法人のお客様向けサイト【株式会社 夢真】 > 人材派遣 > 施工管理や現場監督の求人応募が来ない中小企業の7つの対策とは?5つの原因紹介

施工管理や現場監督の求人応募が来ない中小企業の7つの対策とは?5つの原因紹介

更新日:2021年1月14日

施工管理や現場監督における中小企業の3つの悩みとは?

中小企業の悩みは、企業の売上や価格競争、施工管理や現場監督に求人が来ないことです。

建設業の多くが抱える悩みは共通していますが、その中でも施工管理や現場監督の人材不足です。作業員も人手不足ですが、中間管理職や有資格者は深刻な状態です。施工管理者や現場監督に資格は不要ですが、人数が足りないと仕事を受注できません。

建設業界の中小企業の悩みは、都市圏より地方が顕著です。

中小企業の悩み1:売上変動

建設業界の中小企業は売り上げの変動があり、安定しません。

建設業界は重層構造とも呼ばれる専門職の集団と、元請けと下請けの関係で成り立っています。中小企業の多くは下請けで、二次請けや三次請けも存在します。規模が小さく、単独で受注できないので、元請け頼みの経営です。

地方の建設業界は大型プロジェクトがなく、地域の道路や構築物の保守管理が中心で、施工規模も縮小傾向です。

中小企業の悩み2:価格競争

建設業界の中小企業は下請け中心で利益率が低く、厳しい価格競争に直面しています。

人件費や資材などコストが上昇していますが、下請けは受注に際して直接発注先と交渉できず、利益確保が困難です。大型機械や工具の高性能化により、レンタル価格も上がり、経営を圧迫します。

安全管理の費用を削減すると、事故の発生につながります。価格競争のために削れるものが残っていません。

中小企業の悩み3:人材確保

建設業界は慢性的な人手不足で、特に中小企業の施工管理や現場監督など人材確保が悩みです。

現場作業の肉体労働は若い世代に敬遠されがちです。現場を指揮する施工管理や現場監督が高齢化しても、若い世代が不足して育てられません。募集しても求人が来ない状況も多発しています。

施工管理や現場監督の有資格者は、企業に欠かせない人材です。育てる対象が不在で、有資格者の求人倍率は上昇する一方です。

施工管理や現場監督の求人応募が来ない中小企業が抱える5つの原因とは?

施工管理や現場監督の求人に応募が来ない原因は、中小企業の採用戦略に原因があります。

中小企業の多くは、ハローワークの記載内容が定型で魅力に欠けます。企業の知名度が低く、事業内容もわかりにくくなっています。処遇が良くないので、将来性に不安を残します。

新卒を募集しても応募が来ないと諦めムードすら漂っています。

求人応募が来ない原因1:ハローワークの記載内容に魅力を感じない

中小企業は施工管理や現場監督の求人にハローワークしか利用せず、記載内容も決まり文句で個性や魅力を感じさせません。

中小企業は縁故採用が多く、作業員などは確保できますが、施工管理や現場監督の求人は不慣れで何を書いて良いかわからなくなってしまいます。

求人を見るほうは、多くが30代以上で他社と比較しながら情報収集します。テンプレートだけの記載では、企業の情報や魅力が伝わりません。

求人応募が来ない原因2:知名度が低い

中小企業は知名度が低く、施工管理や現場監督の求人を募集しても対象者に認知されません。

転職者や新規学卒者でも、建設業界に興味のある人はいます。作業員より施工管理や現場監督を目指すきっかけとして求人募集は効果があります。しかし、知名度が低く存在も一部の人しか知らないので、応募者が来ない採用活動になりがちです。

採用担当者が兼任で前例の繰り返しになっている点も影響しています。

求人応募が来ない原因3:事業内容がわかりにくい

建設業の中小企業は下請け業務が多く、どこも同じと思われて事業内容がわかりにくい点も施工管理や現場監督の求人に応募が来ない原因です。

「土木工事一式」で事業内容を表現すると、一言で済むので便利ですが、特徴がありません。他社と区別がつきにくくなります。

施工管理や現場監督など業界の経験者が見てもわからないので、転職希望者や新規学卒者には意味不明です。

求人応募が来ない原因4:将来性が見えない

定型文で書かれた求人募集は、企業の将来性を感じさせるパワー不足です。

元気な企業は、募集広告にパワーを感じさせます。「一緒に頑張りましょう」と訴えてきますが、建設業の中小企業の多くは異なります。施工管理や現場監督の不足に切迫感と悲壮感が漂っています。

元気や明るさが感じられないと、将来性に不安を感じます。求人に募集が来ない要因です。

求人応募が来ない原因5:処遇がよくない

求人の処遇や待遇が相場をつかんでいない施工管理や現場監督の募集は、応募者が来ない求人です。

賃金の相場が地方によって異なる現状は誰でも承知しています。しかし、地域の相場より低い処遇では、誰も応募しません。福利厚生で違いもない場合、経営の厳しさや将来性に対する不安材料になってしまいます。

欲しい人材にはそれなりの処遇を準備するのは、採用戦略の基本です。

施工管理や現場監督の求人応募が来ない中小企業のとるべき採用戦略とは?

中小企業が施工管理や現場監督の求人募集をしても応募が来ない場合は、知ってもらうための戦略が必要です。

知名度をアップさせ、地域の誰もが知っている企業になると、地元志向の強い人からの指示を得られます。全国規模での知名度アップは現実的ではありませんが、地域限定なら可能性は高まります。

採用に使える費用が限定されている中小の建設会社は、少ない経費で効果の見込める方法を実践します。

知ってもらうための戦略

地域限定で知ってもらう戦略は、広告が効果を発揮します。

地域限定広告は、費用も少額で済みます。新聞の折込チラシや戸別配布、テレビやラジオのCMなど今まで対象にしてこなかった個人向けの活動を行います。

企業名の浸透と共に、個人住宅のリフォームや保守管理などシニア世代の困りごとに対応すると信頼も増し、知名度と企業イメージをアップできます。

選んでもらうための戦略

施工管理や現場監督を希望する人から選んでもらう戦略は、自社のホームページの作成です。

幅広い年代に利用されているスマートフォンは、採用戦略でも重要です。転職希望者の多くが、スマートフォンで求人募集を検索します。

自社の求人募集を知ってもらい、選んでもらうためには多くの人の目に触れることも重要です。地域での知名度を上げて存在感を高めてから募集をかけると、検索して見つけやすくできます。

施工管理や現場監督の求人応募が来ない中小企業が考えたい7つの対策とは?

企業のホームページ開設やインターネットを利用した発信は、中小企業が考えたい採用戦略です。

自社の公式ホームページの開設と充実は、採用に直結します。サイトを開設するだけでなく、ブログなどで積極的な情報発信を行います。

従来のハローワークを利用した募集は、ネット版ハローワークと併用します。多くの人の目に触れるチャンスを増やす目的です。

応募が来ない求人対策1:企業ホームページの開設と充実

企業のホームページの開設と充実は、施工管理や現場監督の応募が来ない求人対策の第一歩です。

スマートフォン対応の公式サイトを立ち上げます。スマートフォンで募集を知った希望者は、企業をもっと知りたいと感じます。そこで、公式サイトに企業の実績や活動内容などを載せ、更新を欠かさず行います。

ハローワークなど募集要項に書ききれなかった自社の魅力を発信します。

応募が来ない求人対策2:採用専用ホームページの開設

公式サイトと合わせて、採用専用のホームページを開設するのも求人が来ない対策に有効です。

年間10人以上採用している場合、採用専用の公式サイトを立ち上げると応募者の受付がスムーズにできます。中途採用やパート、臨時雇用も含めた人数で判断します。

自社の公式サイト内での募集もできますが、利用者がお気に入り登録や求人関係としてまとめやすくなる面があり専用サイト開設がおすすめです。

応募が来ない求人対策3:自社ブログの開設と充実

自社ブログの開設と充実は求人が来ない対策に効果があり、採用を増やします。

若い世代は、ブログを楽しみにしています。企業のブログが話題になって、製品の販売につながる例も多くあります。建設会社も無関係ではありません。日々の話題や施工状況など、施工管理や現場監督希望者を意識して充実させます。

自社の若い世代に運営を任せると、やりがいと共に愛社精神を育てる効果も期待できます。

応募が来ない求人対策4:ネット版ハローワークの開設と充実

ネット版ハローワークは募集効果を増大させます。

ネット版ハローワークは就業希望者の多くが閲覧し、人気の求人サイトに自動掲載されます。地元のハローワークで人材不足を実感している中小企業で採用専用サイトの開設を迷っている場合は、無料で掲載できるメリットを活用しましょう。

ネット版ハローワークは、自分のスマートフォンで日本全国の求人募集の情報が入手できるツールです。

応募が来ない求人対策5:自社Instagramの開設と充実

若い世代を中心に人気のInstagramは、求人募集でも効果を発揮します。

Instagramは画像を投稿するだけです。充実させるために、日常業務や企業活動をアップすると、親近感を得られます。未経験者が施工管理や現場監督に興味を持つきっかけにできます。

従業員に対して、個人が特定されないような配慮も忘れないようにします。

応募が来ない求人対策6:自社Twitterの開設と充実

自社のTwitterはブログと一緒に開設して、認知度を高めます。

ブログと比較して文字数が少ない分手軽に利用できます。短時間の作業で更新可能なため、充実させるための負担を軽くします。

開設した後運営方法がわからない時は、他社のTwitterと連携するのも有効です。フォローしてやり取りを続けると、刺激になり話題も広がります。

応募が来ない求人対策7:求人専用サイト登録

施工管理や現場監督の応募が来ない中小企業は、求人専用サイトへの登録も行います。

求人専用サイトで無料のものを活用します。大規模なサイトを利用すると、効果も高められます。ホームページと組み合わせると、応募率も上昇可能です。

無料の求人広告は簡単に作れます。複数登録しなくても1つか2つで十分です。こまめにチェックして反応を確認します。人材を募集しても来ないと諦めないで、始めてみましょう。

施工管理や現場監督の求人で中小企業が押さえたい6つの募集記載内容とは?

中小企業が施工管理や現場監督の求人で押さえたいポイントは記載内容の充実です。

求職者が気にするのは、仕事の内容です。具体的にわかりやすく記載します。対象者を明確にして、条件を提示します。良いことばかりの羅列ととられないように、信憑性を担保します。

求職者が欲しい情報を記載して、不足分を自社サイトで補う方針で作業します。

求人募集記載内容1:求人情報は詳しく記載する

仕事内容や労働条件などの求人情報を詳しく記載すると、企業イメージもアップします。

経験者にとって施工管理や現場監督の仕事内容はわかりますが、構造物まではわかりません。未経験者には仕事内容が理解不能です。手掛ける構造物の種類や作業内容など、募集する対象者と記載ポイントを合わせます。

勤務時間や休日、福利厚生や給与などの情報も明記します。

求人募集記載内容2:求職者目線での情報を記載する

募集内容は、求職者目線で情報提供します。

求職者が気にするのは、自分の探している仕事と募集企業の業務がマッチしているかです。施工管理や現場監督の経験者の転職は専門性を高めるためや、報酬アップ、休日の確保が目的です。未経験者は自分にできる仕事かを知りたがっています。

経験者には専門用語を使った記載、未経験者にはデジカメやエクセルを使用するなど、具体性を持たせます。

求人募集記載内容3:情報の信憑性を担保する

募集内容に信憑性を担保するために、数字で具体的に表現します。

残業は平均月○○時間、定時帰宅の従業員は△△%など具体的な数字を記載すると、募集内容がウソではなくなります。良い条件ばかり書かれていると、求職者は怪しいと感じます。入社後、募集内容とのギャップは早期離職の原因です。

昇給実績や勤務年数なども利用すると効果的です。

求人募集記載内容4:スキルハードルを緩和する

募集内容に企業の要望ばかり記載すると求職者は不安を感じるので、スキルハードルを緩和して気軽に応募できる条件にします。

採用側の希望ばかり記載すると、「自分には無理な案件」と判断され応募につながりません。転職者に「挑戦してみようかな」と思わせ、やる気を引き出します。

中小企業ならではの、アットホームな育てる環境をアピールします。

求人募集記載内容5:ライバル社より見劣りしない条件を明示する

地域のライバル社よりも見劣りしない条件提示は、施工管理や現場監督の募集には必須条件です。

求人倍率の高い有資格者を確保するためには、多少の投資は必要です。企業の存続もかかっているので、募集条件は地域の相場を意識した条件で勝負します。

求職者は、必ず他社と見比べています。時間をかけて少しでも良い条件を探してから応募します。まず母集団形成を目指して、条件提示を行います。

求人募集記載内容6:採用専用ホームページで質問を受け付ける

採用専用ホームページは質問を受け付けて、求職者の不安を取り除きます。

採用専用サイトでは、今までに採用希望者から質問された内容をまとめた「よくある質問」が人気です。しかし、自分の聞きたいこととマッチしていないと、スッキリしません。

発信慣れしている世代が相手なので、SNSなどを利用して質問を受け付けます。できれば24時間以内に返信して信頼関係を構築します。

施工管理や現場監督の求人応募が来ない中小企業のとるべき採用戦略について知ろう

施工管理や現場監督の求人募集に対して応募が来ない場合、中小企業は採用戦略見直しのチャンスです。

募集情報はスマートフォンで検索する時代です。求職者目線に対応して仕事内容を具体的に記載します。公式サイトと採用専用サイトを開設して、更新しながら自社の魅力も発信します。

欲しい人材を手に入れるために採用戦略を活用し、企業が対応を変える時代です。

建設技術者派遣バナー 土木現場用技術者派遣バナー プラント技術者派遣バナー 電気設備派遣バナー