法人のお客様向けサイト【株式会社 夢真】 > 人材派遣 > 効果が期待できる採用ツール12選紹介!採用ツールが必要な理由なども解説

効果が期待できる採用ツール12選紹介!採用ツールが必要な理由なども解説

更新日:2020年12月17日

採用ツールって何?

採用ツールとは、企業が採用活動を行うにあたって使用する手段のことを指します。

採用ツールは、求職者に自社をよく理解してもらうため、自社の選考へ参加してもらい入社してもらうため、求職者と簡単にメッセージをやりとりするためなど、様々な用途で使用できます。

本記事では、効果が期待できる採用ツール12選、採用ツールが必要な理由などについて紹介していきます。採用を考えている人事の方は参考にされてみてはいかがでしょうか。

採用ツールの選び方

手軽に使用できる採用ツールが増えてきているからこそ、採用ツールの選び方には慎重になるべきでしょう。求職者が企業と出会うための手段は多岐に渡ります。

採用ツールは、応募してきてほしい求職者(ターゲット)に合わせた選び方が重要です。

アナログの採用ツール

SNSや動画配信などデジタルな採用ツールがトレンドでも、アナログの採用ツールを活用することはあります。

以前から一般的に使用されてきた、採用パンフレットや採用ポスターなどのアナログの採用ツールも会社説明会を開くのであれば必要となります。

パンフレットは、イベントが終わっても求職者の手元に残りますので、企業と求職者をつなぐ接点となるでしょう。

ターゲットに合わせて選ぶ

採用ツールはターゲットに合わせて選ぶことで真価を発揮します。

狙った応募者が集まらないなど、採用活動の状況が芳しくない場合は、採用ツールの見直しを図ると良いでしょう。

例えば、都市部の若い層の場合は、採用サイトや求人情報サイトなどウェブ媒体の活用がメインですが、ターゲットとして地方の30代以上を狙う場合は、手元に残るパンフレットなど重要視することで効果が出てくるケースもあります。

効果が期待できる採用ツール12選

ここでは、効果が期待できる採用ツール12選を紹介していきます。

デジタル・アナログ別で押さえておきたい採用ツールをチェックしていきましょう。

効果が期待できる採用ツールには、採用管理システム・内定者アンケート・採用サイト・オンライン会社説明会・採用パンフレット・採用ポスター・求人検索エンジン・採用動画・求人情報サイト・求人検索エンジン・会社説明会資料・スカウトメール、などがあります。

効果が期待できる採用ツール1:採用管理システム

効果が期待できる採用ツールの1個目は、採用管理システムです。

採用管理システムとは、採用サイトを制作し検索エンジンに掲載したり、応募から採用に至るまでのプロセスを同じシステムで一元管理できるなどの様々な機能があります。

HR PRIMEやSONAR、MOCHICAなど、採用管理システムには無料や月額5,000円~と手軽に始められるものが多く、採用担当者の負担を軽減できるため活用してみるのも良いでしょう。

効果が期待できる採用ツール2:内定者アンケート

効果が期待できる採用の2個目は、内定者アンケートです。

内定者アンケートは、匿名で会社に対しての意見を確認するものです。効果的といわれている採用ツールを駆使して労力をかけても、入社に至らなければ意味がなくなってしまいます。

内定者アンケートでは、入社前研修などで活用することで、内定者の要望をくみ取ることが可能です。あらかじめ不安点などを書いてもらうことで、内定辞退を防止できるでしょう。

効果が期待できる採用ツール3:採用サイト

効果が期待できる採用ツールの3個目は、採用サイトです。

採用サイトは、求人採用を専門としたウェブサイトです。ホームページを持っている会社であれば、作成しているところも多いのではないでしょうか。

求人検索エンジンやSNS、採用パンフレットにQRコードを記載することによって、採用サイトの集客を強化することが可能です。採用サイトは情報が古いままになりやすいこともありますので、定期的に更新するよう心がけましょう。

効果が期待できる採用ツール4:オンライン会社説明会

効果が期待できる採用ツールの4個目は、オンライン会社説明会です。

コロナの影響もあり、密を避けるためビデオチャットなどを活用してオンラインで会社説明会を開催する企業も増えてきました。

従来の会場を用意して行う会社説明会は、費用も掛かる点と当日欠席する確率が高い不安要素がありました。オンライン会社説明会であれば、会場費も不要であり、また求職者も自宅で気軽に参加できますので、メリットが大きいと言えるでしょう。

効果が期待できる採用ツール5:採用パンフレット

効果が期待できる採用ツールの5個目は、採用パンフレットです。

採用パンフレットとは、会社案内を記載した紙媒体の採用ツールです。

会社説明会のチラシとして活用する場合、採用サイトのQRコードを入れておけば、そこからエントリーさせる方向に持って行くことも可能です。

採用パンフレットを求職者に配布しておけば、終わった後も見てもらうことができ、手元に残るものとして印象を残せるでしょう。

効果が期待できる採用ツール6:採用ポスター

効果が期待できる採用ツールの6個目は、採用ポスターです。

採用のために企業の宣伝用ポスターとして作成する採用ポスターですが、自社の印象を高めるにあたっては非常に有効な手段の1つです。

会社説明会では、会場の雰囲気を盛り上げてくれる要素になります。特に合同説明会の会場では、ポスターによって華のある印象になり、求職者の目にとまりやすいでしょう。

効果が期待できる採用ツール7:求人検索エンジン

効果が期待できる採用ツールの7個目は、SNSです。

採用メディアとしての活用や企業を知ってもらう情報発信ツール、他のアプリとの連携などが可能です。

年代別の各SNSの利用者は、TwitterやInstagramは20代、Facebookは30代以上が中心であると言われています。

今や多くの人がスマホで情報をチェックしていますので、SNSでは頻繁に情報をアップし、ターゲットに合わせた利用が効果的であると言えます。

効果が期待できる採用ツール8:採用動画

効果が期待できる採用ツールの8個目は、採用動画です。

採用動画とは、採用活動のために流す企業の宣伝動画であり、スマホやYouTubeの流行により、近年人気の採用ツールとなっています。

実際に働いている人のインタビューや会社の雰囲気などを動画で伝えられますので、視覚的に印象づけるために使用されています。また、言葉では伝わりにくい内容を盛り込めますので、採用のミスマッチも起こりにくいメリットがあるでしょう。

効果が期待できる採用ツール9:求人情報サイト

効果が期待できる採用ツールの9個目は、求人情報サイトです。

求人情報サイトとは、求人広告を掲載するサイトのことを指します。大手求人媒体では、リクナビNEXT・doda・マイナビなどが挙げられます。

以前は、求人情報サイトに期間を決めて広告を出し、求職者の募集を待つ、という形が通常の採用形態でしたが、近年売り手市場ということもあり、この方法だけでは応募者が集まらない傾向が強くなってきています。

効果が期待できる採用ツール10:求人検索エンジン

効果が期待できる採用ツールの10個目は、求人検索エンジンです。

求人検索エンジンとは、求人検索に特化した検索プログラムであり、ネット上にある求人広告を収集し、掲載しているサイトです。

求人検索エンジンには、Indeed・求人ボックス・Googleしごと検索・Careerjet・などがあります。これらを活用できれば、ネットで仕事を探している求職者に対して、求人広告を見てもらえる可能性がアップするでしょう。

効果が期待できる採用ツール11:会社説明会資料

効果が期待できる採用ツールの11個目は、会社説明会資料です。

会社説明会も以前から行われている手法ですが、効果を高める手法の1つとして、会社説明会資料があります。自社の魅力を文字で印象づけるために必要であると言えるでしょう。

会社説明会資料はイベントが終了した後も求職者の手元に残りますので、後々読み返してもらえる効果が期待できます。

自社の歴史や経営ビジョン、大切にしている想いなどを資料に落とし込み、活用しましょう。

効果が期待できる採用ツール12:スカウトメール

効果が期待できる採用ツールの12個目は、スカウトメールです。

スカウトメールとは、企業がSNSなどを利用して、求めている人物像とマッチした人材に対し直接応募を打診するために送るメールのことを指します。

スカウトメールを送ることで、応募に来てほしい人材にアプローチができますので、効率的です。これにより、希望通りの人材を確保できる可能性が高まり、スピーディーな採用活動が可能となるでしょう。

採用ツールの注意点

採用ツールの注意点としては、どれも求職者にアピールする手段にはなりますが、全てを活用しなければならないわけではありません。ターゲットによって有効なツールもあれば、使い方によって効果が出にくいものもあるでしょう。

同じような宣伝が媒体を変えてできていけば、内容が更新されるたびに、情報のズレが起こりやすくなり、求職者を混乱させてしまうでしょう。

加えて、手を伸ばせばその分コストもかかってきますので、取捨選択は必要となってきます。

採用ツールが必要な理由2つ

採用ツールを利用することは企業にとってメリットもありますが、コストも新たにかかったり、採用管理システムでは内容を理解しなければ使いこなせなかったりするなど、費用や手間がかかります。本当に採用ツールが必要なのか、人事の方は悩むのではないでしょうか。

次は、採用ツールが必要な理由2つについて紹介します。

採用ツールが必要な理由は、求職者が企業の情報を求めている点と、採用難の時代背景という点があります。

企業の情報を求めている

採用ツールが必要な理由の1つ目は、求職者が企業の情報を求めているからです。

近年では、企業の情報を求め、多くの求職者がSNSで情報のやりとりをしています。そのため、採用活動でも、情報発信媒体を上手に活用することが、スムーズに応募者を集められることにつながっています。

逆に、SNSや採用サイト、採用動画などを活用していない企業は、「採用に積極的ではない」と求職者に感じられ、敬遠されてしまうでしょう。

採用難の時代背景

採用ツールが必要な理由の2つ目は、採用難の時代背景です。

少子高齢化、労働人口減少の波を受け、年々少ない求職者を多くの企業で取り合っている状況です。求人を出したとしても、求職者の目に留まらなければ、自社を知ってもらえず、応募が集まらない、有能な人材は他所にいってしまう、といった状況に陥ってしまうでしょう。

したがって、採用ツールを用いて効果的な採用活動を進める必要性が生じてくるのです。

採用ツールを使用して採用を成功させよう

効果が期待できる採用ツール12選や採用ツールが必要な理由なども解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

近年、少子高齢化、労働人口の減少により求人倍率は上がり続け、人材の獲り合いは激化しています。

企業側にとって厳しい転職市場ですが、採用管理システムやオンライン会社説明会、スカウトメールなど、採用ツールを利用して採用を成功させましょう。

建設技術者派遣バナー 土木現場用技術者派遣バナー プラント技術者派遣バナー 電気設備派遣バナー