法人のお客様向けサイト【株式会社 夢真】 > 人材派遣 > 即戦力のある人材のポイント11選|採用するための準備と活かす為のポイント3つ

即戦力のある人材のポイント11選|採用するための準備と活かす為のポイント3つ

更新日:2021年2月26日

そもそも即戦力とは

企業の採用における即戦力とは、入社後すぐに研修などを受けずとも活躍できる人材を指します。

社会人としてのルールやマナーを心得ていて、他業種での業務経験を多く積んでいれば、新入社員として採用しても新しい職場で経験を即座に活かすことができるでしょう。

また、即戦力として認められる人物ならば、責任者やリーダーといった役割も任せることができるだけでなく、業務経験が少ない人より実習期間が少なくて済むメリットもあります。

戦力とはどう言う意味?

企業における戦力とは、即座に職場の力となれる人物を指すことが多いです。

企業であっても他社との競争に勝っていく戦力が求められるので、社員1人1人が自分のスキルや経験を活かし、他社と渡り合えるアイディアや生産力を生み出していく必要があります。

企業は他社と渡り合っていかねばならないので、即戦力となり他の社員を牽引していける人物を探し求めているでしょう。

企業が即戦力を求める理由

企業が即戦力を求める理由は様々でしょう。特に、仕事にスピード感や協調性を必要とする職場は即戦力の人物を求める傾向にあります。

チームで仕事をこなしていかなくてはならない職場だと他の職業より協調性やコミュニケーション能力を求められるので、それらの要素を備えている人物でないと即戦力として活躍していくことが難しくなります。

そのため、企業は即座に職場の力となる人物を欲しがっているでしょう。

即戦力のある人材のポイント11選

即戦力として評価される人材には様々な特徴があるので、面接などでどのような人物であるか見極めてから採用することが大切になります。

以前の職場で責任者として働いていたり、難易度の高い資格を所有している場合などは職場への適応力が高い人が多いので、それらのことを見ながら採用を進めていくことが重要になります。

ここでは、即戦力がある人材のポイントについてご紹介していきます。

即戦力のある人材のポイント1:自発的に行動できる

即戦力がある人材のポイントの1つ目は、自発的に行動ができる人であるかどうかです。

即戦力がある人材は周囲とのバランスを取りながら能動的に仕事を進めていくことができる人が多いので、性格や職歴などから判断して自発的に行動できる人であるか確かめておくことが大切です。

自発的に動くことができるか判断できなくても、周囲と協調性を持って仕事ができる人なのか面接で確かめておくようにしましょう。

即戦力のある人材のポイント2:実用的な資格を持っている

即戦力がある人材のポイントの2つ目は、実用的な資格を持っているかどうかです。

実用的な資格を所有していないと、職場で即戦力として活躍することが難しいでしょう。さらに、採用後に1人前の人材として育て上げるため、時間と経費がかかることになるので実用的な資格を持っているかは重要なチェックポイントになります。

即戦力のある人材のポイント3:仕事に対する適応力がある

即戦力のある人材のポイントの3つ目に、仕事に対する適応力があるか見極めておくことが挙げられます。

以前働いていた職場の仕事と職種や業種が異なるとスムーズな作業をすることが難しくなるので、以前の職場でどのようなポジションを任されたのか確認し、協調性やコミュニケーション能力の度合いも見ておくことが大切です。

即戦力のある人材のポイント4:目標設定ができる

即戦力のある人材のポイントの4つ目に、目標設定ができる人であることが挙げられます。

自分自身の仕事に目標を設定していくことができないと、仕事をしていく上で様々なことを覚えていく姿勢を持つことが難しくなるでしょう。そのため、将来の仕事に対する明確なビジョンを持つことができているかが重要になります。

面接で今度どのように活躍していきたいのか尋ねるようにし、目標設定ができる人なのか見極めるようにしましょう。

即戦力のある人材のポイント5:コミュニケーション能力がある

即戦力のある人材のポイントの5つ目は、高いコミュニケーション能力を持っているかどうかです。

他の社員とのコミュニケーションを大切にしながら仕事ができる人材だと、すぐに活躍してくれる可能性が高まります。そのため、面接の際にコミュニケーション能力を持っているか確認することが重要です。

一般的なコミュニケーション能力を持っていれば、採用時に即戦力として判断されなくても職場で活躍できる人材に成長していくことができるでしょう。

即戦力のある人材のポイント6:仕事を楽しめる

即戦力のある人材のポイントの6つ目は、仕事を楽しめる人であるかどうかです。

仕事を楽しんでしていくことができないと、モチベーションを保ちながら作業をすることができなくなり作業効率が下がってしまうので、仕事を楽しむことができる人であるのか知っておく必要があります。

意欲的に仕事に取り組むことができれば、他の社員を引っ張っていくことも可能になるので即戦力の人材として活躍することができるでしょう。

即戦力のある人材のポイント7:やり方に固執しない

即戦力のある人材のポイントの7つ目に、やり方に固執しないことが挙げられます。

今までの長い実務経験を元に新しい職場でも同じやり方を通そうとすると、転職先の雰囲気を壊してしまう恐れがあります。自分自身が持っている知識や経験に応じながら転職先に合わせた仕事を行い、力を発揮できるかに注目しましょう。

即戦力のある人材のポイント8:勤務先に雰囲気に馴染める

即戦力のある人材のポイントの8つ目は、勤務先の雰囲気に馴染んでいけるかどうかです。

能力があったとしても、コミュニケーション能力に欠けて勤務先の雰囲気に馴染むことができなければ即戦力として活躍することは厳しいでしょう。

そのため、他業種の人を採用する際は具体的な職場の雰囲気を伝えて、馴染んでいけるか尋ねるようにしましょう。

即戦力のある人材のポイント9:社風を理解する

即戦力のある人材のポイントの9つ目は、社風を理解しているかどうかです。

社風や会社の理念を理解していないと、業務自体に疑問を抱いてしまうこともあるでしょう。さらに、仕事を続けるのが難しくなることや、社風を理解しながら作業をしていくことができずに顧客や取引先に誤解を与えてしまう恐れもあります。

面接時に社風を理解しているかどうかを確かめ、採用を検討しましょう。

即戦力のある人材のポイント10:専門的知識や実務経験の履歴

即戦力のある人材のポイントの10個目に、専門知識や実務経験の履歴があるかどうかが挙げられます。

仕事をしていく上で必要になる実務経験や専門知識を持っていないと、即戦力として活躍することが難しくなってしまいます。

即戦力の人材が欲しい場合は、同業種での実務経験を長く積んで専門的な知識が豊富な人を採用するようにしましょう。

即戦力のある人材のポイント11:人間力がある

即戦力のある人材のポイントの11個目に、人間力がある人かどうかが挙げられます。

人としての魅力に欠けているとリーダーや責任者として活躍していくことが難しくなるので、ある程度の懐の広さがあり、人生の経験を積んでいる人を採用すると良いでしょう。

人間としての経験が豊富な人なら、困難なことでも応用力で対応していくことができるので即戦力として活躍していく可能性が高いでしょう。

即戦力となる人材を採用するための準備2つ

即戦力となる人材を採用していきたいという方のために、採用時に必要となる準備の仕方を2つご紹介します。

ここまでは、即戦力として活躍できる人のポイントについて知っておきたい特徴などをご説明しました。しかし、実際にはどのように採用活動を進めていけば良いのかと疑問に感じる点が出てくるでしょう。

そのため、以下でご紹介する即戦力となる人材を採用するための準備を参考にして、採用活動の参考にしてください。

求める人物像の要件を定義する

即戦力となる人材を採用するための準備として、求める人物像の要件を定義しておくようにしましょう。

即戦力として採用したい人物の職歴や実務経験、所有している資格やコミュニケーション能力の高さなどの要件をまとめて、それらの要件を満たせる人を採用していくようにすれば、即戦力として活躍していける人を見つけやすくなります。

現場担当者と面接での質問事項の作成

即戦力となる人材を採用するための準備として、現場担当者と面接での質問事項を作成することが挙げられます。

面接の際に質問しておくことを現場担当者と話し合いながら書類にまとめておけば、どのような人材を求めているのか会社側にも求職者にも理解しやすくなるので、即戦力として活躍できる人を探しやすくなります。

質問事項を作る採用担当者は、求職者や現場担当者が理解しやすい質問書類を作成するためにも、現場見学をしておくと良いでしょう。

即戦力採用が上手くいくコツ4つ

即戦力採用が上手くいくコツを知っておくことで、一歩進んだ採用活動をしていくことが可能になるでしょう。

即戦力としての資質を持っている人材を採用しても、それらの要素を育てることができなければ即戦力の社員として活躍することができない可能性があります。そのため、能力を発揮できる環境を整え、採用後の作業におけるフォロー体制を充実させておくことが大切です。

ぜひ、以下でご紹介する4つのコツを参考に即戦力採用をしてください。

即戦力採用が上手くいくコツ1:採用後の現場定着や仕事手順のフォロー

即戦力採用が上手くいくコツの1つ目に、採用後の現場定着や仕事手順のフォローがあります。

上司や現場責任者が新しく入社した社員向けに作業の手順書を作るなどフォロー体制を整えておくことができれば、現場への定着率が高くなり、仕事をしていく上で必要なことを学んでいくことができるようになるでしょう。

即戦力採用が上手くいくコツ2:人材が能力を発揮できる環境作り

即戦力採用が上手くいくコツの2つ目に、人材が能力を発揮できる環境作りが挙げられます。

社員の意欲を維持していけるようなベースアップの仕組みを作ることや、大きな成果を残せた人にはそれ相当の報酬を受け取ることができる制度を整えておくようにすれば、社員1人1人のモチベーション向上に繋がり、企業としての生産力を上げていくこともできるでしょう。

即戦力採用が上手くいくコツ3:すぐに即戦力が発揮できない事を理解する

即戦力採用が上手くいくコツの3つ目に、すぐに即戦力としての力が発揮できないとあらかじめ理解しておくことが挙げられます。

即戦力としての資質を持っていても、新しい職場や生活に慣れていくには時間が掛かるでしょう。そのため、責任者やリーダーとしての役割を担っている人は、成長を気長に見守るつもりで接していくことが大切になります。

即戦力採用が上手くいくコツ4:派遣社員の活用を検討する

即戦力採用が上手くいくコツの4つ目に、派遣社員の活用を検討することが挙げられます。

派遣社員として働いている人は業務を行なっていく上で必要になるスキルや経験を身につけているため、その人たちの力を発揮できる環境を整えることができれば即戦力として活躍していける社員を育てていくことができます。

1人1人の社員の能力を発揮させていくためにも雇用形態に関係なく、全社員が活躍できる環境を整えておくことが大切です。

効率的な即戦力の人材採用をしよう

即戦力の人材の採用を成功させていくことができれば、社員全体の意欲向上に繋がり、企業としての生産性を上げていくことができるだけでなく、新しい分野への進出も視野に入れることができるでしょう。

今回ご紹介した即戦力の人材のポイントと採用のコツを実践しながら、企業の未来を担う人材確保に努めていきましょう。

建設技術者派遣バナー 土木現場用技術者派遣バナー プラント技術者派遣バナー 電気設備派遣バナー