法人のお客様向けサイト【株式会社 夢真】 > 労務 > 採用オウンドメディアが注目されている!その理由4つと運用方法を解説

採用オウンドメディアが注目されている!その理由4つと運用方法を解説

更新日:2020年11月26日

採用オウンドメディアってなに?

採用オウンドメディアを導入する企業が増加傾向にあります。少子高齢化の影響で、多くの企業で人材不足が顕著です。新卒採用を試みても定員割れも多く、各企業とも従来型の採用戦略からの転換を迫られています。

 

採用オウンドメディアは、新たな採用戦略の一つです。ここでは、採用に特化したブランディングメディアである採用オウンドメディアについて解説します。

採用オウンドメディアと求人サイトの違い

採用オウンドメディアは社員の「採用」に特化した、自社のブランディングメディアです。これに対して求人サイトは、多くの企業が集まる「求人広告」を集めた広告メディアとなります。

 

採用担当者はこの違いを正確に理解しておく必要があると言えるでしょう。したがって、採用オウンドメディアには「広告」のイメージはありません。企業の仕事内容や働き方など、求職者が「知りたい情報」が主に掲載されているのが特徴です。

採用オウンドメディアが注目される理由4つ

採用オウンドメディアは、採用環境の変化から生まれたメディアです。「バブル崩壊」「リーマンショック」により、日本の雇用環境は大きく変化しました。

 

さらに、求職者の「仕事」「就活」に対する意識も大きく変わったと言えるでしょう。こういった変化に対応すべく生まれたのが採用オウンドメディアです。ここでは、採用オウンドメディアが注目される理由について具体的に解説します。

オウンドメディアが注目される理由1:より多くの求職者にアピールできるため

採用オウンドメディアには、より多くの求職者にアピールできるコンテンツが詰まっています。自社サイト内の1つのコンテンツとは異なり、採用情報に加えて企業理念や働き方など多くのコンテンツが掲載されているのが特徴です。

 

最近では多くの求職者が「給与」などの処遇よりも「働き方」を優先する傾向にあります。したがって、求職者のニーズに沿ったメディアの構築は不可欠だと言えるでしょう。

オウンドメディアが注目される理由2:情報収集のリテラシーが高まっているため

インターネットの普及により、求職者は企業情報を詳細に収集するようになりました。事前に必要な情報を収集することで、採用後のミスマッチを防ぐのが目的です。

 

また、企業も求職者の業界・企業分析を求めており情報収集のリテラシーが高まっていると言えるでしょう。採用オウンドメディアは採用に特化したメディアとすることで、求職者の求める情報を詳細に提供することが可能となったと言えます。

オウンドメディアが注目される理由3:採用難なってきているため

企業の採用難は年々深刻度を増しています。募集すれば人が集まる時代は終わり、いかに求職者を集めるかが採用担当者の大きな課題です。そのため、求職者からの注目を集められるメディア戦略が重要となっています。

 

従来型のメディア戦略からの脱却を求められているのが現状です。採用オウンドメディアは「採用広告」とは一線を画すコンテンツを提供することで、採用難に対応できる新たなメディアだといえるでしょう。

オウンドメディアが注目される理由4:求職者の価値観に対応できるため

採用オウンドメディアには様々なコンテンツがちりばめられ、各企業の個性が反映されています。主なコンテンツは「自社の理念・社会的役割」「社風・働き方」「職務記述書」の3点です。

 

採用担当者は求職者の価値観に対応するため、コンテンツの内容には様々な趣向を凝らしています。言い換えれば、採用担当者は求職者の価値観を的確に把握できなければ、魅力的なコンテンツは作成できないといえるでしょう。

採用オウンドメディアのメリット7つ

効果的な採用オウンドメディアを作り上げるには、そのメリットを理解することが不可欠です。採用オウンドメディアの目的は、優秀な人材を効率的に集めることになります。

 

しかし、目的だけを把握していても求職者にアピールするメディアを作ることはできません。採用オウンドメディアのメリットを理解し、享受できるメディア作りを意識することが大切です。そこで、採用オウンドメディアがもたらすメリットを紹介します。

採用オウンドメディアのメリット1:社内資産として残せる

採用オウンドメディアは一度立ち上げると、社内資産として長く残すことが可能です。求人サイトに求人広告を出した場合、契約期間満了とともに掲載内容は削除されます。

 

毎回、求人広告を作成し契約する作業は非常に非効率だと言えるでしょう。採用オウンドメディアであれば、自社サイト同様に削除されることはありません。また、コンテンツを積み重ねることで、充実したメディアに成長させることが可能です。

採用オウンドメディアのメリット2:求職者とのミスマッチが防げる

せっかく採用した社員の早期退職も、採用担当者の頭を悩ませる問題です。社員の思い描いていた職場と現実のミスマッチが、早期退職の主な原因となります。採用オウンドメディアは、企業の社風や働き方も詳細に掲載されたメディアです。

 

したがって、求職者とのミスマッチを防ぐ点でも大きなメリットがあると言えます。したがって、採用担当者はミスマッチを防ぐといった観点からもコンテンツを吟味することが大切だと言えるでしょう。

採用オウンドメディアのメリット3:認知度が上がる

採用オウンドメディアの魅力は「拡散力」が強いことです。近年、採用活動においてWebサイトやSNSは不可欠だと言えます。内容が充実した採用オウンドメディアであれば、求職者間で拡散され、自社の認知度向上が見込まれるでしょう。

 

また、最初から採用オウンドメディアとSNSを連携しておくのも有効な手立てです。ただし、コンテンツが充実していないと、マイナスな意味で認知度が上がってしまうので注意しましょう。

採用オウンドメディアのメリット4:自社の魅力が伝わりやすい

自社サイトの一部と異なり、採用に特化したオウンドメディアには情報の制限がありません。求職者に自社の魅力を伝えるには、ある程度のコンテンツのボリュームが必要です。

 

採用オウンドメディアであれば、採用担当者が掲載したいコンテンツを制限なく掲載できます。動画や写真、社員のインタビューなど切り口は様々です。ただし、何もかも詰め込んでしまうと散漫な印象となるので注意が必要となります。

採用オウンドメディアのメリット5:即戦力の人材が採用できる

採用オウンドメディアを構築する場合、ターゲットとする人材を絞り込むことが重要です。即戦力の人材を求める場合、コンテンツの内容も転職を希望する人材に合わせることが不可欠になります。

 

言い換えれば、ターゲットを絞り込むことで、自社が求める経験値やスキルを有した即戦力を採用できると言えるでしょう。即戦力の採用は難しいとされていますが、魅力的なメディアを構築することで競合他社に差をつけることも可能です。

採用オウンドメディアのメリット6:採用力が上がる

採用オウンドメディアを立ち上げさえすれば、多くの求職者が集まるわけではありません。自社で検討するだけでなく、既に成功を収めているメディアを参考にするなど、コンテンツを充実させることが不可欠です。

 

幾度となくPDCAサイクルを回すことで、徐々に認知度が上がるのが一般的であり、当初は厳しい状況が想定されます。しかし、自社の採用力は確実にアップすることは大きなメリットです。

採用オウンドメディアのメリット7:転職への意識が上がる

採用オウンドメディアは新卒だけでなく、転職者へのアピール効果も期待できます。転職を検討している多くの人は求人サイトなどに登録して、自分に合った職場を探しているのが実情です。

 

しかし、求人サイトだけでは情報量が不足しており、転職を決めかねている「潜在層」も多くいます。採用オウンドメディアの認知度が高くなれば、転職潜在層にも大きくアピールすることができるでしょう。

施工管理士の採用オウンドメディアに必要な項目

施工管理士の採用オウンドメディアでは、読み応えのあるコンテンツが求められます。基本的に採用オウンドメディアでは「自社の理念・社会的役割」「社風・働き方」「職務記述書」がコンテンツの中心です。

 

しかし施工管理士は基本的に仕事に対する意識が高いことから、単にコンテンツが並んでいるだけではアピールできません。動画や社員のインタビューを交え、基本コンテンツを楽しく読ませることがポイントだといえるでしょう。

施工管理士の採用オウンドメディアの運用をするには

施工管理士の採用オウンドメディアを効果的に運用するには、ユーザー目線でのコンテンツ作りが不可欠です。往々にして建築関係のWebサイトは「堅苦しい」ものになりがちだといえます。

 

メディアはユーザーが喜ぶコンテンツを揃えることで、その役割を果たすことを忘れてはなりません。したがって、施工管理士の場合には、仕事内容はもとより職場風土やキャリアパスなどを包み隠さず掲載すると良いでしょう。

採用オウンドメディアを導入し採用の多様化を図ろう

採用オウンドメディアを導入することで、採用の多様化を図ることができます。人材不足は多くの企業で抱える深刻な課題であり、従来と異なる対策が求められているのが実情です。

 

オウンドメディアは採用に特化しており、求人サイトとは大きく異なります。求職者が求める情報を具体的に掲載することで多くの求職者を集めることが可能です。また、入社後のミスマッチを防ぐことができるのもメリットだといえるでしょう。

建設技術者派遣バナー 土木現場用技術者派遣バナー プラント技術者派遣バナー 電気設備派遣バナー