法人のお客様向けサイト【株式会社 夢真】 > 安全管理 > 建設業にIoTを導入するメリット10個|建設業におけるIoTの活用事例とは

建設業にIoTを導入するメリット10個|建設業におけるIoTの活用事例とは

更新日:2021年3月11日

建設業におけるIoTとは


現在、建設業界では慢性的な人手不足に直面しており、至急対応策をとることが業界全体の大きな課題です。

労働者の不足を解消して問題を解決するためには思い切った働き方改革が求められており、労働者の現場離れを防ぐ意味合いからIoTの活用が進んでいます。

そもそもIoTとは

IoTとは作業をオートメーション化するための方法の一つで、最近各業界で注目を集めている手法です。元々はモノとインターネットがつながりモバイルやデバイスから遠隔操作で操作や情報が確認できる仕組みの事を指します。

例としては自動車の自動運転や、小売店のセルフレジ、モバイル端末から確認できる駐車場の空き情報や道路の交通状況、タクシーの空車情報などが挙げられます。

IoTで働き方改革が推進できる?

では建設業界でIoTを導入して活用することで、人手不足等の解消になる働き方改革は推進できるのでしょうか。

コンピューター技術を活用してモノとインターネットをつなげるlotによって、情報を瞬時に伝達・共有でき、建設現場の環境改善や、働く人員への作業負担の問題点などの改革につながると考えられます。

建設業においてIoTを導入するメリット10個


最近はインターネットとモバイル機器との連携が進化し、様々なシーンや現場に活用できる環境が出来上がってきたことで、建設業界でもIoTの活躍する場面が増えてきました。

ここからは、建設業界でIoTを導入して活用するメリットについて10個紹介します。

1:予知保全が可能となる

建設業においてIoTを導入するメリットとして現場の予知保全が可能になるというメリットがあります。

予知保全とは工場内の設備・機械の不具合・故障を予知することで設備・機械の管理を行い、安全な状態で運営することを指します。

IoTを導入することで24時間監視することが可能になり、部品交換やメンテナンスの時期を的確に予知して、途切れることの無い設備運営が行えます。

2:コスト削減が実現できる

IoTを導入する事で設備管理や今まで人員配置によって行っていた現場要員を削減するなどの、大幅なコスト削減が実現できます。

作業工程をITが分析し、本当に必要な場所への人員配置や、ロスが出ないための在庫管理など、コストをそぎ落とし最適な予算で作業が進むように環境改善を行うことが可能になります。

3:作業の安全性を確保しやすくなる

モバイルで現場管理を自動化でき、今まで人間では危険だった作業場面にドローンやロボットを投入し、作業の安全を確保することができます。

現在はまだ過渡期といえるドローンや作業ロボットの分野ですが、すでに導入に踏み切っている企業事例も数多くありますので、今後IoT導入による作業の自動化や安全の確保はどんどん普及していくことでしょう。

4:作業の段取りを効率化できる

今まで図面や現場での打ち合わせなどで進められていた作業の段取りがモバイルで管理できるため、より効率化して作業を進めることが可能になり、工事納期までのスピードも把握することが可能になります。

さらに進行状況をクラウドでデータ保存しておくことで、瑕疵が起きた際の修復作業もスムーズに行うことができ、納期厳守にも貢献するでしょう。

5:実務の負担軽減につながる

現場・作業工程・仕入れ・資材の在庫管理などをIoTによって自動化することで、これまで繁雑だった実務作業の大幅な負担軽減につなげる事が可能です。

これによって休日出勤や残業を回避することができるようになるので、全体的な実務負担が軽減されることになります。

6:防犯対策ができる

防犯管理として監視カメラ等の設置が実現し、徹底した防犯対策が打てるようになります。

無人カメラを設置し、カメラの管理をIoTで自動化すれば24時間現場を監視することが可能になります。

7:原価管理がしやすくなる

IoTによって仕入れや材料の在庫管理ができ、帳簿管理が楽になります。

作業中の現場に現在かかっている原価合計や、これからの工程でかかってくる原価の見通しなども、より正確で細かい管理が可能になります。

8:事務作業の自動化が実現できる

IoTによってデータをクラウドで管理することが可能になるので、事務作業も自動化を実現することができます。

事務作業の自動化でこれまで手作業によって起こっていたヒューマンエラーをなくすことができるので、人員の削減も行えます。

9:長時間労働の改善に取り組める

作業員の労働時間の管理も自動で行うことができます。

無駄な作業が効率化されて労働環境が改善されることによって、残業時間を減らすことができるようになり、長時間労働の改善が実現します。

10:品質管理の省力化が図れる

作業面・人事管理・労働管理・在庫管理や原価管理などを自動化できるので、総合的な結果として作業品質管理の省力化を実現できます。

最低限の時間効率で品質管理をあげることができますので、無理やムラの無い良好な作業環境が構築できます。

建設業におけるIoTの活用事例6つ


すでに建設業においてIoTを導入する動きは始まっていて、複数の企業がすでに日常業務にIoTを導入して大きな成果を出し始めています。

コンピューター技術とインターネットを活用した市場規模にあった効率化がIoTで行われており、現場環境の改善や労働環境の質向上など細かい成果を始めとして全体の作業効率の向上が見られます。

ここからは建設業におけるIoTの活用事例を6つに分けて紹介します。

1:建物運営管理業務の効率化

マンションやビル建設などの不動産を管理する現場の場合、IoTを導入して現地で作成する日報をクラウド化して見える化を行い、運営管理業務を大幅に効率化することが可能です。

これなら見逃しの無い作業管理や複数の現場の一元管理など、さらに設備投資の傾向を判断することにも役立ち、効率的に管理業務を遂行できます。

2:地震発生直後の建物の安全性の把握

建築後のマンションやビルなどの作業官僚後の物件の管理にも役立ちます。

現場作業の際、屋上に地震計測センサーを設置し、センサー情報を基にインターネットで現場PCとリンクすることで、現場の建築物の構造安全が診断でき情報を建物所有者や使用者などにメールで連絡することができるようになります。

これによって地震発生直後の建物の安全を把握することができますので、効果的な診断結果を得られます。

3:データ取得システムの提供

現場状況や作業の進行具合と、人員配置の適正などもリアルタイムに把握しクラウドに保存させることができるので、顧客や社内でのデータ取得に役立ちます。

データを可視化していつでも、必要なときに取り出すことが可能になりますので、瞬時に現場作業に反映させることができます。

4:建設現場から収集したデータの活用

建設現場から収集した日々のデータを、クラウドに保管させることによって、モバイル機器からいつでも吸い出すことが可能になります。

これによって作業工程に瑕疵が生じて工程変更が必要になったときでも、クラウドに保管してあるデータから修正プランを組むことも可能になり、作業を円滑に進めていくことに役立ちます。

5:建物管理プラットフォームの構築

IoTを導入することで大きく変化するのが、これまでアナログ名作業で行われていた現場管理や作業スケジュールをデータとしてクラウドに保存することで、建物を管理する作業の精度が向上するメリットが出ます。

IoTを導入することによって建設中、あるいは作業終了後の現場建物を管理するための環境を構築することができます。

6:従業員の作業状況の見える化

IoTで現場管理や出退勤管理などもリアルタイムで把握することができ、効率的に人員配置を行うことができます。

いわゆる従業員の作業状況の見える化が実現しますので、無駄な残業の削減や効率的な人員配置が可能になり、現場労働環境の大幅な改善につながります。

建設業にIoTを導入するメリットを理解して検討しよう


現在様々な業界で導入されているIoTは、そのメリットを理解して導入すれば大きな労働環境の改善につながり、大幅な作業の自動化で、個々の人員の負担を大きく軽減する優れた方法です。

特に近年、人手不足や無駄な作業の多かった建設業界には導入していきたいシステムといえるでしょう。

建設技術者派遣バナー 土木現場用技術者派遣バナー プラント技術者派遣バナー 電気設備派遣バナー