法人のお客様向けサイト【株式会社 夢真】 > 人材派遣 > 外国人採用って何?外国人採用の9つのメリットと知っておきたい3つの注意点

外国人採用って何?外国人採用の9つのメリットと知っておきたい3つの注意点

更新日:2020年12月28日

外国人採用とは?

外国人採用とは、外国人を日本の企業に社員として採用することです。グローバル化が進み、日本に興味を抱いている外国人が多くなっており、日本へ旅行や留学するために日本語を学んでいるため、社員として採用しやすくなっています。

外国人採用を進めることができれば、グローバルな観点で世界を見ることができるので、企業の新たな可能性を発見することにも繋がるでしょう。

外国人採用の動向

ここ数年、日本で働く外国人労働者は増加傾向にあります。そのような雇用状況になっていることも影響して、日本で仕事をしたい外国人労働者が増えています。

そのため、日本の大手企業は外国人労働者の受け入れ体制が整っている会社が多くなっています。

外国人採用の9つのメリット

続いて、外国の方を雇用することで得られるメリットについて紹介します。

外国の方を採用することができれば、労働者側の人たちだけでなく雇い主である日本の企業にもメリットが生じることになります。

今までにない発想力で商品を開発したり、世界進出をするための足掛かりとすることもできます。

外国人労働者側のメリット

まずは、外国人採用を行うことで外国人労働者に与えるメリットについて紹介していきます。

途上国などから日本へ労働者として働くことができれば、日本企業の基準でスキルを習得できるだけでなく雇用自体も安定しているため、安心して働くことができます。

また、日本で展開している企業商品について学ぶことができれば、自国で事業を起業する際、役立てられるというメリットがあります。

メリット1:保証制度がしっかりとしている

外国人労働者側のメリットの1つ目に、保証制度がしっかりとしている点が挙げられます。

働くために必要となる失業保険や労災保険がしっかりしているので、仕事中に万が一のことが起きても、保証制度が整っているため安心して仕事に従事することができます。

外国人採用を進めていく際は、優秀な人材を集めていくためにも労働をしていく上で必要となる保証制度を整えておくようにしましょう。

メリット2:安定した雇用である

外国人労働者側のメリットの2つ目に、安定した雇用であることが挙げられます。

日本では雇用形態の多様化が進んでいますが、日本企業で働いて得られる賃金は海外の企業より多額な場合もあり、、自国に住んでいる家族の生活を豊かにすることもできます。

また、日本では戦争や国内紛争などが起きにくいため、安定して働いていくことができます。

メリット3:高いレベルのサービスが学べる

外国人労働者側のメリットの3つ目に、高いレベルのサービスを学べることが挙げられます。

日本の企業が提供している商品やサービスは、世界的に見ても高いレベルに位置しており、日本企業のサービスを学んでおけば、自国でも役立てていけるメリットがあります。

外国人労働者を迎え入れたい企業は、面接時に自社商品やサービスの特徴を話し、どのようなスキルを得られるのか説明していきましょう。

メリット4:スキルを習得できる

外国人労働者側のメリットの4つ目に、スキルを取得できる点が挙げられます。

日本企業は世界に誇れる技術を駆使して商品やサービスの開発をしているため、日本企業でスキルを習得できれば、どの国の企業に就職しても日本で得たスキルを活かして活躍していくことができます。

日本で外国人労働者として働きたい人は日本語を堪能にしておく努力をし、外国人を迎え入れる日本企業は複数の外国語に対処する体制を整えることが大事です。

雇用者側のメリット

外国人労働者だけでなく、外国の方を受け入れた雇用者側もメリットを得ることができます。

外国の方を雇用することで職場の雰囲気を明るくすることができるので、そのことが社内の活性化に繋がったり、外国人労働者は日本人にはない発想で物事を考えていくので、さまざまなアイデアを打ち出していけるメリットがあります。

アイデア不足に悩んでいる日本企業は外国人労働者を受け入れ、さまざまな問題を解消していきましょう。

メリット1:社内が活性化する

雇用者側のメリットの1つ目に、社内が活性化することが挙げられます。

異国の労働者を迎え入れることができれば、自社の日本人社員に会社が世界的な視野で物事を考えていくことができるのだと確信させることができ、その結果、社内の活性化に繋がり、全社員のモチベーションを高めていくこともできます。

また、職場に日本語とは異なる言語が行き交うことで、新鮮な気持ちで仕事に取り組むことができるでしょう。

メリット2:海外進出のきっかけとなる

雇用者側のメリットの2つ目に、海外進出のきっかけとなることが挙げられます。

外国人労働者を雇用することで異国とのコミュニケーション手段を得ることができ、海外進出のきっかけを掴みやすくなります。

また、外国人労働者から海外の流行や海外企業の動向などを掴むことができるので、海外でどのような事業展開をしていけば良いか検討しやすくなります。

メリット3:いろいろアイデアが生まれる

雇用者側のメリットの3つ目に、いろいろアイデアを生み出すことができる点が挙げられます。

外国人労働者は日本人にはない発想で物事を考えていけることが可能なので、今まで考え付かなかったアイデアを生み出すことができます。

日本で他社との競争に打ち勝つためには、日本人にはない発想を持っている外国人労働者の採用が重要になってきます。

メリット4:労働力不足の解消

雇用者側のメリットの4つ目に、労働力不足の解消が挙げられます。

昨今、日本人の労働者の確保が難しくなっている背景もあり、外国人労働者を迎え入れることで労働力不足の問題を解消している企業が増えています。

年齢や性別に関係なく日本人労働者を増やしていくためにも、外国人労働者を受け入れ、多くの人に働きやすい企業としてアピールしていきましょう。

メリット5:若くて優秀な人材が確保できる

雇用者側のメリットの5つ目に、若くて優秀な人材が確保できる点が挙げられます。

日本に働きに訪れる外国人労働者は日本語が話せることだけでなく、海外の企業で活躍してきた経歴を持つ人がほとんどで、世界的に通用する優秀な人材が多いです。

また、年齢が若いことで物事への吸収率も高く仕事も覚えやすくなっているため、実務経験を積めば職場で活躍していくことが期待できます。

外国人採用の3つの注意点

外国人採用を進める前に、把握しておきたい採用時の3つの注意点があります。

ここまでは外国人採用をするにあたってのメリット、デメリットについてご説明しましたが、より良い外国人労働者を採用していくためには、日本人とは文化や習慣、言語が異なることを理解し、採用活動を進めていく必要があります。

ここでは、外国人採用を進める際、注意しておく点について紹介していきます。

注意点1:文化や習慣が異なる

外国人採用の注意点の1つ目に、文化や習慣が異なる点が挙げられます。

日本とは食文化や宗教が異なるため、それらのことが理由で食べることができない食材があったり、服装や挨拶の仕方も異なったりします。そのため、外国人労働者を受け入れる日本企業は可能な範囲で対応していくことが求められます。

注意点2:言語の壁がある

外国人採用の注意点の2つ目に、言語の壁があることが挙げられます。

異国からの労働者を受け入れることになるので、日本企業は複数の言語を扱えるようにしておかなくてはなりません。外国人労働者を受け入れる日本企業は、日本人の社員や外国人労働者が語学を学んでいける環境を整えておく必要があります。

注意点3:外国人雇用の知識が必要である

外国人採用の注意点の3つ目に外国人雇用の知識が必要になることが挙げられます。

外国人労働者を雇用する際には就労ビザを取得が必要で、働くためのビザを取得するためにも様々な条件があり、それらの条件を備えているか確かめておかなくてはなりません。

また、外国人労働者は在留カードを所持しておかなければならないことも知っておきましょう。

積極的に外国人採用を活用しよう

外国人労働者の採用を推し進めることができれば社員のモチベーションを向上させたり、世界を視野に入れた活動をしていくための基盤を作ることができるでしょう。

外国人採用について知識を身に付け、積極的な外国人採用を検討しましょう。

建設技術者派遣バナー 土木現場用技術者派遣バナー プラント技術者派遣バナー 電気設備派遣バナー