法人のお客様向けサイト【株式会社 夢真】 > 人材派遣 > 施工管理や現場監督の求人に応募が来ない理由6選|おすすめの求人広告とは?

施工管理や現場監督の求人に応募が来ない理由6選|おすすめの求人広告とは?

更新日:2020年12月16日

施工管理や現場監督の応募者が求人で見ているポイント

施工管理や現場監督の採用を考えている場合、就職希望者がどんな視点で勤務先を探しているか理解しておく必要があります。求職者が仕事に対し大切にしている点が分かれば求人を出す際、どこをアピールすべきかが見えてきます。

媒体を利用して求人を探すときのポイントをアルバイト、社員に分けてチェックしてみましょう。

アルバイトの場合

求職者がアルバイトとして施工管理や現場監督の仕事を探す際にチェックするポイントは、労働条件です。自分が希望する条件と合うか基本的な点を見ています。

具体的には勤務地、雇用契約の期間や勤務する日数、勤務時間帯や実際に勤務する時間をチェックしています。時給または日給などの賃金や支払い方も重要なチェック項目です。

また、施工管理は分野で仕事内容が異なるため、資格を活かせるか否かも確認の対象となるでしょう。

正社員の場合

正社員の求人では、求職者は具体的な労働条件のほかに福利厚生の面もチェックしています。

施工管理関連の資格を有していればアルバイト同様、活かせるかどうかも選ぶ基準となるでしょう。

経験者の場合、年齢性別を問わず活躍できる環境、携わるプロジェクトの規模、企画段階からプロジェクトに携われるかといった点も注目しています。また、能力を高められる、余裕を持って働けるなど個人の希望が叶うかどうかも見ています。

施工管理や現場監督の求人に応募が来ない理由6選

施工管理や現場監督の求人を出しても応募が来ないときには何らかの理由があります。求職者の目に留まり心が動かされる内容でなければきっかけにならず応募は来ないでしょう。

応募が来ない理由を明らかにしなければ、効果的な求人情報は出せません。優れた人材を確保するためにまずは理由を知っておきましょう。

それでは、応募が来ない理由として考えられる6つの点を見ていきます。

求人に応募が来ない理由1:企業の魅力が伝わらない

求人に応募が来ない理由の1つ目は、企業の魅力が伝わっていないという点です。

条件が良くても企業としての魅力が求職者に伝わらなければ応募には至りません。欲しい人材に向けてアピールポイントを打ち出していきましょう。

その際には、アピールポイントが曖昧にならないよう、企業としての魅力溢れる点、優れている部分を見つけ出す作業から始めます。給与や福利厚生の制度を見て他社と比較してみましょう。

一般的な水準より劣っている部分があっても、それをカバーできるものがあれば強みとして打ち出せます。

求人に応募が来ない理由2:仕事内容の情報が少ない

求人に応募が来ない理由の2つ目は、仕事内容の情報が少ないという点です。

施工管理や現場監督の仕事の求人情報を見ている人は、どのような内容の仕事を担当するのかについてできるだけ詳しく知りたがっています。もし、内容が大まかに書かれていれば、仕事の全体像を想像できず、応募にまで至らない可能性があります。

経験者向けの情報は、自社の特徴も含めどのような仕事かイメージを広げやすいように紹介しましょう。未経験者向けの求人場合は、経験者でなくても分かるように説明するのがポイントです。

求人に応募が来ない理由3:募集条件が良くない

求人に応募が来ない理由の3つ目は、募集条件が良くないという点です。

施工管理や現場監督への応募を検討している人は、同業他社の求人情報もチェックしています。そのため、万が一他社よりも条件が悪ければ応募が来ないことも考えられます。

特に、福利厚生や給与面が他社と大きく違っている場合は、社内での検討が必要となるでしょう。

求人に応募が来ない理由4:求められるスキルが高い

求人に応募が来ない理由の4つ目は、求められるスキルが高いという点です。

もし、求人募集に掲載する募集条件のスキルが高すぎると、その時点で狭き門となってしまいます。条件を満たしていない人は応募できないように捉えてしまい、応募人数は絞られてしまうでしょう。

もちろん、理想どおりの人材を集めようと求める条件やスキルをアピールするのは必要です。ただし、条件を付け過ぎてしまうと企業に合う意欲的な人材を逃してしまう可能性がありますので、注意が必要です。

求人に応募が来ない理由5:情報とずれているイメージ写真

求人に応募が来ない理由の5つ目は、イメージ写真が情報とすれているという点です。

ホームページが更新されていないと、情報内容とイメージ写真にズレが生じ、応募をためらう要素になり得てしまいます。多くの人はホームページを通して求人情報を見て、企業の内容を詳しく知るため、ホームページは求職活動時に必須のツールであると言えるでしょう。

古い写真が使用されていると、調べようとした求職者は企業の経営や体質に対し不安を感じるでしょう。停滞しているイメージを与えないようホームページにも気を配るのも重要です。

求人に応募が来ない理由6:募集内容に合わない求人媒体を利用している

求人に応募が来ない理由の6つ目は、募集内容に合わない求人媒体を利用しているという点です。

施工管理や現場監督を募集する際に、全く関連性のない媒体を使っても応募は来ないでしょう。求職者に届かなければ求人広告を出す意味はありません。

媒体はターゲットとなる人材が目にするかどうかを考えて選びます。似たような媒体でも実際に見る人の層が違えば応募に結びつきませんので、注意が必要です。

アルバイト、正社員どちらを募集する場合も同様です。仕事の内容や年齢、経験の有無など募集する層から求人戦略を練りましょう。

施工管理や現場監督の応募が来やすい求人の作り方4選

施工管理や現場監督の応募を増やすためには求人募集の作り方から考えていかなければなりません。応募が来ない理由を踏まえ、求職者を惹きつけられるよう求人募集対策を行いましょう。

応募したいと思わせる求人募集の作り方が分かれば、良い人材と巡り会える確率は高くなります。企業と求職者お互いのチャンスを生み出すものですのでしっかり学んでおきましょう。

応募が来る求人の作り方1:5W1Hを意識して仕事内容を書く

求人募集で仕事内容について書くときは5W1Hを意識しましょう。

5W1Hとは、 When(いつ)、Where(どこで)、 Who(誰が)、What(何を) Why(なぜ) How(どうやって)の6つ要素のことで、これを明確にしなければ求職者へ仕事の内容を確実に伝えられません。

また、5W1Hビジネスにおける情報伝達の基本でもあります。整理された求人募集を提供すれば見た人も判断しやすくなるでしょう。

応募が来る求人の作り方2:応募者の目線に立つ

応募者の目線に立ち、求人募集を作れば必要とされている情報が見えてくるでしょう。

もしも自分が応募する側だったら募集内容を見てどう感じるかについて想像してみてください。

応募者目線に立つことによって、企業目線では思いつかなかった部分に気づけるようになります。気づいたことを活かしながら求人募集を作れば、欲しい情報の詰まった興味深いものへと仕上がっていくでしょう。

応募が来る求人の作り方3:競合他社と比較する

競合他社の求人募集と比較すると自社の足りない部分をチェックできます。

競合他社の情報を検索をすることにより、その会社がどのような媒体を利用しているかも判明するでしょう。

比べておきたい主な点は、仕事内容の書き方、アピールするポイント、給与の水準、勤務時間と福利厚生全般です。他社よりもマイナスな印象を与えているのであれば、該当する部分を見直しましょう。

見直しにより良い求人募集が作れれば、応募の増加だけでなくしっかりと他社と差別化を図れるようになります。

応募が来る求人の作り方4:求人媒体の特徴を把握する

求人を出すのであれば、求人媒体に関する知識も深めておきましょう。

どのような媒体があるのかを知り、それぞれの特徴を把握しておけば、ターゲットがずれて応募が来ないという事態を防げるでしょう。

同じ求人媒体に同業他社が少なく、相応しくないと感じるのであれば、他の媒体に変えてみるのも1つの方法です。また競合他社が多くて目立たない場合も、媒体を変えることによって応募が増える可能性があります。

状況に応じて求人情報を出すのに相応しい媒体を選びましょう。

施工管理や現場監督の求人掲載におすすめ!求人広告の種類3つ

施工管理や現場監督を募集するとき、どこに求人広告を掲載するかも重要です。ターゲットに合わせた方法に絞るだけでも応募率は変わるでしょう。

掲載する媒体は、紙媒体、ウェブ媒体、SNSの3つから選びます。

採用条件に合う人材が見つけやすい媒体へ掲載すれば応募の増加が期待できます。採用活動にぴったりの媒体を判断できるよう、まずは各媒体について知っておきましょう。

求人広告の種類1:紙媒体

紙媒体といっても形状はさまざまで、具体的には新聞の求人広告、新聞の折り込みチラシ、フリーペーパーとして配布される求人雑誌や新聞などがあります。

紙媒体を使った求人広告は、配布する地域が限られている、目を通す中で偶然気づく機会が多い、の2点が主なメリットとして挙げられます。

しかし、途中で求人募集の内容が変わっても発行後に変更が利かない、限られた情報しか載せられない、といったデメリットもあります。

求人広告の種類2:ウェブ媒体

インターネットを活用した求人募集には公的機関の運営するハローワークと民間の求人サイトがあります。

ウェブ媒体は多くの情報を掲載でき、求職者に会社や求人に関する内容を細かく伝えられます。見る人や地域が限定されない分幅広く人の目に留まりやすく、検索軸が多いため条件に見合う人材が見つかりやすいでしょう。

利用する場合は、料金体系が複数ある点と、採用担当者の負担が大きくなる可能があることを理解しておきましょう。

求人広告の種類3:SNS

年齢層を絞り求人募集するのであれば、SNSを活用してみましょう。新卒やアルバイトの募集にも向いている方法です。

SNSを使った求人募集は低コストで運用も簡単なため、最近は特に注目されています。投稿から求職者自身についての理解を深められ、自社とマッチしているかどうかも確認できるでしょう。

ただし、SNSは企業へ興味を抱いてもらうまでに時間を要します。SNSに関する知識を身に付けリスクへ対処できるよう準備も必要です。

求人に応募が来ないならまずは応募者目線に立って見直そう

求人に応募が来ない状態を放置してしまえば、当然良い人材と出会うチャンスは巡ってきません。まずは、応募が来ない原因を突き止め、次に求人募集の中身を吟味し、必要があれば媒体を変えるなどの工夫を行っていきましょう。

変える際には、必ず応募者目線に立ち、どうしたら分かりやすく内容を伝えられ、かつ応募のきっかけを作れるのかを考えることが大切です。

求職者の欲しい情報、企業の姿勢や魅力をしっかり届けることが、人材不足解消への近道となるでしょう。

建設技術者派遣バナー 土木現場用技術者派遣バナー プラント技術者派遣バナー 電気設備派遣バナー