やノウハウ、さらには深い人間関係から生まれるチームワーク等は、長い時間を掛けて育成しなければ身に付ける事は出来ません。

また、実務経験を重ねつつ知識や資格を習得する事で、将来的に設計士などへのキャリアアップも見込めます。社員のキャリアアップは会社の利益に繋がると捉えて良いでしょう。

派遣社員

人材が必要な期間に絞って雇用すると、正社員雇用に比べて人件費の負担を減らす事が出来ます。それだけでなく、正社員雇用時に必要な保険関連や給与計算などが必要ないため、労務関連でも大幅なコスト削減が可能です。

また、派遣社員は即戦力の人材が集まりやすい傾向にあります。スキルや実務経験の豊富な人材を雇用出来れば、人材育成にコストを割く必要がないでしょう。

アルバイト・パート

アルバイトやパートとして働くCADオペレーターのスキルや実力は様々ですが、基本的に実務経験の少ない人材が多くを占めています。

オペレーターとしては必要最低限の業務をこなしつつ、正社員が処理している重要度の低い業務などを依頼するといった働き方が望まれるでしょう。それにより正社員は業務上の負担が軽減され、そのぶん優先順位の高い業務により力を注ぐ事が可能になり生産性の向上が見込めます。

また、ほとんどの場合がフルタイムではなく、被用者が希望する時間帯や曜日に沿った勤務形態となるため、先に述べた2つと比べて比較的少ないコストでの雇用が可能です。

CADオペレーターを採用する際のポイント

採用するのであれば経験者のみにしようと求人を絞ってしまう事で、人材が集まりにくくなってしまう可能性があります。会社の将来を見据え、意欲的で伸び代のある未経験者の採用も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

未経験者のパターンは大きく分けて3つあります。それぞれの未経験者を採用するには、まず適性を見極める事が採用する際のポイントです。

  • 建設業界への入職が未経験の場合
  • 建設業界での経験はあるがCADオペレーターが未経験の場合
  • 建設業界もCADオペレーターも未経験の場合

建設業界への入職が未経験の場合

建設業界の経験がないCADオペレーターを採用する際は、業界に向いている人材かどうかがポイントです。

どの業界にも言える事ですが、未経験の業界に入職すると深い専門知識を一から学ばなければなりません。また、迫り来る納期に対してのストレスに耐える必要もあるでしょう。

そのため、熱心に学ぶ姿勢や高い忍耐力を備えているかどうかが重要と言えます。

建設業界での経験はあるがCADオペレーターが未経験の場合

建設業界での経験はあってもCADオペレーターとしての経験がない場合は、CADオペレーターの適性があるかどうかがポイントです。

CADオペレーターはひたすらパソコンを扱って作業する仕事であるため、高い集中力が求められます。また、細かく繊細な作業も多いため、几帳面な性格である事が望ましいでしょう。

建設業界もCADオペレーターも未経験の場合

どちらも全く未経験の場合は、成長意欲が高い人物である事が重要と言えます。

入社後は建設業界とCADオペレーターのスキルや知識を学びつつ、企業の一員として働いていかなければなりません。そのため、入社後のフォローや人材育成を手厚く行う必要があります。

このように述べると未経験者に対してネガティブな印象を持ってしまいがちですが、未経験者だからこそ生み出される、アイデアやひらめきを会社にもたらしてくれる可能性があるでしょう。

CADオペレーターの求人を出す際のおすすめ時期

一般的に春前や、夏頃は求人数が多いとされています。4月からスタートする新年度や、下半期が始まる10月に向けて社内体制を整えるために、多くの企業が積極的に求人活動を行います。

一方で、雇用形態によっては求人を出すおすすめ時期が異なるため、次の4つのパターンを参考にしてみてください。

新卒採用したい場合

新卒を採用するには、早めに求人を出す事がおすすめです。大学生の場合、行動が早い学生であれば3年生の6月頃には既に企業の情報を集めているケースもあります。

仮に他の企業が先に求人を出していた場合、学生側は自社を候補に挙げる事なく志望先を決めてしまう可能性があるでしょう。

将来有望で熱意の溢れる学生を採用する機会を逃さないためにも、求人を出す時期は早いに越した事はないと言えます。

中途採用したい場合

中途採用をしたいのであれば1〜4月、6〜7月頃の求人がおすすめです。

3月で現在の職場に区切りをつけ、新年度が始まる4月から次の職場に移ろうと考えている人が多く、そのほとんどは1月頃から転職活動を始めます。

また、夏のボーナスが支給されたタイミングでの転職を考えている人は6〜7月頃に転職活動をスタートさせる事が多いため、1〜4月、6〜7月頃は中途採用市場が活発になります。

派遣社員を採用したい場合

派遣社員を採用するには1〜2月頃、7〜8月頃に求人を出すと良いでしょう。

業界や企業によって様々ですが、主にCADオペレーターが活躍する建築業界では、公共工事や企業の決算月が集中する3月と9月が繁忙期となっています。

多忙を極める繁忙期に先立って、即戦力が期待出来る派遣社員を確保する必要があるでしょう。

アルバイト・パートを採用したい場合

アルバイト・パートを採用する際は3〜4月頃、9〜10月頃に求人を出しましょう。

企業の決算月の多くは上半期が9月、下半期は3月としている事がほとんどです。それと同時に人事異動を行う企業が多く、不足した人材を補填する必要が生じます。

従って、柔軟な働き方が期待出来るアルバイトやパートの需要が高くなる傾向にあります。

CADオペレーターを採用するために年齢や実務経験の幅を広げよう

CADオペレーターは人材のバリエーションが豊富な職業です。年齢に制限を設ける事や、実務経験がある人材ばかりにこだわって採用しようとすると、会社にとって本当に必要な人材を逃してしまう可能性もあります。

今一度、自社にとって必要なCADオペレーターはどのような人材なのかを明確にして、年齢や実務経験に囚われない採用をしてみましょう。

なお、この記事を執筆する当社・株式会社夢真では、CADオペレーターの派遣サービスを運営しています。

期間・人数・場所に応じて、貴社に最適なCADオペレーターを派遣可能。一人の技術者に2人のフォロー担当をつけるなどフォロー制度も充実させており、2020年度は1,600社以上の企業様より採用いただいております。

自社で採用活動をするほど時間的・人的な余裕がない人事担当者様はぜひ一度当社にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

建設技術者派遣バナー 土木現場用技術者派遣バナー プラント技術者派遣バナー 電気設備派遣バナー