法人のお客様向けサイト【株式会社 夢真】 > 人材派遣 > 採用基準作成で得られるメリット4選|設定ポイントと作成するコツ

採用基準作成で得られるメリット4選|設定ポイントと作成するコツ

更新日:2020年12月11日

採用基準とは

採用基準とは、自社で活躍する人材であろう人の一定の要件であり、採用活動で適した人物を採用するための指標です。もし、採用活動が上手くいっていない場合、採用基準に問題を抱えていることがあるでしょう。

本記事では、採用基準作成で得られるメリット、設定のポイントについて紹介していきます。目的とする人材の採用をスムーズにしていきたい人事の方は、参考にしてみてください。

採用基準の必要性

採用基準は、面接官の主観的判断における選考や、採用のミスマッチを抑制する上で非常に重要です。

例えば、面接官も人間なので主観で物事を判断する場合があります。自社に必要な人材像が違えば、選考を通過する人材にズレが生じていくでしょう。

入社前に聞いていた仕事内容と異なれば採用のミスマッチとなり、採用してもすぐに離職してしまう可能性があります。採用基準が一定であればこれらのトラブルを防止できるでしょう。

採用基準作成で得られるメリット4選

はじめに、採用基準作成で得られるメリット4選について紹介します。採用基準を作成するには、時間や労力がかかります。採用基準を本当に作成すべきなのか迷っている人事の方は、採用基準のメリットを把握しておきましょう。

採用基準作成で得られるメリットについては、人材選考を公平にできる・早期離職を防げる・合否判断の方向性が明確になる・ミスマッチの防止ができるなどがあります。

採用基準作成で得られるメリット1:人材選考を公平にできる

採用基準作成で得られるメリットとして1つ目は、人材選考を公平にできることです。面接官が数人いれば、その人の主観による評価になるため差が出てきます。

人材選考に関して曖昧にしてしまうと、意見が合致することは難しいでしょう。見極めるべき判断基準を作成できれば、判断が公平になり選考がスムーズになります。

採用基準作成で得られるメリット2:早期離職を防げる

採用基準作成で得られるメリットとして2つ目は、早期離職を防げることです。採用活動で一番の損害は、早期離職ではないでしょうか。時間や労力、資金を使って採用活動をしたにもかかわらず、すぐに離職してしまえば状況は振り出しに戻り、結果としてマイナスになります。

自社に合った採用ができれば、入社後の定着率がアップするため、早期離職につながるでしょう。信頼をおける心強い仲間を増やすためにも、採用基準は必要です。

採用基準作成で得られるメリット3:合否判断の方向性が明確になる

採用基準作成で得られるメリットとして3つ目は、合否判断の方向性が明確になることです。採用基準があれば、「この人物は適正が高い」という合否判断をスピーディに進められます。

また、様々な経歴や魅力を持つ人材が応募する可能性があり、元々欲しかった人材像ではなく、違った系統の人を採用してしまうこともあります。結果的にそれでも良いケースもありますが、合否判断に時間がかかってしまう懸念があるでしょう。

採用基準作成で得られるメリット4:ミスマッチ防止ができる

採用基準作成で得られるメリットとして4つ目は、ミスマッチの防止ができることです。明確な採用基準によって人選は公平になるため、入社後のミスマッチが防げます。

求職者にとっての不幸は、自分の能力が活かせると思い入社したものの、必要とされる経験や技術が異なり「入社したら合わなかった」ということです。採用基準があれば活躍できる人材とマッチした人材が採用できるため、このような不一致は減っていくでしょう。

施工管理や現場監督の採用基準6選

次は、施工管理や現場監督の採用基準6選について紹介します。施工管理や現場監督の採用基準には、コミュニケーション力があるか・行動力があるか・誠実さがあるか・主体性があるか・熱意があるかなどがあります。

施工管理や現場監督の能力が現場の質につながるため、ここであげた能力1つでも不足したくありません。

施工管理や現場監督の採用基準1:コミュニケーション力があるか

施工管理や現場監督の採用基準として1つ目は、コミュニケーション力があるかです。コミュニケーション能力は、発注元のクライアントや現場の職人に信頼されるために、施工管理や現場監督にとって必要な能力です。

現場では、時として意見のぶつかり合いも生じます。自分の意見を伝えつつ、相手の要望をくみ取り折り合いをつけていくには、話す力・聴く力が重要になるでしょう。

施工管理や現場監督の採用基準2:行動力があるか

施工管理や現場監督の採用基準として2つ目は、行動力があるかです。明確な判断と行動力に優れたリーダー的存在が現場では求められます。

「こうしよう、ああしよう」と意見を出し、実際に自分から行動を起こさなければ、施工管理や現場監督は務まりません。判断力や行動力には、それなりの自信もなければならないため、相応の経験値や技術も必要になるでしょう。

施工管理や現場監督の採用基準3:協調性があるか

施工管理や現場監督の採用基準として3つ目は、協調性があるかです。現場ではたくさんの人が関わっています。自分よりも経験が長いベテランの職人もいれば、最近入社した新人もいます。

周りの意見に耳を傾けず、自分についてこいという精神が強すぎれば、当然人間関係に不和が生まれます。周囲の状況を察知し、上手に意見を取り入れる度量の広さが重要になるでしょう。

施工管理や現場監督の採用基準4:誠実かどうか

施工管理や現場監督の採用基準として4つ目は、誠実かどうかです。作業は、決められた予算内と工期内で行うものであり、守られなければ契約違反になります。

施工管理や現場監督の仕事は、会社としての評価や利益に結びついた仕事なので、与えられた内容に対して誠実にこなしていく力が必要でしょう。

また、人間関係が濃い現場の仕事では、信頼が非常に重要になります。誠実な人柄であれば、人から信頼が得られます。

施工管理や現場監督の採用基準5:主体性があるか

施工管理や現場監督の採用基準として5つ目は、主体性があるかです。自分の意志・判断に基づいて行動できなければ、現場では頼りなく、とても施工管理や現場監督のポジションは務まらないでしょう。

相手の意見を取り入れることは必要ですが、自分の意見がコロコロ変わっていては、現場の責任者として信頼されないでしょう。

施工管理や現場監督の採用基準6:熱意があるか

施工管理や現場監督の採用基準として6つ目は、熱意があるかです。熱心な気持ちがあれば、現場で好まれる存在になります。逆に、与えられた仕事を漠然と行うタイプは、周りを引っ張っていく魅力に欠けるでしょう。

現場での作業は、長期に渡ることが多く、労力を費やすため、施工管理や現場監督にもそれに応じた情熱がなければ職人に見抜かれてしまいます。現場の意識を団結させる意味でも、熱意の有無が問われるでしょう。

施工管理や現場監督にまつわる採用基準を作成するコツ4選

最後に、施工管理や現場監督にまつわる採用基準を作成するコツ4選について紹介していきます。採用基準の作成を成功させなければ作った意味がないことになります。一定の判断ができるよう、コツをつかみましょう。

施工管理や現場監督にまつわる採用基準を作成するコツには、募集背景の把握・転職市場の動向の把握・自社独自の採用基準・求める人物像の定義があります。

採用基準を作成するコツ1:募集背景の把握

採用基準を作成するコツとして1つ目は、募集背景の把握です。募集背景とは、そのポジションを採用しなければならない理由のことです。

今回は、施工管理や現場監督の採用についてなので、前任者の持っていた技術や性格などを把握しておくことが大切です。前任者に不足していた部分があれば、その点も踏まえて確認しておきましょう。

採用基準を作成するコツ2:転職市場の動向の把握

採用基準を作成するコツとして2つ目は、転職市場の動向の把握です。現状の転職市場を知ることで、採用活動の難航を防げます。現在は人手不足という背景があり、売り手市場です。人材難でなかった頃を想定していると人が集まりません。

同じような募集であれば、条件が良い方に応募が殺到するのは当然であり、似たような募集であれば、求職者に仕事内容などが伝わりやすいよう気遣いをしている求人に人気が集まるでしょう。

採用基準を作成するコツ3:自社独自の採用基準

採用基準を作成するコツとして3つ目は、自社独自の採用基準です。自社にとってどのような人物が優秀なのかは、仕事内容や求めるニーズによって違います。将来的にどういう方向性があるのかなども考慮する必要があるでしょう。

そのため、自社独自の採用基準を作らなければなりません。自社の中で高く評価されている人物に共通する行動の特性や思考の傾向を確認し、自社独自の採用基準を洗い出しましょう。

採用基準を作成するコツ4:求める人物像の定義

採用基準を作成するコツとして4つ目は、求める人物像の定義です。求める人物像の定義とは、どういった人材が欲しいのか、実在する人物のように詳細に設定することをいいます。求める人物像の定義には、業務上不可欠なスキルや資格を明確にしておきましょう。

求める人物像を定義することで、求人票や求人広告の記載で曖昧な表現を避けることが可能となり、面接で「この人物はうちに合っている」と判断できるようになります。

施工管理や現場監督の採用基準を作成して効率のいい採用をしよう

施工管理や現場監督の仕事は、適正が問われます。採用には、ある程度指標が必要になるため、採用基準なしで希望の人材を獲得することは難しいでしょう。

仮に魅力的な候補者が採用できたとしても、採用のミスマッチによってすぐに離職してしまうと、採用労力やコストがすべて無駄になってしまいます。施工管理や現場監督の採用基準を作成して、効率のよい採用をしていきましょう。

建設技術者派遣バナー 土木現場用技術者派遣バナー プラント技術者派遣バナー 電気設備派遣バナー