法人のお客様向けサイト【株式会社 夢真】 > 人材派遣 > 施工管理士の面接で聞くべき質問6つ|面接対策の前にすること5つも紹介

施工管理士の面接で聞くべき質問6つ|面接対策の前にすること5つも紹介

更新日:2020年12月23日

施工管理士の仕事内容について

施工管理士のお仕事は、施工計画に基づいて、工事を計画通りかつ安全に施工するための管理業務を行うお仕事です。具体的なお仕事は、工程管理、品質管理、安全管理、原価管理などが挙げられます。

施工管理士は4大管理を行う重要なポジションを担っています。そのため責任が重いお仕事です。しかし責任が重いからこそ得られる達成感は人一倍です。

管理は各所との調整が大変な仕事であると同時に、やりがいのある仕事です。

施工管理士の採用面接を行う前にすること5つ

これから求職者が会社で「どのような活躍をしてくれるのか」「どのような人材になっていきたいか」などがわかるのでキャリアプランを聞くことは重要です。

キャリアプランを持っている人材か否かではこれからの期待度は大きく異なるでしょう。キャリアプランを持っている人材は物事に対し、「興味」「意欲」を持って取り組む事ができ自身の生活や会社を豊かにしていく人材です。

さらに将来のビジョンが明確であればあるほど期待以上の成長を見込めるでしょう。

採用面接を行う前にすること1:求める人物像を把握しておく

施工管理に求められている人物像は体育会系だという印象が強いのではないのでしょうか。ですが、実際はそうではありません。

今、施工管理の新卒採用で求められているのは頭をどれだけ使うことができるかです。沢山の情報を共有しなければいけない施工管理士は「正確な情報を周りに共有できる力」が大切です。

今の時代、1人では仕事は成り立ちません。頭を使い沢山の方々とコミュニケーションをとる能力が求められています。

採用面接を行う前にすること2 : 求職者の経験の有無を確認する

施工管理士を募集するときに求職者の有無を確認しなければなりません。会社が求めている人材は即戦力なのか否かを判断しておく必要があります。それによって経験の有無が関わってくるからです。

建築業界の人手不足は考えなくてはいけないテーマです。新卒の方を採用する場合は経験の有無を関係なくする方が沢山の応募が集まる可能性があります。中途採用を行う時は経験があったほうがスムーズに仕事の効率化を測ることができます。

採用面接を行う前にすること3 : 採用するターゲットを決める

求人で狙っていくターゲット層を工夫することで、沢山の人材を獲得できる場合があります。
例えば、求人を出すときに「建築学科出身」と言った条件を外すことで様々な学科・学部から
応募が殺到し、より優秀な人材を確保することが可能になります。

このように条件を少し緩和することによって幅が増え、高校卒、専門学校卒、大学卒、転職者など様々な人材確保につながります。随時ターゲットを見直し、その時にあった人材を確保することが大切です。

採用面接を行う前にすること4:求める資格や職種を明確にする

採用面接を行う前に資格や職種を明確にすることはとても大切なことです。いざ面接してみると働いていく上で必須の資格を持っていないことが判明するとそこまでの過程の時間が無駄になってしまいます。

そのため、あらかじめ求人を出す前に求める資格を明確にしておくことで時間を無駄にする事なく採用面接を行うことができます。

職種も明確にしておくと、働きだしてからの離職を減らすことができます。思っていた職種と違って会社をやめていく人が少なくないのは事実です。そのため最初に明確化しておくことによって求職者とのズレを減らすことができます。

採用面接を行う前にすること5:もう一度自社の魅力を考える

建築業界の人手不足が深刻化していく中で人材を確保していくには他の企業と差別化を行わなければなりません。そこで大切なことは自社の魅力をしっかりと伝えていく事です。

求職者は様々な求人サイトを閲覧して会社に入るメリットをイメージしていきます。例えば、「今までより給与は高いか」「人間関係が良い職場か」などといったものです。

応募が殺到していない会社はここの魅力をしっかりと伝えていかなければなりません。

採用担当が面接対策で準備しておくとよい質問6つ

採用担当者が事前に準備しておくと良い質問は大きく分けて6つあります。この質問を用意しておくことで求職者の人材レベルをある程度把握することができるでしょう。

この質問で人柄を知り、会社に入ってからの将来の活躍をイメージできる人材を採用する方が、結果的に良い人材を採用できる可能性が高くなります。

面接対策で準備しておくとよい質問1 : これまでのキャリアについて

即戦力となる人材を採用する際には、これまでのキャリアを聞くことは重要なことです。実績について思っていた回答が得られなかったり、自社社員の基準とかけ離れている場合は即戦力として期待できないかもしれないのでその点は注意が必要です。

また前職の実績だけでなく「一番苦労したこと」「苦労をどのように解決したか」といったプロセスを含む質問によって、自社の業務への適性や問題解決していける人材かの判断材料にもなります。

面接対策で準備しておくとよい質問2:志望動機について

面接の初めに面接官から求職者に対して自己紹介を促すことによって面接をスムーズに始める事が可能です。さらに求職者も答えやすい為、本題前の準備になるでしょう。より本心を聞くためには外す事ができない質問です。

志望動機を聞く事によって自社への熱意を確認する事ができます。志望動機に説得力があれば自社への思いが強い事を確認する事ができます。

その場合、内定後の事態や様々な問題も起こりにくく自社で長く活躍してくれる可能性が高くなるでしょう。

面接対策で準備しておくとよい質問3:他の企業も受けているか

自社への志望度の高さを確認でき、求職者が選考している企業に一貫性があるか確認できるため他の企業を受けているかを聞くことは大切になってきます。ここでブレがあるようでは何を軸として就職活動しているかわからないのでこのような人には注意が必要です。

逆に求職者の解答によりますが、しっかりと軸を持って就職活動している事がわかるのでいい人材の判断材料になる質問にもなります。

面接対策で準備しておくとよい質問4:キャリアプランについて

これから求職者が会社で「どのような活躍をしてくれるのか」「どのような人材になっていきたいか」などがわかるのでキャリアプランを聞くことは重要です。

キャリアプランを持っている人材か否かではこれからの期待度は大きく異なるでしょう。キャリアプランを持っている人材は物事に対し、「興味」「意欲」を持って取り組む事ができ自身の生活や会社を豊かにしていく人材です。

さらに将来のビジョンが明確であればあるほど期待以上の成長を見込めるでしょう。

面接対策で準備しておくとよい質問5:これまでに培ったスキルについて

求職者が就職するまでに培ってきたスキルはとても大切な項目になってきます。いざ実践現場に立った時にそのスキルがフルに活用できるか判断しなければなりません。

またこのような質問をした時に、求職者が仕事内容を十分に理解し、過去の実体験を織り交ぜながら、なぜ活かせるのかを聞き求職者なりの「プラスアルファ」の部分を聞く事ができるため良い質問になります。

また面接だけで決めてしまうのではなくスキルは他との差別化が測れるので良い質問になります。

面接対策で準備しておくとよい質問6:逆質問について

面接の最後で必須の逆質問は、多くの求職者が対策してきます。逆質問は求職者の「意欲」「関心」を知るのに良い質問です。

普段の人間関係にも言えますが、興味・関心がある事には探究心が働きます。その会社に興味関心がある求職者は「なぜ?」という事が必然的に多くなります。

そのため、「特にありません」などの解答をする求職者は自社に興味・関心がないと判断する事が可能です。これから一緒に働いていく人材の最終判断ができる質問なため非常に重要になってきます。

施工管理士の採用面接を行う際の注意点

現在、面接対策をしてくる求職者が増えています。例えば、紙に書いて練習し文章を丸々暗記してくる人も少なくはありません。まず大前提としてその人の本性を見抜かなければなりません。

そのため、その場の雰囲気作りから質問する内容といった様々なところまで慎重に考えなければなりません。

また自社がどのような人材を確保したいか明確化しておく必要があります。そこで基準を作る事で採用する際に無駄な時間を省く事で効率化する事ができます。

今の時代、面接する側も様々な対策を立てる事が大切です。

面接内容を事前に準備して求職者に寄り添った対策をしよう

面接する企業側も対策をして求職者に寄り添う事は重要な仕事です。求職者も企業を選ぶ権利があるため一方的な面接は悪印象を与えてしまうため注意が必要です。

面接官はより良い人材を確保する事を第一に考え事前の準備をしなければなりません。例えば求職者は少なからず面接という場は緊張します。そのためアイスブレイクを序盤にしてから本題に入るといった流れを事前に考えておく事が大切です。

求職者が対策してくるからといって、面接官側もそれに対して対策することは悪くありませんがお互いが納得のいく形を面接官が準備することは大切なことです。

建設技術者派遣バナー 土木現場用技術者派遣バナー プラント技術者派遣バナー