法人のお客様向けサイト【株式会社 夢真】 > 人材派遣 > 施工管理士は採用難?転職を考える理由と魅力的な求人募集を書くポイント5つ

施工管理士は採用難?転職を考える理由と魅力的な求人募集を書くポイント5つ

更新日:2020年12月14日

施工管理士の採用は難しい?

建築工事や土木工事の行程や安全、品質の管理を行う施工管理職とは、建設業にとって必要不可欠な職種ということもあり、採用が難しい職種といわれています。

そもそも施工管理職に就くには、施工管理技士という国家資格が必要になり、誰でもできる仕事ではありません。工事現場では必要とされる存在なので、需要に対して供給が間に合わないのが現状です。

施工管理士の求人募集倍率

厚生労働省が発表している2019年の職業別有効求人倍率を見ると、施工管理職が含まれる建築・土木・測量技術者は、6.69倍という結果が出ています。

1人の求職者に対し約7件の求人があることになるため、施工管理職の求人募集倍率は非常に高く採用難だということが分かります。

施工管理士が転職を考える理由5つ

採用難である施工管理職を採用できたにもかかわらず、離職されてしまうケースは少なくありません。次は、施工管理士が転職を考える理由5つを紹介します。

施工管理士が転職を考える理由には、お給料が上がりにくい・人間関係に問題がある・休日出勤が多い・業務量の負担がある・キャリアアップを考えている、などがあります。 施工管理職が転職を考える理由について、自社でも当てはまる点がないか考えておきましょう。

施工管理士が転職を考える理由1:お給料が上がりにくい

施工管理士が転職を考える理由として1つ目は、お給料が上がりにくいことです。

施工管理士は、関わった案件が大きい場合と、小さな案件でも数をこなしていくと年収が上がりやすくなる傾向がありますが、中小企業の場合、年収が伸びにくい点が見られます。

納期に間に合わせるため残業など労働負担も多いことから、見合ったお給料の上がりや評価が適正でないと感じると、待遇の良い会社に転職を考えるようになるでしょう。

施工管理士が転職を考える理由2:人間関係に問題がある

施工管理士が転職を考える理由として2つ目は、人間関係に問題がある場合です。現場では、様々な年齢の人間が働いています。

気難しい職人気質な人もいる中で、危険を伴う作業も多く、独特の緊張感の中で上手く折り合いをつけていかなければなりません。人間関係によって雰囲気が悪い場合、転職を考えるきっかけになるでしょう。

施工管理士が転職を考える理由3:休日出勤が多い

施工管理士が転職を考える理由として3つ目は、休日出勤が多いことです。施工管理士が関わる建築工事や土木工事では、納期があるため、残業や休日出勤が多くなることがあります。人手不足の状態を慢性的に抱えている職場であれば、こうしたケースが増えてくるでしょう。

休日出勤などが増えれば、プライベートを犠牲にすることも増えてしまうため、転職を決意する方も少なくありません。

施工管理士が転職を考える理由4:業務量の負担がある

施工管理士が転職を考える理由として4つ目は、業務量の負担があることです。施工管理士は、顧客から急に仕様を変更・追加されることもあります。仕様に変更や追加があればスケジュールも変わり、新たな資材の発注や現場作業員への説明も発生します。

顧客と現場の間に立つ仕事なので、人間関係でも気を使う部分が多く、やりがいより業務量の負担が重く感じてくると、転職を意識するでしょう。

施工管理士が転職を考える理由5:キャリアアップを考えている

施工管理士が転職を考える理由として5つ目は、キャリアアップを考えていることです。施工管理士には、資格を持って渡り歩くような働き方もあります。

大きな予算を動かす現場、自分がやりたい経験を積める現場など、渡り歩く働き方をしたいと考えた時は転職を考えるでしょう。

あえて未経験の工種を選択するケースもあります。現場をいくつか経験することで人脈も増え、キャリアアップにつながっていくでしょう。

施工管理士の募集を増やす求人のポイント5つ

次は、施工管理士の募集を増やす求人のポイント5つについて紹介していきます。たくさんの求人に埋もれてしまわないよう、求職者の目に留まるように伝えたいことを明確にしておきましょう。

施工管理士の募集を増やす求人には、自社ならではの魅力をアピールする・ターゲット層を考える・仕事内容がイメージ出来るように書く・職種表記を工夫する・面接日程は求職者に合わせて決める、などのポイントがあります。

募集を増やす求人のポイント1:自社ならではの魅力をアピールする

施工管理士の募集を増やす求人のポイントとして1つ目は、自社ならではの魅力をアピールすることです。そこで働いている社員がいる以上、魅力として訴えていける点は存在します。

これといったアピールポイントが見つからない場合は、社内でアンケートなどを一度取ってみても良いでしょう。社風をアピールする場合は、何人で働いているのか、なぜアットホームなのか、男女比やどういう人が多いのかなど具体的に記載しましょう。

募集を増やす求人のポイント2:ターゲット層を考える

施工管理士の募集を増やす求人のポイントとして2つ目は、ターゲット層を考えることです。施工管理士といっても経験値の差があるため、欲しいターゲットに合わせて求人の内容を考えましょう。

現場数や工期、残業については「月平均〇h、みなし残業〇h」など詳細に記載すると現場で働いたときのイメージを持ちやすくなるでしょう。待遇面で転職してきた可能性もあるため、昇給に関わる評価制度の基準、年収例も載せましょう。

募集を増やす求人のポイント3:仕事内容がイメージ出来るように書く

施工管理士の募集を増やす求人のポイントとして3つ目は、仕事内容がイメージ出来るように書くことです。仕事の概要しか記載しないと「この仕事ならできそうだ」ということはわかりますが、この会社で働きたい気持ちは生まれにくいでしょう。

会社の特徴や、入社後の担当する仕事量、仕事のおおよその期間などをピックアップして記載し、仕事のイメージがつくように配慮する必要があります。

募集を増やす求人のポイント4:職種表記を工夫する

施工管理士の募集を増やす求人のポイントとして4つ目は、職種表記を工夫することです。職種表記をただ「施工管理」とだけ書いてしまうのは、担当する仕事の領域がわかりにくいため志望しにくい印象になります。

「戸建住宅の施工管理」や「解体工事の現場監督」、「主に道路・橋梁を担当する施工管理士」などわかりやすい職種表記がおすすめです。

募集を増やす求人のポイント5:面接日程は求職者に合わせて決める

施工管理士の募集を増やす求人のポイントとして5つ目は、面接日程は求職者に合わせて決めることです。面接日程を企業側が指定するところもありますが、求職者にとって自分の都合を考慮してくれる企業の印象は良いでしょう。

仕事についたまま転職活動している求職者も多く、夜遅くにしか面接に行けなかったり、土日しか休みがなかったりすることもあります。Web面接や電話面接を活用し、求職者に合わせる姿勢を持ちましょう。

施工管理士の求人募集を出す方法5つ

最後に、施工管理士の求人募集を出す方法5つについて紹介します。

施工管理士の求人募集を出す方法には、派遣会社の利用・求人サイトの利用・人材紹介会社の利用・同業者から紹介してもらう・採用ツールの利用、などがあります。

施工管理士の求人募集を出す方法1:派遣会社の利用

施工管理士の求人募集を出す方法として1つ目は、派遣会社の利用です。派遣会社は、複数名をすぐに派遣してもらえることもあり、短期や長期のニーズに合わせた対応が可能です。工期など自社の状況に合わせやすい特徴があります。

施工管理技士は専門職なので派遣で働いた場合でのお給料が高く、質の高い施工管理技士が派遣で活躍しているケースもあります。

施工管理士の求人募集を出す方法2:求人サイトの利用

施工管理士の求人募集を出す方法として2つ目は、求人サイトの利用です。求人サイトであれば、全国各地の求職者に求人情報を出すことが可能です。求職者側としても、自分の都合の良い時に求人を見て応募すればよいので、多くの求職者が利用しています。

ただ、似たような募集も多く、求職者に響かない内容の場合、別の企業へ流れてしまいやすいデメリットもあるでしょう。

施工管理士の求人募集を出す方法3:人材紹介会社の利用

施工管理士の求人募集を出す方法として3つ目、人材紹介会社の利用です。人材紹介会社を使用することで、採用活動の工数を抑えることが可能です。通常業務を抱えつつ、採用活動をしなければならない体制の会社の場合は、非常に役立つでしょう。

人材紹介会社の場合、成功報酬型が多いため、無駄なコストをかけずに人材を集めることも大きな利点でしょう。

施工管理士の求人募集を出す方法4:同業者から紹介してもらう

施工管理士の求人募集を出す方法として4つ目は、同業者から紹介してもらうことです。仕事の関係者、従業員の知人など、施工管理職の人材につながりがあるところから紹介してもらうと良いでしょう。

事前にどういう会社なのか説明できるため、入社後のミスマッチの低さや、離職率の低下などメリットがあります。

施工管理士の求人募集を出す方法5:採用ツールの利用

施工管理士の求人募集を出す方法として5つ目は、採用ツールの利用です。採用ツールとは、企業が採用活動で使用するツールであり、採用サイト・動画コンテンツ・SNS・オンライン会社説明会などがあります。

ネット社会の現在は、インターネットを駆使して転職活動する人が多いため、これらを活用することが採用を成功させる近道になるでしょう。

求職者に寄り添った求人募集を掲載しよう

施工管理士は採用難なのか、施工管理士が転職を考える理由と魅力的な求人募集を書くポイント5つについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

近年少子高齢化の波を受け、施工管理士は非常に人手不足であり、採用を成功させるためには、職種表記の工夫や自社の魅力を求職者にわかりやすく伝えられるか、ターゲットにあった求人を公開できるかなどが重要です。

求職者に寄り添った求人募集を掲載していきましょう。

建設技術者派遣バナー 土木現場用技術者派遣バナー プラント技術者派遣バナー