法人のお客様向けサイト【株式会社 夢真】 > 人材派遣 > CADオペレーターの求人が来ない理由とは?派遣会社やハローワークも活用しよう

CADオペレーターの求人が来ない理由とは?派遣会社やハローワークも活用しよう

更新日:2022年3月19日

「CADオペレーターの求人に応募が来ないのはなぜ?」
「どうすればいい人材を獲得できるのか知りたい」

このように、CADオペレーターの求人に応募が来なくて悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

この記事では、CADオペレーターの求人に応募が来ない要因やその対策についてご紹介しています。

この記事を読むことで、求人に応募が来ない理由を把握できるでしょう。求人の募集のことで悩んでいる方は参考にしてください。

なぜCADオペレーターの求人が来ない?

CADオペレーターは、建築業界の他にも製造業界やインテリア業界、アパレル業界、アニメ業界など、幅広い分野で必要とされている職種です。CADオペレーターを求める企業は多く、求人率が高くなっています。

しかしながら、CADを操作するには専門的な知識がある程度は必要となり、CADオペレーターの数は不足傾向にあります。そのため、求人サイトなどで人材を募集しても、応募が来ないケースは多くなるでしょう。

CADオペレーターで求人が来ない要因

CADオペレーターの数は不足傾向にありますが、求人を募集しても応募がまったく来ない場合は、募集する側にも何か要因がある可能性があります。

求人に応募が来ない主な要因を7つご紹介します。

1:競合他社よりも給与や待遇が厳しい

CADオペレーターの求人に応募が来ない場合は、同じ地域の競合他社よりも給与や待遇が厳しい可能性があります。

雇用条件のよい求人に応募者が集まるため、同じ地域の競合他社と比べて雇用条件が極端に悪いとどうしても応募者は少なくなります。求人を募集するときは、業界の平均的な給与や待遇を調べてから募集をかけることが大切です。

給与や年間休日、福利厚生などが競合他社と比べて大きく見劣りすることがないように、求人内容をもう一度見直してみましょう。

2:採用条件を限定しすぎている

求人に応募が来ない場合は、資格の有無や経験年数、学歴などの採用条件も確認してみましょう。採用条件を限定しすぎているのであれば、採用条件を緩和することで応募が来る可能性が高くなります。

採用するなら即戦力のある人が欲しいと考えるため、資格を所有している人や経験豊富な人を求めてしまいがちです。

しかし、ただでさえCADオペレーターの数が不足している中で、好条件の人だけを求めると余計に人材は集まりにくくなるでしょう。

3:長期的なビジョンが見えにくい

転職するときには長く働けることを条件に求人を探す人も多いため、長期的なビジョンが見えにくいと求人に応募が来ない可能性が高いです。

たとえ採用直後の待遇がよくても、長く働ける環境が用意されているように見えなければ、応募者にとって魅力的な求人とはいえません。

社員のスキルアップのための取り組みやキャリアアップ後の年収などの情報も見せて、長く働ける企業であることをアピールしましょう。

4:仕事内容が分かりにくい

仕事内容が分かりにくくて、求人に応募が来ない場合もあります。CADオペレーターとしか書かれていなかったり、仕事内容の説明が曖昧だったりすると、未経験者には仕事内容がイメージしづらいです。

経験者であっても、詳しい説明がないと、求人に記載されていない仕事まで担当させられるのを恐れて、応募を避ける可能性があります。

求人を募集するときは、仕事内容を分かりやすく記載することが肝心です。画像や動画なども活用して、仕事内容をできるだけ詳しく説明しましょう。

5:労働環境の雰囲気が伝わりづらい

CADオペレーターの求人に応募が来ないのは、労働環境の雰囲気が伝わりづらいからという可能性もあります。

働きやすさは人間関係にも左右されるため、職場の雰囲気が分からないと条件がよくても応募をためらうでしょう。特に建築業界の場合は、体育会系で厳しい人が多いというイメージを持っている人も少なくありません。

募集要項を淡々と伝えるだけでなく、社員インタビューなどを掲載すれば、どんな人が働いているのかイメージしやすくなるでしょう。

6:企業の知名度が低い

中小企業が求人を募集する場合は、求人の仕方が悪いのではなく、企業の知名度が低くて求人に応募が来ない可能性も考えられます。

大手企業の場合は知名度が高く、存在や事業内容が広く知られています。人手不足が深刻であっても、求人に応募者が集まりやすいでしょう。

しかし、知名度が低い中小企業の場合は、事業内容はおろか企業の存在すら一部の人にしか知られていないため、求人を募集しても対象者に興味を持たれにくいでしょう。

7:企業情報が少なすぎる

インターネットが普及した現代では、インターネットで入手できる企業情報が少なすぎることも求人に応募が来ない理由になります。

求人を探す方法はハローワークや求人サイトなどいろいろとありますが、どの方法で探すとしても、求人に応募する前に企業のWebサイトをチェックする人は多いでしょう。

企業のWebサイトに掲載されている情報が少なかったり、Webサイト自体がなかったりすると、応募を見送られてしまう可能性があるでしょう。

CADオペレーターの求人が来ない場合の対策

CADオペレーターの求人に応募が来ない場合は、求人の募集の仕方をもう一度見直してみましょう。

求人情報の書き方を工夫したり、これまでとは違う求人媒体を利用したりすると、応募が来る可能性があります。求人が来ない場合の対策を8つご紹介します。

1:WebサイトやSNSを活用する

CADオペレーターの求人に応募が来ないときに、WebサイトやSNSを活用しましょう。求人サイトなどで求人に興味を持った人は、まずはインターネットで企業の情報を調べようとする可能性が高いです。

企業の公式Webサイトがない場合はすぐに開設し、事業内容や実績などの情報を充実させて、更新もこまめに行いましょう。

WebサイトやSNSで積極的に情報を発信することで、募集要項だけでは伝えきれない企業の魅力を伝えられます。

最近はスマートフォンでインターネットを閲覧する人が多いため、サイトをスマートフォンに対応させることも必要不可欠です。

さらに、採用専用サイトも開設すると、採用に特化した情報をより詳しく伝えられるでしょう。

2:求職者が求める情報を推測する

求人を募集するときは、求職者が求める情報を推測して情報提供する必要があります。

求職者が求める情報の例としては、詳細な仕事内容や職場の雰囲気、待遇、企業側が求める人物像などが挙げられます。

求人採用は求職者の条件と企業の条件がマッチしないと成立しません。企業が伝えたい情報だけではなく、求職者が知りたがっている情報を提供することで、両者のギャップを埋められるでしょう。

3:求人情報は具体的に書く

求人情報はできるだけ具体的に書くことが大切です。

仕事内容が具体的に説明されていないと、採用後に自分がどんな仕事を任されるのか具体的にイメージできないため、求人に興味があっても応募にはつながりにくいでしょう。

1日の仕事の流れや使用するツール、ノルマや研修の有無など、具体的な仕事内容を記載することで求職者の不安を払拭することができます。

仕事内容だけでなく、待遇や労働条件なども具体的に明記しましょう。

4:完璧な人材を求めない

完璧な人材を求めると、応募者のハードルが高くなるため、求人に応募が来なくなってしまいます。

応募の条件を緩和すると、自分には無理だと応募を諦めていた人もチャレンジしやすくなるでしょう。

ただ条件を羅列するのではなく、必須条件と希望条件を分けることもポイントです。必須条件は最低限のものだけに絞り、希望条件もできるだけ減らしましょう。

5:競合他社に引けを取らない条件を提示する

少しでもよい人材を確保したいなら、競合他社に引けを取らない条件を提示することが必須です。

転職者も前の職場より条件のよい転職先を探しているため、応募求人を選ぶときは必ず同じ地域にある他の企業と条件を比較します。

特にCADオペレーターように人材が不足している職種の場合は、有資格者や経験豊富な人材を確保するのは難しいです。

多少コストをかけてでも、他社よりよい条件を提示できないと、欲しい人材は来てくれないでしょう。

6:人材派遣会社を利用する

いろいろな対策をしてみても求人に応募が来ない場合は、人材派遣会社を利用するという手もあります。

人材派遣会社とは、派遣料金を支払うと必要な数の人材を派遣してくれる会社のことです。

料金は時給制で、専門的な職種やスキルが高い人材は時給が高くなります。

派遣される人材は選べませんが、必要な期間だけ即戦力として雇用できるのがメリットです。採用コストや教育コストなども削減できます。

7:ハローワークに登録する

求人サイトや自社サイトでしか求人を募集していないのであれば、ハローワークにも登録しましょう。ハローワークは国が運営する職業安定所です。

ハローワークは多くの人が利用するため、性別や年齢を問わずいろいろな人に求人を見てもらえます。

求人サイトも運営しているため、地元以外の人にも求人を見てもらえる可能性もあります。

民間の求人サイトは掲載料がかかりますが、ハローワークは無料です。ハローワークの求人票も情報を具体的に書くと、求職者から選ばれやすくなるでしょう。

8:随時質問を受け付ける

採用専用サイトやSNSを開設したら、求職者からの質問を随時受け付けるようにしましょう。

求職者は悩みや不安を抱えている人が多いため、質問に的確に答えることで、求職者からの信頼性を高められるでしょう。

信頼関係を構築するためには、できるだけ早めの返信を心掛けることが大切です。求職者から質問が来たら、24時間以内に返信するようにしましょう。

求人が来ない場合にWebサイトやSNSを活用するメリット

SNSが普及したことで、最近はSNSを活用して求人活動を行う企業が増えています。SNSで、求人活動を行うことをソーシャルリクルーティングといいます。

企業のWebサイトをSNSと併用するとより高い効果を得られる可能性があるため、求人にもWebサイトやSNSを積極的に活用していきましょう。最後に、求人が来ない場合にWebサイトやSNSを活用するメリットを8つご紹介します。

  • 求人サイトよりも自由に書ける
  • 求人サイトとの相乗効果を得やすい
  • 情報を拡散しやすい
  • 求職者の親近感を得やすい
  • 画像を載せやすい
  • 若い世代に注目されやすい
  • 効果が継続しやすい
  • 運用コストが抑えやすい

1:求人サイトよりも自由に書ける

求人サイトに掲載してもらうときは、限られたスペースの中でルールを守りながら企業の魅力を伝える必要があります。

自社のWebサイトなら自由にデザインが決められて、スペースも好きなだけ使えるため、求人サイトよりも自由に情報を伝えられます。

2:求人サイトとの相乗効果を得やすい

求人サイトで気になる求人を見つけると、応募前にインターネットで企業の名前を検索して、企業について詳しく調べようとする人が多いです。

自社のWebサイトやSNSで日頃から情報を発信しておけば、WebサイトやSNSに検索でたどり着いた人に求人サイトで伝えきれない企業の魅力をアピールできます。

3:情報を拡散しやすい

TwitterやインスタグラムなどのSNSは拡散力が強いため、情報を発信するとフォロワーからそのまたフォロワーへと情報が拡散されていきます。

フォロワー数が少ないうちは効果が低いですが、地道にフォロワーを増やしていけば、いずれはたくさんの人に自社のことを知ってもらえるでしょう。

4:求職者の親近感を得やすい

WebサイトやSNSでの情報発信を社員に手伝ってもらうと、より職場の雰囲気が伝わりやすくなるため、求職者に親近感を持ってもらえます。

採用に関する情報だけでなく、いろいろな情報を掲載することで、まずは企業のことを知ってもらうことが大切です。知名度が上がれば応募者も増えるでしょう。

5:画像を載せやすい

SNSの特徴の1つに、画像を載せやすいということがあります。画像を活用すれば、社員が働くオフィスの様子や社内イベントの様子など、文字だけでは伝わりづらい企業の雰囲気を伝えやすいです。

Twitterやインスタグラムなどは、投稿の文字数が少なくてもよいため、ブログなどより気軽に続けられるところもメリットといえます。

6:若い世代に注目されやすい

SNSを活用すると、求人の対象者となる若い世代に注目されやすいです。SNSはリアルタイムでの情報発信ができるため、若い世代はリアルな情報を求めてSNSで情報収集する人が多いからです。

今後ソーシャルリクルーティングが一般化していく可能性も高く、早めに運用を始めることで将来の安定した雇用につながるでしょう。

7:効果が継続しやすい

求人サイトに求人を掲載するとお金がかかりますが、掲載期間が限られていて、ずっと掲載してもらえるわけではありません。

自社のWebサイトやSNSなら情報をずっと掲載し続けられるため、効果も継続しやすいです。

8:運用コストが抑えやすい

Webサイトを運営するとサーバー代などがかかりますが、SNSの利用料は無料です。そのため、自社サイトやSNSを運用すれば、コストを抑えて求人活動を行えるでしょう。

CADオペレーターの求人が来ない場合は夢真にご相談を

CADオペレーターの求人に応募が来ないときは、募集の仕方を見直してみることで応募が増える可能性があります。さまざまな工夫をしたのにそれでも応募が来ない場合は、このサイトを運営する当社・株式会社夢真にご相談ください。

当社は30年以上に渡って建設業界・施工管理技術者に特化した派遣サービスを運営しており、5,500名以上の人材を保有しています。

そのため、期間・人数・場所に応じて、貴社に最適なCADオペレーターを派遣可能で、かつ一人の技術者に2人のフォロー担当をつけるなどフォロー制度も充実させており、2020年度は1,600社以上の企業様より採用いただいております。

自社で採用活動をするほど時間的・人的な余裕がない人事担当者様はぜひ一度当社にご相談ください。

お問い合わせはこちらから

建設技術者派遣バナー 土木現場用技術者派遣バナー プラント技術者派遣バナー 電気設備派遣バナー