法人のお客様向けサイト【株式会社 夢真】 > 人材派遣 > 転職回数の数え方3選|転職回数が多い人の特徴や選考のチェックポイントは?

転職回数の数え方3選|転職回数が多い人の特徴や選考のチェックポイントは?

更新日:2021年1月8日

転職回数は何回からが多いの?

これまでは同じ職場で長く働き続けることが良いこととされてきました。しかし、今ではキャリアアップや新しい職場環境を求めるなどの理由で転職をする人は増えています。30代で転職を経験する人は4人に1人の割合と言われており、2回以上の転職を経験する人もいます。

転職に対するイメージは企業によって異なり、転職回数が1回でも気になるという企業もあれば、5回くらいまでは気にしないという企業もあります。ただし、転職回数が3回目を超えると、転職回数が多いと気にする企業は増えてきます。

転職回数の数え方3選

転職回数が多いことは、転職活動に影響を与えることもあります。その転職回数には正しい数え方や数え方に注意点などがあります。

もし、これらを把握しておかないと、正しい転職回数が数えられず、転職活動で誤って転職回数を多く数えてしまったり、少なく数えてしまったりする可能性があります。そのようなことが起こらないように、転職回数の正しい数え方を把握しておくようにしましょう。

転職回数の数え方1:一般的にアルバイトは含まれない

転職活動をしている間は収入がなくなってしまうので、アルバイトをするという人もいます。そのアルバイトを転職回数に含めるべきか悩んでしまう人がいます。

しかし、一般的にアルバイトは転職回数には含まれないので、転職回数に含めないように注意しましょう。

また、アルバイトは転職回数には含みませんが、履歴書の職歴に書いても問題はありません。そのため、そのアルバイトの経験が転職先の企業で活かせるという場合には、アピールとして職歴に記載されることもあります。

このとき、そのアルバイトを転職回数に含めないように注意が必要です。

転職回数の数え方2:基本的に在籍会社数から1社を引く

転職回数を数える際に、現在行っている転職活動も転職回数に含めるか悩んでしまう人もいます。しかし、転職回数は社員として企業に在籍して1回という数え方をするので、現在行っている転職活動は転職回数には含めません。

また、初めて就職した企業も転職を行ったわけではないので転職回数には含めません。そのため、就職活動と現在行っている転職活動は転職回数に含めないので、社員として在籍した企業の数から1社引くことが転職回数の簡単な数え方となります。

転職回数の数え方3:派遣先の企業の場合

転職回数は、社員として在籍した企業の数から1社引いた数となります。この社員には正社員だけでなく、派遣社員も含まれます。

派遣社員は職場が変わることがありますが、何社での仕事を経験していたとしても、基本的には派遣元会社を雇用主として転職回数は1回という数え方をします。そのため、派遣先が変わった回数を転職回数として含めないように注意しましょう。

転職回数が多い人の特徴6選

転職をする人は増えています。そのため、転職回数をあまり気にしないという企業もあります。しかし、あまりに転職回数が多い場合には気にしてしまうという企業もあります。

転職回数が多い人にはいくつかの特徴が見られることがあります。その特徴には選考の判断に影響を与えるものもあるので、応募者の転職回数が多い場合には、しっかりと見極める必要があります。

転職回数が多い人の特徴1:飽きやすい

飽きやすい性格をしている人は、仕事を続けているうちに仕事に面白みを感じなくなってしまいます。仕事に面白みを感じなくなることで、自分にはもっと適した企業があると感じ、新しい仕事や職場環境などを求めて転職を検討します。

このようなことを繰り返すので、1つの職場に長く留まることができず、転職回数を増やしてしまいます。そのため、飽きやすい人を採用してしまうと、同じ理由で転職を検討されてしまう可能性があります。

転職回数が多い人の特徴2:責任感に欠けている

責任感がない人は、仕事でミスをしたり、うまくいかないことがあると責任転嫁をしてしまったりすることがあります。

自分は悪くないと思っているので、職場や仕事に対して不満の感情を持つようになり、自分に適した職場環境を求めて、今抱えている仕事や役割を放棄して転職をしてしまいます。

しかし、責任感がないという性格が変わらなければ、転職先でも同じことを繰り返してしまいます。そのため、再び転職をして転職回数を増やしていきます。このような人は職場の雰囲気を壊してしまうこともあります。

転職回数が多い人の特徴3:行動力に長けている

転職回数が多いことは悪い印象を与えることも多いですが、良い印象を与えることもあります。転職の理由は人によって異なりますが、その転職を行うためには今の仕事を辞めて新しい職場を求めて転職活動を行わなければいけません。

仕事を辞めたり、転職活動を行ったりするには大きなエネルギーが必要であり、それを実行するための行動力も必要になります。

そのため、もしそのような人が自分に適した職場を見つけることができれば、その行動力が仕事で活かされることもあります。

転職回数が多い人の特徴4:多角的に考えられる

1つの企業に長く勤めることは良いことですが、1つの企業での仕事しか経験していないので、その企業の事業内容や強みなどに沿った成長をすることになります。そのため、知識やスキル、仕事のやり方などの成長に偏りができてしまうこともあります。

しかし、転職を繰り返していろいろな職場での仕事を経験していれば、いろいろな知識やスキル、仕事のやり方などを吸収しているので、多角的に物事を考えることができ、これまでになかった発想を持ち込んでもらえる可能性があります。

転職回数が多い人の特徴5:様々なスキルがある

転職回数が多い人の中にはキャリアアップを目的にして、いろいろな職場でいろいろなスキルを吸収するために転職をしている人もいます。

そのような人は明確な目的を持っているので、必要なスキルを身につけていたり、これまでの転職によって人脈を広げていたりなどします。そのため、即戦力として活躍することを期待できます。

転職回数が多い人の特徴6:ストレスに耐えられない

仕事をしていれば、いろいろなストレスを受けることになります。単純にストレスへの耐性が弱くて、その仕事のストレスに耐えられずに転職をしているという人もいます。

このような人は自分にとって嫌なことがあるとすぐに仕事を辞めてしまうことがあります。そのため、次の転職について考えていなかったり、転職をしてもすぐに辞めてしまったりなどしてしまいます。

転職回数が多い人を選考するときのチェックポイント

転職回数が多い人の中には、ストレスに弱い、飽きやすい性格などが原因で転職回数が多くなっている人もいますが、転職に明確な理由を持ってスキルや知識、経験をしっかり積み重ねてきている人もいます。

そのため、転職回数が多い人を選考する際には、その転職理由や今後の目標などから、安易な転職ではなく、必要な転職をしてきたのかをチェックするようにしましょう。

転職回数の数え方を知ろう!

転職を経験する人は増えています。そのため、転職回数が多い人が選考に応募してくることもあります。転職回数は選考の判断材料となることもあるので、その正しい数え方は把握しておきましょう。

また、転職回数だけで応募者のことを判断せず、その転職理由もしっかりと確認するようにしましょう。

建設技術者派遣バナー 土木現場用技術者派遣バナー プラント技術者派遣バナー 電気設備派遣バナー